• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック

花心 Hanagocoro

花心 Hanagocoro

花心 Hanagocoro

2007年9月26日リリース TKCA-73239 ¥3,000(tax in)

  1. 美しい涙
  2. いのちの実
  3. 花心 〜Lullaby〜
  4. 奇蹟の花
  5. 一期一会
  6. 会いたい
  7. 花音へ
  8. 赤いスィートピー
  9. 空を見上げてごらん
  10. ありがとう

花心 エピソード from 沢田知可子

1. 美しい涙

韓国のアーティストZeroさんのアルバム曲として書かせて頂いた作品です。「美しい日々」というドラマの中で歌われていたZEROさんの歌声に慰められたら素敵だろうなと思いうかべながら…。

2. いのちの実

最初に「いのちの実」というテーマがあって、その映像を観てから書いたものです。歌の旅で日本津々浦々めぐり廻っておりますが、日本の田園風景は芸術だと思います。地球と人間が折り合いをつけながら、謙虚なる気持ち、感謝をしながら作物が生まれ育つそのプロセスこそが「命」を支えてくれていると思うのです。大切に生きるということは、今後益々地球に感謝して環境にも優しい生き方を見直せたらと思いました。
2007年度 ミキプルーンテーマソング(英語版"Fruits Of Life")

3. 花心 〜Lullaby〜

作曲家井上大輔さんが私のデモテープを聴いて、声のイメージから膨らませてデビュー曲「恋人と呼ばせて」を書いて下さいました。井上さんの遺作未発表曲120曲の中から選んだこのメロディーは生き生きと働く凜とした女性達へ贈るLullabyをメッセージして下さっているようで、まさに今回のアルバムタイトルとして相応しいと思いました。天国の大輔さんからのプレゼントになればと願っております。

4. 奇蹟の花

増田恵子さんのために書かせて頂いた作品です。スレンダーなる恵子さんの写真をみつめていたら、菩薩像が浮かんできました。蓮の花に囲まれ、慈悲深い姿とスピリチャルな部分を表現してみました。時代を超えて大切なものは何か、感じとって頂ければと思います。

5. 花

花といえば「花」。永遠に色あせないこの名曲を子守歌のように優しく歌ってみました。魂を癒すボイスヒーリングをご堪能下さい。

6. 一期一会

「会いたい」のアンサーソングをあらためて私なり書かせて頂きました。夢で会いたい…そんな思いで。

7. 会いたい

1990年に出逢ったこの歌が私の人生を大いに支えてきてくれました。そして今、このヒットソングはレクイエムとして益々成長しているようにも思います。歌を聴いて流せる涙は、まさに魂が浄化してくれている瞬間なのだそうです。色褪せぬ花のごとく変わらぬ感動をお届けできれば幸いです。

8. 花音へ

オリジナルマーガレットの名前をタイトルに歌をつくってほしいというリクエストに応えさせて頂きました。淡いピンク色のマーガレットに宿る花の妖精を感じながら、会話するような歌にしてみました。「花と小父さん」のような可愛くて切ないつぶやきの歌にしてみたかったのです。

9. 赤いスィートピー

カラオケで男性が女性に歌わせたい歌として、色あせぬスタンダードになりました。「花心」というタイトルからして、この歌を歌うきっかけになりました。女性はやはりいつまでも心が可愛い人が素敵だなって思います。松本隆さんが一番よくわかっていらっしゃるのでしょうか…。

10. 空を見上げてごらん

坂本九さんの「上を向いて歩こう」のような元気のでる明るい歌を書いてみたいと思いました。日本に古くからある「月の鏡」「月の時計」といった情緒感あふれる世界で、かぐや姫を思い浮かべていたら「夢はあなたを待っている…」という言葉を頂いたように感じました。空を見上げて、星が綺麗だった時、夕焼けがワインのようなルビー色に染まった時、その時々の感動を大切していきたいと思います。

11. ありがとう

敬愛する合唱団の指導者瀬戸典子先生の70歳のお誕生日に歌を贈りたいと思い書かせて頂いた作品です。「夫婦仲良く生きる」。このシンプルで難しい事を実践されている御夫婦です。歌うこと、指導することを天命とされ、パワーがみなぎり、溌剌とした生き方は、年代を超えて共感させられます。そんな先生の生き様を歌にしてみました。私自身、目指しているものかもしれません。 「ありがとう」の一番身近な一言こそが、共に生きるうえで大切なのではないでしょうか。

前
歌姫ものがたり
次
花音へ / ヤハラテナ