• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック

過去のブログ集

タイムマシン - 過去のブログ集では、1997年4月から2007年10月までのブログ記事を集め、掲載しております。

断食

投稿日:2007-5-28   カテゴリ:チャレンジ
人生で二度目の断食にチャレンジ中です。

Hurriという針灸で胃の動きを止めてしまい、水と少々の葉っぱで断食を何日もさせられるのです。

そもそも人間は水だけで2ヶ月は生きられるらしく、この針をおへそのまわりと足と手に打つ方法で、とりあえずみなさん平気で2週間は過ごすみたいです。
3年前は10日でなんと7キロも減ってしまい、へろへろでしたが驚異的な痩せ方に自分自身もかなり驚いたものです。
そしてゆるやかなるリバウンドがやってきまして、やはり続けなければ必ず元に戻るのでありました。

ところが 今度はちょっと本気モード、ラストチャンスとばかりにがんばっております。

ああああでもリバウンドが怖いわ・・・。

Hurriには様々な方がいらしています。
俳優さん、デザイナーさん、プロゴルファー、タレントさん、女優さんなどちらりちらりとお見かけします。
え〜〜この方もがんばっているんだわ・・・と思うとちょいと励みになったりして。
しかし歌い手の私は歌うときはがっちり食べる方なので、もうレコーディング中はえ〜〜〜いって食べることにします。
禁酒、禁甘にはち〜〜〜とくるちいです。

実はもう6日経ちました。
さ〜〜どこまでがんばれることやら。

大木さんとも痩せようぜ〜って約束しちゃったしね。
大木さんもゆっくりね。

火の呼吸

投稿日:2005-10-4   カテゴリ:チャレンジ
クンダリーニヨガである火の呼吸のワークショップに行って参りました。
アロマテラピストのつかささんもご一緒にフー・ハーしながら、不思議なおもしろい時間でした。

クンダリーニの先駆者でもあり、あらゆる格闘家たちをも指導している小山氏のワークショップは、あまりにハイレベルな内容でお話を聞くのも途中何度もアタマが真っ白になってしまうほどでした。(笑)
実践では一番大切な呼吸の質にある、ということを何度も言われ・・・・これは毎日やるような体操ではありませんから・・・・そしてこの火の呼吸をすることでカラダは鍛えられガッシリとしてきます・・・・・・???????
え?ガッシリ?????だめじゃ〜〜ん・・・・(涙)
違う星に来てしまったのね・・・私は・・。

となりではスリムなつかささんが優雅に呼吸をし、そしてノートまでとり・・・堪能しているご様子・・・。そのとなりには夫もかなり珍しく堪能している・・。
私はフー・ハーしながら自問自答している・・・。
クンダリーニヨガは奥が深いのだ・・そうだそのプロセスではいったん痩せるに違いない・・・そして小山しぇんしぇ〜は痩せることが目的ではないということと、このクンダリーニこそ夢への実現への近道なのだと言いたいに違いない・・・そうだそうだ。

天然色が強い小山先生の両となりには格闘をされていらっしゃるに違いないマッスルなお二人がシーサーのごとくアシスタントされており、3時間のワークショップの間ずっと緊張した面持ちを崩さずにおられ、私はなぜかそのお二人が気の毒になってしまうほど集中してませんでした・・・。

よ〜し、また参加するぞ。
だって奥が深いんだから、きっと次は集中できるぞ〜。
が、がんばるぞ〜。

YOGA POWER

投稿日:2005-9-5   カテゴリ:チャレンジ
「生活の木」のスリランカの旅を同行した編集者の女性とのご縁で「ヨガ」にチャレンジしてます。

ヨガ雑誌の「ヨギーニ」や「美しいヨガ」など、代表的なヨガの雑誌の編集長でもあったトモコ女史・・・・・が、しかし彼女は取材に明け暮れる多忙な人で実際にヨガは体験していないにもかかわらず、かなり詳しい・・・当たり前か。
そんな彼女のおかげさまで私はヨガの世界の奥深さに今驚いている日々です。
なんと言ってもヨガのエキスパート達はその身体といい心といい美しいのです。

オープニングパーティーにてお祝いの歌をうたわせて頂きましたが、そのメインエベントなる、ヨガ界のクィーンなる吉川めいさんのアシュタンガヨガのデモンストレーションが行われました。
ストイックなほどに無駄なものをすべて排除してしまった、芸術的ボディーのめいさんのヨガは、まさに魅せるヨガ。
いつも彼女が登場しているDVDで練習している私にとって、本人が目の前でヨガをしているのが、とてもとても不思議でなりませんでした。
やはり美しい人でした・・・・。本当に「人」を超越した感じがしたのよ・・。

きのうはマドンナやスティング、デミムーアやビョークを教えたというダンカン・ウォンさんのワークショップを受けてきましたが、太極拳のような静なる動きの美を取り入れた、しなやかなる戦いの舞のごとく美しいヨガでした。

最近精神的に合っているな〜と実感したのが、火の呼吸法をとりいれてのヨガです。とにかくヨガの種類は多くて奥が深い・・・。

コアと呼ばれる体内の中心から熱くなる感覚がとても心地よく、毎朝目覚めのヨガをがんばっております。

ヨガで美しくなりたい〜♪

アシュタンガヨガ

投稿日:2005-7-18   カテゴリ:チャレンジ
アロマテラピーやアーユルベーダのさきがけとなった原宿の「生活の木」50周年記念雑誌が8月に発売されるのですが、その生活の木が所有しているスリランカのホテル「TREE OF LIFE」のご紹介ナビゲーターとして登場いたしますのでぜひとも御覧になって頂きたいと思います。
実際アーユルベーダを受けているところや、サリーを着ている沢田もご堪能いただけます。

そして本日はスリランカに同行取材して頂いた時のライターのトモコ女史が主催するアシュタンガヨガに参加してきました。

ヨガの本などを出版されているということもあり、ヨガの種類や素晴らしい先生たちとの出会いもたくさんあるそうで、ならばヨガの空間もプロデュースしながら、より一層深いヨガライフを体験できるようにして行こうということで9月から本格的にオープンすることになったそうです。
そのプレオープンでもある今日のアシュタンガヨガの矢落かおり先生は観音菩薩様のように母性にあふれており、引き込まれてゆく感じが心地よく・・・かなり痛いポーズもなぜかやれる気がしてきそうなくらい集中できました。
丁寧なナビゲートで呼吸法をしっかり意識しながらポーズをとることで、より一層柔軟になれるコツなどもわかったような気がしました。

東日本橋は問屋街なのですが、休日はとても静かでその風情は10年前に一度訪れたことがあるNYのソーホーのような感じもありました。
これからのアーチスト街としていけるかも・・・。

あげざらいin浅草

投稿日:2005-1-16   カテゴリ:チャレンジ
雨がしとしと降り続いた昨日私の関門であります地唄舞「すり鉢」のあげざらいがございました。
昼の部と夜の部の2回行われたのですが、もう心臓の音で三味線の音が聞こえなくなるほどばくばくでした。

その緊張を分かち合えたのは、一緒に手に汗にぎって参観してくれた身内たちでした。
一瞬パニックに陥ったのは、最初の立ちの位置をまず畳一枚ずれてはじまってしまったことで「ここじゃないじゃん・・」と漫画みたいに目が本来の位置へと飛び出してしまうほど驚きの出だしでした・・・もう泣きたいよというのはこの瞬間を言うのだと感じました。
その緊張は当然客席へと伝わり、マネージャーは「ちかちゃんのデビュー当時を思い出すほど手に汗にぎったわよ〜」と観終わった後でへろへろになっておりました。(笑)

7分がこれほどに長く苦しく感じたこともござんせん・・。とほほほ。

夜の部におきましては一度度胸がついておりますので、なんとか根性舞で乗り切った次第でございます。

師匠であります山村楽千代の舞はとてもすばらしかったです。
「鉄輪」という15分もある舞を勇敢なほどに凛として力強い舞でした。
一月前には足の小指を骨折し、そして本番前夜に風邪をひいてしまったとは思えないほどでした。凄いど根性舞です。

このたび日本舞踊という伝統芸である地唄舞のあげざらいができましたことは私にとって貴重な体験をさせていただけたと思っております。
はじめて8ヶ月であげざらいとはちと早すぎた結果となりましたが、この体験を本業に活かせるようにさらに音楽をがんばろう〜って決意あらたな日でもありました。
前向き〜〜〜。
反省しても後悔はするなと申します。

う〜〜〜んやはりこの日本舞踊の世界というのは奥が深すぎて40の手習いには敷居が高いのであります。
それでも足元の悪い中、足を運んでいただいて見守ってくださった方には心から感謝と申し訳ない思いとでいっぱいです。
遠くで見守ってくださった皆様にも、本当にありがとうございました。

和BUNKA交流してきました〜。

あげざらい

投稿日:2005-1-14   カテゴリ:チャレンジ
いよいよ明日は浅草の草津亭で舞をお披露目いたします。
「すり鉢」という地唄舞を4月からお稽古して参りましたが、1年にも満たない若輩ものが恐れながらのチャレンジャーです。
かつら合わせにしかり、本衣装にしかり日本の伝統美とも申しましょうか、きものの美、結いの美そして舞の美すべてが世界に誇る本物ばかりで、圧倒されながらも感動しております。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜あしただ・・・。
がんばります。

日舞のお稽古

投稿日:2004-12-16   カテゴリ:チャレンジ
いよいよ来年1月15日のあげざらいの会に向けて日本舞踊のお稽古も大詰めを向かえております。

今日は初めて上方舞山村流の大師匠であります山村楽正師匠に稽古をつけて頂きました。
関西地区ではとても有名な楽正師匠は80代でありながら地唄舞の全ての振りと歌が身体にインプットされている天才でございます。
教えるのもものすごく的確で身体がそこへ連れていかれるような感じなのです。

本番までに気合を入れて精進しまっせ〜〜。
楽正師匠いわく「頭もま〜っしろにして素直に振りを覚えたらよろし・・。た〜んとお稽古してナトリとり〜や。」とニコッと微笑まれました。
ナトリをとるほどお金が続くかどうか不安ですが、日本舞踊はものすごく精神鍛練になっております。

あ〜〜〜日本は伝統芸能をもっともっとリーズナブルに伝授して行くような環境をつくってほしいな〜。

日本のすばらしい文化を淘汰させないで〜〜〜文化庁さま。

日舞のお稽古

投稿日:2004-6-23   カテゴリ:チャレンジ
なんとなくお稽古の浴衣も一人で着られるようになり、10回目を過ぎて一曲を踊るということの難しさをひしひしと感じております。

そもそも伝統芸能を習うということは、振り付けを習得する以上のことが遙かにあるように思います。
ご挨拶の仕方一つにしてもその丁寧で謙虚な姿勢に心が引き締まる気が致します。
日本人として知っていてお得な常識を一つ一つ知る喜びがあるのです。
何よりも弟子なわけですから新鮮に純粋に手とり足とり師匠に鍛えられてゆくプロセスがたまらなく楽しいのです。
お歌もこれほどに一生懸命やっていたらもっともっと上達していたのでしょうね…今さらながら日々精進、鍛錬なのですね。
発見の日々です。いや、反省の日々なのです。

はじめての発表会のことを「あげざらいの会」と呼ぶそうなのですが、11月にそのあげざらいをさせて頂く予定です。
も、もしも怖いもの見たさに興味がありましたらぜひとも応援にいらしてくださいませね〜〜。
そしたら益々張り切ってしまいますから…。
もちろん師匠の本物の山村流の舞いもご披露してくださるそうなので、これぞ必見の価値がございます。

明日はふるさと浦和にてライブがございます。
この初心を歌に込めて全身全霊で歌わせて頂きます。いざ!

4月からスタートすること

投稿日:2004-4-6   カテゴリ:チャレンジ
本日はひかり荘においてサロン・ド・チカコをオープンさせて頂き毎度ありがとうございました。
愛あふれる会合も毎度テンション高めで本当にあっという間の3時間でございます。

本日のお題は「4月からスタートすること」ということで、ドラマ「冬のソナタ」もNHK総合で始まりましたし、ヨンジュンぼっちゃまも今日本に来られていることだし…(なんのこっちゃ)みなさまは何かこの4月から心機一転な心意気で始めることはございませんか…と募りましたら、なんか全部やりたくなってしまうほど、みんなきっと同じような感覚で生きているんだわって思ったら嬉しくなってしまいました。
ピアノをもう一度習ってみたい…とか、今度こそ日記をつけます!とか、韓国語をきっちり勉強し直したいと、韓国に7年も在住の方が娘にイントネーションを指摘されてショックを受けたという切実なメッセージを頂戴したり、雪が解けてやっと飲みに行けますというのもなんかしみじみでした。わたしは坂本ちゃんと日舞を習うことになりました。
同じラジオ制作スタジオに行っていることから出会った坂本ちゃんとは、時々ご飯をご一緒したり、コンサートに足を運んで頂いたりというお友達な間柄だったのですが、まさか日本舞踊を一緒に習う運びになるというのも、なんだか自分でも笑ってしまいます。
私たちの目標はまず笑われない踊りができるようになることです。
それでなくともなんか浴衣姿でいるだけでもへらへらしてしまいそうなのですから…。
発表会もちゃんと目標を立ててがんばりたいと思っております。
山村流の楽千代師匠の顔をつぶさないようにしなくては…。
そして、私のライブにもこのエネルギーが活かされることを切に願って精進致します。
エイエイオー!

激痩せ???

投稿日:2004-3-2   カテゴリ:チャレンジ
いや〜〜〜〜なんて言うか…最近嬉しいことに痩せて参りまして…。

しかしある意味無謀なダイエットと言われてしまいそうなので、あえて詳しくはかけないのですが、断食なんぞをしました。
これがまたすごい威力を発揮しております。
ただし、ただの断食でもないのでお子様はまねしないでね。なんちって。
何キロ痩せたとも恥ずかしいのでいえないのですが…とりあえず、だいぶ痩せました…(苦笑)歌のパワーが落ちるんじゃ…と心配しましたが、これが結構大丈夫でした…というかまだまだはっきり言って激やせってほどじゃ〜ないからでしょう。

今私が一番恐れているのは「魔のリバウンド」でございます。
このリバウンドに何度苦しめられてきたことか…。
戦いますともさ〜〜〜。今度こそこのリバウンド野郎に負けませんとも〜。
と口では大きなこと今のうち言い聞かせておりますとも〜〜〜〜。
だから油断大敵な日々なのです…

あ〜〜プリンが食べたい。

(1) 2 »