• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック

過去のブログ集

タイムマシン - 過去のブログ集では、1997年4月から2007年10月までのブログ記事を集め、掲載しております。

世界バスケット

投稿日:2006-9-2   カテゴリ:スポーツ
さいたまアリーナで行われた世界バスケットの準決勝を観戦しました。
アメリカvsギリシャ戦ではギリシャの気迫の勝利となり、優勝候補であったアルゼンチンはスペインとの試合で1ゴール差で負けました。
決勝戦を予想していたアメリカVSアルゼンチンは本日3位決定戦となったわけです。
あ〜観たい・・・・・。
一緒に行った先輩は地元ボランティアでアリーナのお手伝いをされているので今日の勝敗も明日の決勝も観れてしまうからうらやましい〜〜〜。
でも昨日はちゃんとチケット代17000円も出して一緒に観戦してくれたのでした。
高いのう〜〜。
せっかくだからいっぱいダンクしてほしかった。
ボールだけでも欲しくなってしまった・・・。
家でドリブルしたら苦情くるよね〜。
夫とパスの練習なんかしちゃいながら・・・・(笑)

それにしてもアメリカの選手たちの体型がすっかり変わっている。
頭が小さくて肩幅といい、腰の位置といいアニメの世界そのもの。
スポーツ科学の最先端をもってしても、21世紀型のカラダをつくってもギリシャに負けてしまったのは、まさにモチベーションの低さと、ギリシャの気迫だったと思う。

さすがに今日の3位決定戦ではアメリカが勝利したとご報告メールを頂戴しましたが、「遅いよ・・・・」といいたい。

テンションの高さではスペインの選手もサポーターもみんなで闘牛士精神が光っておりました。

スポーツの気迫を久しぶりに目の当たりにして元気はつらつになりました。
やっぱしバスケットは魅せるスポーツだな〜〜〜。

先輩との久しぶりのツーショットでございます。
一緒にコートを走ったのが超超懐かしい・・・。
今も現役でバスケットをされている先輩を尊敬しておりやす。
わたすはもうだめだけどね。

あ・・・バスケットが恋しい。

ハンドボール

投稿日:2006-3-20   カテゴリ:スポーツ
プレイオフで「君が代」歌って参りました。
男子決勝のオープニングにて赤い絨毯が敷かれたセンターコートにて、高円宮ひさこ殿下に一礼、逆サイドのお客様に一礼、そして国歌を歌わせて頂きました。
清々しい気分でした。
風薫るユニフォームな心地良さでした。
本当に貴重な体験をさせて頂き、体育会系バラードシンガーとしては大満足でした。

大同特殊鋼vs大崎電気の決勝は大同のバネとチームワークが光っていました。
大崎の戦略はオフェンスとディフェンスのメンバーを細かくチェンジして選手たちの特性を生かした攻撃でしたが、チームプレイ対個性という意味ではチームの粘り強さが上回ったような感じがしました。
来賓席で観戦させて頂きましたが、ちょうどお隣の大同特殊鋼のオーナー夫人が応援されており、なんとなくその気迫に巻き込まれながらはじめてのハンドボール観戦は何故か他力本願で大同を応援していた私でした。

しかしながら筋肉番付の番組で大崎電気の宮崎大輔選手が優勝したせいもあり、かなり女性ファンがいっぱいいたようい思いました。
ハンドボールの身体能力はスポーツの中でもかなり高いそうです。
バスケットのマイケル・ジョーダンがシュートするときの耐空時間の長さに匹敵するほどハンドボールのシュートはまさに空中を舞います。
そして身体能力が高いとGood Lookingは比例するようでみなイケメン揃いで女性ファンの多いこと・・会場は満杯で声援も白熱してました。
前半30分、後半30分で試合としても集中力が途切れることなくとても短く感じましたが、大同特殊鋼が終始逃げ切り9年ぶりの優勝を果たしました。
ハンドボール観戦 楽しかったです。

君が代

投稿日:2006-3-18   カテゴリ:スポーツ
トリノオリンピックで流れた貴重なる一度きりの「君が代」
あ〜ついに流れた・・・。
体育会系バラードシンガーのちかちゃんは目頭を熱くするのでした・・。
昨年暮れに観た永井愛さん脚本・演出の「歌わせたい男たち」という舞台は都立高校の卒業式で「君が代」を歌う、歌わないという大人たちの葛藤を描いているのを観て、この歌の悲劇を実感いたしました。

しかし実際に音楽的な立場で言わせていただくのであれば、この「君が代」は古今和歌集の読み人知らずの祝い歌として永く一般大衆に歌い継がれてきた歌だそうで、正式に国歌としてメロディーをつけたのは明治になってから・・・。ドイツの音楽家のメロディーがあまりにもひどかったので、宮内庁の雅楽の方に以来して完成したそうです。
明治は文明開化とともに19世紀大いなる文化が外国からたくさん入ってきたわけですが、同時に戦争もついてくるわけですね。
戦争の歌にいつしか成り代わってしまった悲劇の国歌。

戦後60年、スポーツは平和の祭典です。
平和的 フェアな勝負が許されるスポーツだからこそ 胸をはってこの歌を歌を歌いたいと思う いち日本人歌手です。

ハンドボール プレイオフ 決勝戦 
「君が代」に平和の祈りを込めて・・・。

虹と雪のバラード

投稿日:2006-1-18   カテゴリ:スポーツ
冬のオリンピックといえば、必ず聴こえてくるのが札幌オリンピックのテーマソングだったトワエモアの「虹と雪のバラード」です。
1970年最初の全米NO1ソングだったBJトーマスの「雨に濡れても」は当時ピンポンパンのおねえさんが「雨だれ小僧さん」として歌ってくれていましたが、そのメロディーに乗せてフィギアスケートで銅メダリストのジャネット・リンが赤いコスチュームで傘をくるくると廻しながら舞う姿は本当に妖精だと思いました。
その笑顔は金メダルでした。
音楽バラエティーショーの「シャボン玉ホリデー」は子供ながらに絶対に見逃せず、姉とのチャンネル争いではいつも命がけでした。
確か裏番組でゲゲゲの鬼太郎をやっていたように思います。
命からがらに勝ち取ったその番組で感動して声を殺して泣いたのが「虹と雪のバラード」でした。
なんで泣けるのか・・・子供ながらに不思議で、そして家族のだれにもその涙を気づかれたくなかったのを覚えています。
歌謡曲が溢れる中、この歌はあまりにも新鮮で美しく響きました。
私も歌いたい・・・と心に「夢のたね」を蒔いた瞬間であったのかもしれません。
オリンピックはもちろんのことスポーツや自分の夢に向かって一筋に邁進するプロセスを歌にした「一粒の夢」というのがあります。
この歌は私にとっての「虹と雪のバラード」をつくろうと書いた歌ですが、トリノオリンピックで舞う美しきアスリートたちにこの歌が届いたらいいなって思います。

バスケット観戦

投稿日:2005-8-23   カテゴリ:スポーツ
さいたまスーパーアリーナにて男子バスケット観戦してきました。

「トルコvsリトアニア」「日本vs韓国」二つの試合でした。
驚いたのは日本男子のスリムなこと・・・・。
最初の試合はなんか身体重たそう・・・・っていう感じで、やはりNBAとは少し違うかな・・・なんて生意気なことを思いつつビール片手にリラックスしながら楽しめたのですが、日本戦はそうはいきませんでした。

やはり同じ日本人というだけで血が騒ぐって言うのでしょうか・・・韓国チームの選手達の方があきらかにがっしりと身体ができているというか・・・センターはNBA並みの220cm。
日本選手で一番大きくて205cmですからあきらかに勝ち目のない雰囲気が漂ってるわけです。

が、しかし!
韓国チームは前半その220cmのセンターをベンチで休ませてのスタート。
「完全になめられとる!」
観客たちも安堵半分悔しさ半分で声援が先ほどの静か〜なゲームとは打って変わって会場に熱気が溢れました。
そうこなくっちゃ〜〜〜という感じ。

日本選手達も今時のイケメン揃いなのが驚きでした。

ときにガードで日立に所属している五十嵐 圭さんはジャニーズ?っていうほどに女子を釘づけにしていましたよ。

2006年FIBAバスケットボール世界選手権が行われるのですが、一度でいいからコートで開幕戦で「君が代」うたってみたいな・・・。

がんばれ!ニッポン。

祝 筑波大男子バレー部全国優勝!

投稿日:2005-2-17   カテゴリ:スポーツ
全国制覇6連勝という驚異的な強さでバレー界のエースを送り出してきた筑波大男子バレー部が今年も7回目の優勝を果たしました。

本当に強い。

「勝たなくては学べないこともあります。」と言い切る都澤監督のお話を伺うたびに目からうろこというか・・・・もう頭をとんかちでなぐられるくらいの教訓を頂戴しております。

これも不思議なご縁で優勝するたびに祝賀会にてお歌を披露させていただいておりまして、昨年はあれ?声がかからないな〜と思いきや優勝を逃してしまったそうです。
しかし今年は返り咲いたわけですね。

本当に強い。

すでにキャプテンはもう全日本チームで練習を開始しているということで、筑波大出身の全日本選手たちがなんだかとっても誇りに思うのであります。

筑波大バレー部はこれからも益々おもしろいのあります。

私も勝つエネルギーをいっぱいおすそ分けして頂ました。

本当におめでとうございます。

雨の蓼科

投稿日:2003-4-17   カテゴリ:スポーツ
とってもとっても久しぶりのゴルフツアーをと蓼科へ行って参りました。

練習もしないでのゴルフはさすがにどうしようもなくコントロール不可能で、途中で泣きたくなってしまいました。
「もう〜ゴルフやめた〜〜〜」ってくらいにひどいもんでした。

その気持ちが空へ届き、終わってすぐに雨が降り始め、のども痛い…。
せっかくの小旅行なのに風邪をひいたらしく、翌日は朝っぱらからの大雨とせきでゴルフはキャンセル。
このままホテルにいても乾燥してつらいし、結局チェックアウトして帰ってきてしまいました。
散々だった…。

西北方向旅行注意と書いてあったが、当たってしまったようです。とほほ。
今はまだちょっと風邪気味ではありますが、安静にしております。

祝・筑波大バレー部6連勝

投稿日:2003-1-30   カテゴリ:スポーツ
V6ってすごいことですよね。
かつて巨人がV9を達成したことがあるので、あと3つだ〜。

とにかく凄いことです。
今年は嬉しいことに女子バレーと共にアベック優勝を成し遂げてしまいました。
3連覇の頃だったでしょうか…今やセリエAへ日本人一人で挑んでいる加藤選手も筑波大出身です。
彼が3年生の時に始めてお会いしたのですがものすごい繊細な印象がありました。
とにかく今や日本のバレーボール界を筑波大が支え、発掘している中もっともっとサッカーのように地元の応援がたくさんあってほしい筑波大バレー部なのです。
V6という快挙をもっともっと地元に広まっていてもおかしくないのです。

今年も祝賀パーティーでお祝いで歌のプレゼントをさせて頂きました。
若き勇士達が真剣に歌を聴いてくれている姿は自分でも感動してしまいます。
おめでとうを込めて、その勝ちエネルギーを与えて頂けているようでありがたい気持ちになりました。
監督の都沢先生、コーチ、選手のみなさん本当におめでとうございます。

さ〜今年はV7です!!
新たなるスタートで頑張ってくださいませ。
とにかくすご〜〜〜い!

真夜中の卓球

投稿日:2002-8-20   カテゴリ:スポーツ
めちゃめちゃ開放感を味わいたくなって夜中にボウリングをしました。
爪がわれないようにカヴァーしながらやったら腰を痛めて、もうえ〜いって開き直ったらやっぱり爪が…。

3ゲームやってなんかまだエネルギーが残っていたので、卓球に挑戦しました。
かなり真剣にほぼ休憩なしで1時間ピンポンピンポンピンポンピンポン・・・・・・・・・・・・・・・。
無我夢中になるって猛烈に素晴らしいぜ〜!!!!
と、私たちの目は燃えていました。

「俺たちかなりうまいじゃん…」ってかなりが若ぶっていた旦那さんのボウリングの165ってのにはちょっと見直しました。
こうなったら、マイボウルでしょ…。

サッカー凄いね

投稿日:2002-6-14   カテゴリ:スポーツ
全国的にTVに釘付けになっていたのでは…というくらいいい試合でした。
サッカーを観ながらビールって行きたいところでしたが、札幌で飲み過ぎたので我慢してお茶を片手に熱くなって応援しました。

昨年与野市のラストイヤーコンサートに一緒に出演した元浦和レッズの小野ちゃんを一生懸命応援しておりました。
富山の八尾ライブで新しい歌ばかりを覚えなくてはならぬのに…やっぱし今日はサッカーで浮ついてしまった私。
反省…。

なんかわかんないけど、よ〜しがんばるぞって気持ちにさせてくれますよね。
スポーツってさ…。

(1) 2 3 »