• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログ


インストアライブ盛岡

投稿日:2007-10-29   カテゴリ:ミュージック
雨の与野インストアライブが終わって、新幹線で再び東北へ・・・。
盛岡のホテルがどこも満室で、仙台のホテルで宿泊いたしました。盛岡は全国合唱コンクールが開催されるので、どこも満室だったみたいです。おかげで牛タンを堪能できました。
盛岡には94歳になる祖母と伯母が一緒に暮らしております。そして毎回岩手でのコンサートには足を運んでくださる親戚も一緒に盛岡南イオンにてお目にかかれることができました。
83歳の親戚の叔母さんも94歳の祖母も本当にかわいいのなんのって・・・。
可愛いおばあちゃんを見てるだけで幸せになりました。
まだまだ長生きしていただいて、また歌を聴いてもらいたいです。
毎度そうですが、私は別れ際が本当に苦手です。
祖母や両親など見送られるのはもっともっとだめです。
空元気にじゃ〜〜〜ね〜〜〜と、チカラいっぱい笑って手を振りますが、こんなときほど切ない瞬間はありませんね。
それでもこの切ない気持ちを大切にしたいです。
さ〜〜明日は中西保志さんと岡山コンサートのリハーサルです。
がんばるぞ〜〜!

インストアライブ与野

投稿日:2007-10-28   カテゴリ:うたセラピー
与野のイオンは実家から車で数分なほどご近所で、まさに故郷に錦なイオンさまさまインストアライブとなりました。
父はもちろんのこと、弟家族、先輩、同級生や後輩、ゆかりある大切な顔なじみが足を運んで下さいました。
本当にうれしいインストアライブ与野でした。
後ろ髪引かれながら新幹線に乗って仙台へ。
牛タンとサワーで一息つきました。
さ〜明日は再び盛岡です。
エイエイオー

釜石コンサート

投稿日:2007-10-27   カテゴリ:うたセラピー
雨と共に向かった釜石は新幹線で盛岡へ行き、そこから車で2時間新しい道路を走りながら紅葉を堪能して釜石石へと着きました。
岩手日報のスポンサークラブである釜石広華会主催定例コンサートを行いました。
十数年前の三陸海の博覧会のときにコンサートをして以来でした。
スピリチャルな出会いもあって、岩手の霊峰にも登らねばという不思議な予感がした聖地でした。
地元で薦めていただいたトマトラーメンは絶品でした。
浜千鳥という地酒もまた海が似合う味わいでした。

マイブーム

投稿日:2007-10-26   カテゴリ:グルメ
東京駅から新幹線で移動するとき今胃袋をがっちりつかまれるお弁当です。
その名も 桜海老とじゃこの海物語 880円です。
じゃこと桜海老の上品な味付けになんと桜海老と玉葱のかき揚げがしんなりご飯に馴染んで、なんとも絶妙な美味しさです。
これから釜石に向かいます。
コンサート頑張って参ります。

中越地震復興祈願ライブ

投稿日:2007-10-24   カテゴリ:うたセラピー
2004年10月23日5時57分に起きた中越地震から3年目。
その復興祈願チャリティーコンサートを長岡の地で行いました。
地元の心強いリーダーが実行委員を発足してのチャリティーディナーショーでは、前回に引き続き北陸学園の生徒の方が「空を見上げてごらん」を手話で参加してくれました。中越地震のドキュメンタリーの映像と美しい手話で披露したこの歌に
涙したみなさんの想いが、まさに復興祈願だと思います。
山越村の住民を全員緊急避難させて、
未だに仮設住宅に住まわれていながら、
村長から国会議員になられた長嶋議員にもお越し頂きまして、復興祈願ライブの重みを実感いたしました。
この3年でここまで繋がってこられたんだな・・・。
人間力を感じる地元の熱きリーダー達の迅速なる結束のたまものでした。
歌で結んだこの絆をこれからも大切に育んで行けたらと心から思います。

23日は長岡リリックホールにて、
加山雄三さん、らんねんさんとチャリティーコンサートに参加いたしました。
アンコールで加山雄三さんが歌われた
「MY WAY」を下手そでで聴いているうちに涙が怒濤のごとく溢れでて、もう止められないまま最後の曲「サライ」を歌うためにステージに再び上がったのですが、
ず〜〜〜っと、涙が流れっぱなしで大変なことになっていました。
琴線にばこっと当たって、涙腺がプチっと切れてしまった感じでした。
その日は北陸学園へ表敬訪問させて頂いたり、インストアミニライブをさせて頂いたりと、ライブ三昧な一日だったのですが、なぜか本当にスカッとさわやかで
これぞ中越復興祈願への祈祷ライブだなとしみじみ思うのでした。
「ご縁」に心から感謝申し上げます。

歌旅

投稿日:2007-10-20   カテゴリ:うたセラピー
札幌から羽田空港を経由しタクシー乗り場までスーツケースを二つも抱えてもうダッシュする小野沢あっちゃんのがんばりで新幹線の神戸行き5分前に間に合うという驚異的な移動ももう今は昔。4度の札幌から雨の神戸、ラジオ関西の生放送に出演していざ大阪駅。NHKラジオ大阪の収録も楽しく迎えて頂きまして、夕飯は森川美穂ちゃんと待ち合わせ。今日の日付もわからないまま高の原イオンでインストアライブ。
そこで大失態をしでかしてしまいました!
サインの日付を一日間違えたままほぼ最後まで気付きませんでした。
本日高の原イオンでアルバム花心を購入して下さったみなさま本当に申し訳ありませんでした[m(_ _)m]
どうかお許し下さいませ。

盲導犬チャリティーコンサート

投稿日:2007-10-18   カテゴリ:うたセラピー
4月に初めてVOICEの別所兄弟に出会い、池田聡さんと3組ジョイントライブを行いましたが、主催された蠅曚辰いの老松社長がまたぜひこのメンバーでやりたい!!との鶴の一声で実現した盲導犬チャリティーコンサートはさらにご縁が深まりました。
盲導犬のプロモーション犬であるフーちゃんはそこにいてくれるだけで癒される凄いワンチャンでした。
盲導犬は寄付金でほぼ9割運営されているほど保障があまりにも乏しく、全国で900頭の盲導犬にたいして、盲導犬を必要として待っている方がなんと数千人はいるという、なんとも厳しい現状なのです。
VOICEがはじめたこのチャリティーに賛同して再びPUREな歌声たちと奏でたライブは本当に気持ちよかったです。

愛の讃歌

投稿日:2007-10-12   カテゴリ:シネマ&ミュージカル
エディット・ピアフの映画を観に久しぶりに映画館へ参りました。
先日小川もこさんからも超オススメして頂きまして、親友からも「あなたは歌手として絶対観るべき〜〜〜」なんてメールを頂戴し、是非にとも思い行って参りました。
つい同業者としての視点で我が人生と比較しながら観てしまったので、すごく心が乱れました。
冷静を装いながらも沸々とわき起こる感情は、迷子になったときの心細さや、ふいに悲しい記憶がフラッシュバックする瞬間の奇声を上げる自分が重なって、
次第にそんな自分にプロテクトをかけてないといられなくなりました。
それはまるで前世に同じような経験があったかのごとく古傷を再現されているような感覚でもあり、幼少のトラウマに重ね
親を許せないまま過ごした自責の念から逃れようとする心模様に翻弄されるようでもあり、とにかくその壮絶な人生に共感したくないジレンマと、歌の説得力に揺さぶられっぱなしでした。

時代背景もあり、その貧しき路上パフォーマンスから誕生したピアフの歌の表現力は今この時代だからこそ受け入れられるのかもしれません。
心の貧困ほど貧しいものはないのですから・・・・・。

喜多方ライブ

投稿日:2007-10-9   カテゴリ:ミュージック
喜多方シティーFMでのライブは限定70名という本当にアットホームなライブとなりました。
前日の高畠での野外ライブは3000人くらいはいたと思いますのでその差はあるものの、テンションは全く同じパワーでがんばりました。

飯坂温泉取材からはじまって、高畠ワイナリー収穫祭、喜多方と4日間の旅の終わりの達成感をかみ締めて新幹線に乗り込みました。
ちょっと呑みすぎの旅でした。
胃袋は反省のイエローカードです。

お祝いのメッセージやお花、ワインなど
心温まる贈り物を頂戴してしまい、この場をおかりして厚く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

高畠ワイナリー収穫祭

投稿日:2007-10-9   カテゴリ:ツアー
山形のまほろばの里、高畠ワイナリー収穫祭に今年も行って参りました。
丁寧につくられたワインを試飲させて頂きながら、収穫祭を堪能させて頂き、そして今年は天気にも恵まれて最高の野外ステージとなりました。
なんと伊達政宗の子孫である現在のお殿様と呼ばれる方も収穫祭においでになったようです。
現代のお殿様にお会いしたかったな・・。

たくさんの方に聴いて頂けた収穫祭でのライブうれしかったな〜。
本当にありがとうございました。

« 1 ... 78 79 80 (81) 82 »