• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ

過去のブログ集

タイムマシン - 過去のブログ集では、1997年4月から2007年10月までのブログ記事を集め、掲載しております。

南予の古民家再生プロジェクト

投稿日:2007-8-28   カテゴリ:イベント
四国電力の宇和島支店が中心になってはじまった、南予の古民家再生プロジェクト。
木のぬくもりを後生に伝えたいというコンセプトで、古民家をオール電化にして、今と昔のコラボレーションが現実化されるというモデルハウスが完成しました。

100年を超える古民家を守ってゆく中で、美しき日本の風景をも守られる行くような気がいたしました。

開明学校という江戸時代から続く 学校が今もその佇まいを守っり、見学コールにもなっているのですが、そこでfm愛媛の公開録音 ミニコンサートを行いました。
地元の方達でもういっぱいになった学校の2階は、床が抜けるのではと心配になるほどでした。
大正13年にドイツからやってきたグランドピアノとともに奏でた歌は、一曲一曲がタイムトリップをしているかのようで、不思議な感覚に陥りました。
そこは明治時代からも著名なそうそうたるセレブが立ち寄った、旅館や料理屋などが今もその姿を守っているようなおごそかなる場所で、その地に眠る魂たちもみな遊びにきてくれたように想うほど、
熱気に包まれました。

静寂の中の音色がやさしく届いたでしょうか・・・。
鎮魂の歌で、癒されてくれたでしょうか・・・。
今を生きるものの拍手と、あの世の拍手が聞こえてきたようにも想いました。

古民家再生プロジェクトにかかわっておられる四電のみなさまもみな、本当に本気で日本の美しき姿を守るべく役目に立ちたいと1年がかりでこのプロジェクトをひとつひとつ実行されていました。
すごいことだと想います。

昨年古民家を訪れて、ご縁ができたジャズアーチストを描く世界の巨匠久保さんも笑顔で出迎えてくださいました。
2009年のジャズフェスティバルに向けての大作にチャレンジ中だそうです。「長生きしてがんばるよ・・・。やる気がわいたよ・・」とおっしゃって頂いたことに胸がいっぱいになりました。

となりの街鬼北町からもオール電化の古民家を建てられた、末廣さんもいらしてくださいました。

歌のチカラはすごいな〜。
みんなとひとつになれます。
笑顔が溢れます。
美しい涙がこぼれます。
そして再会を願います。

あらためて 歌手である自分がいかにしあわせかを実感した旅の一日でした。

日本PTA全国研究大会

投稿日:2007-8-28   カテゴリ:イベント
2007年8月24日 
第55回 日本PTA全国研究大会が滋賀県栗東で行われました。

そこに私はなんと「基調講演」 の講師というお役目でステージに立ちました。

基調講演 「親と子のきずな・思いやり」 講師 沢田 知可子 氏

歌は少なく・・・しゃべりを中心にひとつお願いします・・・という田中実行委員からの要望にしっかりお応えして、90分で10曲という内容で展開していきました。

岡田さよ子さんという 子育て相談所もされていて、「親と子の絆」という著書も出版されている本格的な講師の講演が、なんと私の前にあり、それはそれは興味深く 感銘を受ける内容でした。

親と子の以心伝心(波動・エネルギー)をとても丁寧にわかりやすく0歳児からの反応を説明されて、私は親の視点ではなく子供の視点で聞き入りました。
特に興味が惹かれたのは、一番目の子供と、二番目、末っ子とはまるで性格がことなる理由などは本当におもしろいほど自分に当てはまりました。
次女は育てにくい・・・という親の相談に対しての答えは、まるで自分のことを見られてきたかのようです。

「親と子の絆」 岡田さよ子 著書 文芸社 1500円

子育てをされている方には絶対オススメの本だと想います。

私はやはり歌を通じて、絆についてお話させていただきました。
Day by Day・・・ 夫婦仲良く生きることは一番シンプルで難しいことです。日々 一日一日の積み重ねに大切なことだまを一番大事な人にかけているだろうか・・・。
同じ「がんばれ」という言葉でも、感情をぶつけるままに子供を押さえつけていなだろうか・・・。

トントンとトイレでノックをする音。
やさしい トントン はやさしい トントンが返ってくる。
きつい トントンは きついトントンでかえされる。

音の世界は奥が深いな〜と痛感しながら、講演しながら自分自身に言い聞かせることがあまりに多い90分でした。

私にとってもは素晴らしい体験をさせて頂いたと想います。
基調講演という名のコンサートが終わり、岡田さよ子先生からも共感すべく感想を頂戴し、安堵いたしました。

そして、私にくれぐれも頼みますから、講演ですからね・・・と念を押された田中実行委員も納得してくださいました。

このご縁を繋いでくださり、そしてこの旅をずっとサポートしてくださった草津JCの卒業生 角さん、ごんちゃん、しょうちゃん、うめちゃん、そして「ボクの名前をぜひ日記に書いてください」とリクエストしてくださった園内信義実行委員・・・あなたは気配りの天才です。
ありがとうございました。

そして今回の実行委員のすべてのみなさんへ。
何日にも渡っての準備、本当にお疲れ様でした。
前日のリハーサルでは、疲れを少しでも癒して頂こうと実行委員のみなさんのために真剣に歌いました。
その想いに応えてくださったみなさんの拍手と涙は私の宝物です。

今回全国各地からお集まり頂いたPTAのみなみなさま本当に本当にありがとうございました。
今回のみなさんの体験は必ずや、未来のこどもたちの笑顔に繁栄すると信じております。

貴重なる体験 基調講演をさせて頂きまして、
本当にありがとうございました。

今度はコンサートにもいらしてくださいませ。

生活の木

投稿日:2007-8-9   カテゴリ:イベント
20年前 デビューを果たしたトーラスレコードは表参道にありました。
原宿駅からトーラスレコードに向かう道すがらの表参道沿いに「生活の木」というショップがありました。
花柄の食器やカフェなどもあったようです。
いつも通る度に入りたいけど入れない感じがして、実際に入ったことはありませんでした。
何故なら、当時私のお財布はほぼ空っぽ状態で、表参道のすべてのショップがただ見るだけ〜〜〜の素通りの日々でした。

まさかそのお店のオーナーと知りあって、一緒にスリランカに行くことになるなんて、当時からすれば想像もできませんでした。
陶器からハーブへとそのビジネスモデルは進化を遂げ、スリランカの避暑地キャンディにTree of Life というアーウルヴェーダのホテルも経営し、生活の木のお店も全国70店舗以上に広げている、まさに癒しの時代にタイムリーな「生活の木」。

8月2日はハーブの日ということで、ハーバルライフ30周年記念に明治神宮内にて行われたパーティーのお祝いで「ヤハラテナ」を歌わせて頂きました。
写真はスリランカキャンディースタイルのサリーという衣裳です。
原宿合唱団のリーダーでもあるオーナー重永氏とともに、一緒に歌いました。

「ヤハラテナ」 は仲間が集う場所という意味を持つスリランカはキャンディーにある地名です。
そしてまさにそこが「Hotel Tree of Life」がある場所なのです。

日本スリランカ文化アワードのプレゼンターとしてスリランカに招かれたのがきっかけで、その1ヶ月後のスマトラ沖地震の津波による災害。
被災地スリランカへと2度目に行ったのが、生活の木 主催の「がんばれスリランカチャリティーコンサート」のためでした。

3度目のスリランカはヤハラテナを満喫して帰ってきました。

感謝と感動を込めて書いた「ヤハラテナ」のCDを「花音へ」のカップリングとして収録させて頂いたシングルCDを生活の木のショップに一斉において頂くことになりました。
ぜひともハーブとともにヤハラテナをご堪能くださいますれば幸いです。

フェニックス花火大会

投稿日:2007-8-5   カテゴリ:イベント
新潟県長岡の中越地震復興花火大会へ行って参りました。
今回はプライベートで長さ1.6キロのフェニックス花火を全身で浴びたいと思いまして計画をたてておりましたが、中越沖地震で被災された柏崎へぜひ行きたいと急遽、フェニックス花火実行員のみなさんと翌日は柏崎の二田小学校の体育館へ慰問ライブをさせていただくことになりました。

長岡での誕生ケーキでみなさんに祝っていただいたのは、フェニックス花火大会が終了した直後の野外でした。
風が心地よく実行委員のみなさんやカリスマ美容師の野沢さんもプライベートでいらしていて、一緒に祝ってくださいました。

翌日4日はお昼時の訪問でしたが、50人ほどの避難生活をされておられる二田小学校の体育館へお邪魔したらお仕事で外出されておられる方が多くほんの20人くらいだったのですが、ボランティアのみなさんなど集まってくださって、本当に温かなライブになりました。

かえって私が励まされてしまうほど、穏やかな笑顔で迎えて頂きました。
安堵のせいか、ライブのあとでもの凄い汗と涙があふれてきました。

「行ってよかった・・・。」
本当にほんとうによかった・・・。
長岡の復興の経験を積んだ実行委員のみなさんの協力あっての、柏崎慰問ライブの実現でした。

たかが歌・・・されど歌・・・。

音楽のチカラを信じて、これからも益々精進したい44歳の誕生日です。
あたたかいメッセージ本当にありがとうございました。
最高の誕生日でした。

長岡フェニックス花火

投稿日:2007-8-3   カテゴリ:イベント
これから花火大会が始まります!
長岡フェニックス花火は長さ1.6キロのギネスに申請された巨大花火です。
信濃川に舞う花火楽しみです♪

大阪芸術大学祭

投稿日:2007-7-22   カテゴリ:イベント
大阪芸術大学でボイストレーニングの講師をされている森川美穂さんのお誘いでその大学の音楽祭に出演させて頂きました。

ヤマハの「ポプコン」といえば、中島みゆきさん、チャゲ&飛鳥さん、円広志さんなどたくさんのアーチストを生み出してきたコンクールなんですがその当時の音楽監督をしきっていらした山室先生が今、大阪芸術大学の教授になっておられ、ヤマハ音楽事務所出身の森川美穂さんにラブコールを送り、彼女も講師を週に一度やるようになったそうです。
この話を聞くだけでもやはりヤマハ音楽はすごい母体を築き上げたんだって想う。
我感動!

オーケストレーションで歌う「会いたい」「GIFT」は本当に感動っす。
森川美穂さんは「ブルーウォーター」と「輝きたい」というバラードだったのですが、また彼女の存在感がオーケストラが似合う!っつうの。
パワーヴォイスとエンターテイメントを持ったアーチストは本当に貴重です。
彼女は数少ないその一人であるということを確認できたコンサートでした。

だから森川〜〜美穂〜〜〜お願いだ!
ミュージカルGIFTでは 思いっきり踊ってくれ〜(笑)

「沢田さん、アタシ 絶対おどりませんから〜〜!!」って言われますた。

さわもりのチキチータ 圧巻でっせ〜〜!!!

東大阪JC祝50周年

投稿日:2007-6-17   カテゴリ:イベント
6月8日は親戚の会社である第一化成産業株式会社50周年記念でコンサートをさせていただきました。
そして昨日16日は東大阪JCの50周年記念式典にて、ミニライブをしてきました。

その1週間で50周年記念という節目の式典に二度もご縁があるとはそれだけで誠にありがたいことです。
おめでたいことにあやかれるわけです。

歌とは、こういう瞬間にとても必要であると思います。
節目や祭典、式典など歌は添えものであり、捧げものであり、まさに奉納そのもの。

歌うって本当に素敵なことだなあ〜〜しみじみ。

東大阪JC 50周年本当におめでとうございました。

城下町シンポジウム2007

投稿日:2007-6-11   カテゴリ:イベント
日本青年会議所主催で毎年行われる城下町シンポジウムのイベントに出演して参りました。
今年は新潟県上越市高田城のあった場所で開催されました。
全国のお城に縁のあるJCが集結するこのイベントですが、和太鼓のパフォーマンスは上田で観た真田仁太鼓や、今治の太鼓などどれも圧巻です。

私が参上した9日は野外ライブで雨よ〜〜降らないでと祈願を込めていたにもかかわらず、オープニングの寿太鼓がはじまると同時に、同時に・・・・雷。 雨。それも大粒。それも爆音。
これがまた水も滴るいい男達の太鼓を叩く姿がかっちょいいこと。
雷神、八代竜王もお出ましなほどの雷と太鼓のコラボレーションでした。

沢田のライブも雨の中はじまりましたが、美しい色とりどりの傘がいっぱい集まってくださって、恵みの雨コンサートになりました。

野外コンサートで雨・・・・かなり毎年やられるようになりましたね。
修行じゃ。

新宿救護センター5周年

投稿日:2007-5-21   カテゴリ:イベント
「歌舞伎町の駆け込み寺」と呼べれ、TVなどでもドキュメンタリー番組で放送されるほど、玄 秀盛氏の活躍はとても話題を呼びました。
主に DV問題、自己破産、自分ではどうにも解決できない難題をもってその門をたたく人たちを、救ってきた人です。

私も玄さんに知り合ってたくさんパワーを頂戴しました。
人間がくれるパワーはとてつもないものがあります。
「生きる力」とはこの人のパワーを言うのだな・・・と実感しました。
だから一度この人と面と向かい合うと、みんな彼を応援したくなってしまうのです。
真打ちの立川談慶さん、書道家の高野こうじさんも今や兄のように慕っておられるし、コロッケさんも昨日は愛娘のアーチストMADOKAさんがライブをするということもあっていらしておられました。司会はおぼんこぼんさん、シャンソン歌手の若林ケンさん、盛大なるライブとなりました。

何よりその救護センターを支えるボランティアのみなさんの献身的なこと。
昨日のライブではまさにそんなボランティアのみなさんが笑顔で終始対応してくださったことに胸を打たれました。
みんなが玄さんのためにこの5周年をなんとか成功させようとして頑張っていました。

手作りのライブです。
この愛情たっぷりの手作りのぬくもりは大きな波紋となって、さらに大きく広がることでしょう。
玄さんという想いの種子がやがて大きく大きくなって、たくさんの人たちに生きる力、生き甲斐を与えるのです。

歌舞伎町が文化の街として、安全に娯楽を楽しめる街として美しい国の名所として夢のある場所になるために・・・・。
玄さんは日々がんばっています。

お集まりくださったみなさんの愛に深く感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

オリジナルマーガレット

投稿日:2007-2-3   カテゴリ:イベント
HPでも紹介しております、ゲブラナガトヨのマーガレットコレクションと沢田知可子の歌のコラボレーションがいよいよ始まります。

オリジナルソング「花音へ」が完成して、お届けに上がった池袋サンシャインのコンベンションセンターで行われている花フェスタに出品されたゲブラナガトヨのマーガレットはエレベーター出て真正面に陣取ってかなり目立っておりました。
いきなり目にとびこんできた自分のポスターにかなり照れながらも、しっかりとサインさせていただいて参りましたよ〜。
ゲブラナガトヨのヒロコさん、ゆきこさんに手渡した音源をすぐ会場でかけながら喜んでくれている笑顔でしあわせになりました。

ヒロコさんのたっての夢である老人施設などに花をいっぱい贈りたいというチャリティーに賛同してつくった「花音へ」という歌は、ぜひ花屋さんで流してほしいと想いながら書かせていただきました。

お花屋さん、ぜひぜひ知可子マーガレットコレクションをよろしくお願い申し上げます。

小さな夢が果てしなく大きくふくらんで、広がってゆくことを祈っております。

花音へ・・・がステキなお花屋さんで流れる日が来ますように。

(1) 2 3 4 ... 11 »