• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ

過去のブログ集

タイムマシン - 過去のブログ集では、1997年4月から2007年10月までのブログ記事を集め、掲載しております。

日本PTA全国研究大会

投稿日:2007-8-28   カテゴリ:イベント
2007年8月24日 
第55回 日本PTA全国研究大会が滋賀県栗東で行われました。

そこに私はなんと「基調講演」 の講師というお役目でステージに立ちました。

基調講演 「親と子のきずな・思いやり」 講師 沢田 知可子 氏

歌は少なく・・・しゃべりを中心にひとつお願いします・・・という田中実行委員からの要望にしっかりお応えして、90分で10曲という内容で展開していきました。

岡田さよ子さんという 子育て相談所もされていて、「親と子の絆」という著書も出版されている本格的な講師の講演が、なんと私の前にあり、それはそれは興味深く 感銘を受ける内容でした。

親と子の以心伝心(波動・エネルギー)をとても丁寧にわかりやすく0歳児からの反応を説明されて、私は親の視点ではなく子供の視点で聞き入りました。
特に興味が惹かれたのは、一番目の子供と、二番目、末っ子とはまるで性格がことなる理由などは本当におもしろいほど自分に当てはまりました。
次女は育てにくい・・・という親の相談に対しての答えは、まるで自分のことを見られてきたかのようです。

「親と子の絆」 岡田さよ子 著書 文芸社 1500円

子育てをされている方には絶対オススメの本だと想います。

私はやはり歌を通じて、絆についてお話させていただきました。
Day by Day・・・ 夫婦仲良く生きることは一番シンプルで難しいことです。日々 一日一日の積み重ねに大切なことだまを一番大事な人にかけているだろうか・・・。
同じ「がんばれ」という言葉でも、感情をぶつけるままに子供を押さえつけていなだろうか・・・。

トントンとトイレでノックをする音。
やさしい トントン はやさしい トントンが返ってくる。
きつい トントンは きついトントンでかえされる。

音の世界は奥が深いな〜と痛感しながら、講演しながら自分自身に言い聞かせることがあまりに多い90分でした。

私にとってもは素晴らしい体験をさせて頂いたと想います。
基調講演という名のコンサートが終わり、岡田さよ子先生からも共感すべく感想を頂戴し、安堵いたしました。

そして、私にくれぐれも頼みますから、講演ですからね・・・と念を押された田中実行委員も納得してくださいました。

このご縁を繋いでくださり、そしてこの旅をずっとサポートしてくださった草津JCの卒業生 角さん、ごんちゃん、しょうちゃん、うめちゃん、そして「ボクの名前をぜひ日記に書いてください」とリクエストしてくださった園内信義実行委員・・・あなたは気配りの天才です。
ありがとうございました。

そして今回の実行委員のすべてのみなさんへ。
何日にも渡っての準備、本当にお疲れ様でした。
前日のリハーサルでは、疲れを少しでも癒して頂こうと実行委員のみなさんのために真剣に歌いました。
その想いに応えてくださったみなさんの拍手と涙は私の宝物です。

今回全国各地からお集まり頂いたPTAのみなみなさま本当に本当にありがとうございました。
今回のみなさんの体験は必ずや、未来のこどもたちの笑顔に繁栄すると信じております。

貴重なる体験 基調講演をさせて頂きまして、
本当にありがとうございました。

今度はコンサートにもいらしてくださいませ。