• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログ


長岡大花火大会2017

投稿日:2017-8-3   カテゴリ:イベント
8月2日、3日と二日間行われる新潟県長岡市の長岡大花火大会で、「空を見上げてごらん」を米百俵花火尺玉100連発とのコラボレーションが今年も叶いました。
そして昨日は新潟放送の「水曜見ないと」の特番で長岡花火を生中継し、2時間の生放送にずっと出演させて頂きました。花火を見ながらのコメンテーターの役割です。
3人の素敵なアナウンサーと長岡出身の若き演歌歌手 中澤卓也君と共に5人でビルの屋上に横並びで
立ちっぱなしの2時間!それもこの日のために浴衣を新調してのぞみました。
信濃川を背にベストポジションの屋上からの生中継。音といい花火の大きさといい、ど迫力の花火が真正面で繰り広げられました。
火薬のにおいや、50万人の観客の拍手の音、信濃川の水面に映る花火の光りも大橋を活かしたナイアガラの滝、ギネスになったフェニックス花火、天地人は圧巻でした。
2時間の生放送では中継できませんでしたが、「空を見上げてごらん」と米百俵花火尺玉100連発とのコラボレーションは9時10分過ぎ頃からはじまりまして、番組終了後の安堵感と共に夫と並んで見上げながら、涙涙のふたりの風景でした。
ただ ただ嬉しくて、感無量です。幸せです・・・。
長岡花火が財団として発足しスタートの花火大会であり、空襲を受け1000人以上の犠牲者を出した追悼の花火であり、戦後復興から70年目の節目の花火大会でもありました。
まさに長岡花火は「平和」の象徴です。
誰もが長岡花火を観ると、「これは日本一ではなく、世界一だ」と思わず言葉に出るほどそのスケール感は
世界へと繋がりが生まれることでしょう。
ゆえに長岡花火を東京オリンピックでも打ち上げようという計画も立ち上がり益々盛り上がっております。
そんな中、昨日は新潟県知事の米山知事から
にいがた観光特使として就命式もして頂きまして、
新潟県の観光特使として益々お役に立てるよう精進したいと思いました。
私にとって濃厚な長岡花火大会の一日になりました。本当にありがとうございました。
本日3日も素晴らしい長岡大花火となりますよう心から応援しております。

                           長岡応援団 沢田知可子

琵琶湖ホテルサマーディナーショー

投稿日:2017-7-28   カテゴリ:うたセラピー
琵琶湖が目の前に広がる素敵な琵琶湖ホテルで
サマーディナーショーを行いました。
京都から車で20分ほどの大津市にある琵琶湖ホテルへと各地から応援に駆けつけて頂きました。

長崎からは「幸せの薫る我が家」のご縁を賜りました
R+houseの建築を広める小宮建設の小宮さん。
小宮さんのお陰でこの唄が生まれました。
作詞にも参加して頂いた代表の濱村聖一さんは大津市にご自宅があると今回はじめて知りました。

中学時代からのバスケット部の先輩で今もお付き合いして頂いているとこ先輩とハルコ先輩も埼玉、東京からいらして下さって、翌日は一緒に観光しました。
名古屋や福井や少し距離のある所からも宿泊で応援にいらして頂けて、とても嬉しかったです。

以前に滋賀で行われたPTA全国大会での講演の時にお世話になった皆さん、地元の商工会議所青年部、JC時代からお付き合いのある方は今や市会議員になられたり、地元に貢献すべく活動にいそしんでいらます。地元を愛すべく社会のために生きている方は
とてもエネルギッシュで、お会いすると元気をもらえます。何より嬉しいのは、こうして今でもご縁が繋がっていられていることが本当に幸せです。
「琵琶湖周航の歌」を歌う度に繋がりの唄だな・・とつくづく噛みしめます。
本当にありがとうございました。

翌朝は先輩が京都からレンタカーで来てくれていたので、車で50キロ走った今津港まで移動して、竹生島へとクルーズの旅を堪能しました。
日本三大弁天の一つとしていにしえよりパワースポットとして有名な竹生島での弁天さまに切なるヒット祈願のお願いをして参りました。

「おかげさまでデビュー30周年を迎えられました。
本当にありがとうございました。これから先さらに20年は歌わせて頂けたらと切なるお願いでございます。その為にもこの節目の30周年の応援をなにとぞなにとぞ重ねてお願い申し上げます〜〜」

おみくじをひいたハルコ先輩が大吉を引いたので、あやかりましょうとばかりに他力本願でおみくじの代わりに弁天様への願い事人形を収めました。
琵琶湖に向けて投げる願いの投げ皿など徹底的にお願いしてしまいました。
開運招福というのはいい言葉ですね・・・。
夫はひたすらに健康長寿のお願いです。
健康、なかよしが一番ですね。
竹生島を堪能したらいざ、長浜の近江牛へ。
ここもちゃんと予約を入れておいてくださったので、さらに50キロ走ってすっかりお腹を空かして
高級なランチとなりました。
お二人の男前なバスケ部の一つ上の先輩のおかげですっかり甘えっぱなしな琵琶湖観光でした。
たのしかった・・・。
ありがとうございました。

こころ唄 インストアライブ

投稿日:2017-7-10   カテゴリ:イベント
7月はアルバムプロモーションでインストアライブで各地お邪魔しております。

7月8日はイオンタウンおゆみ野にてインストアライブの初日を迎えました。ユニバーサルレコードの日比さんの元気な司会で迎えられ、気持ちも盛り上がります。
何十年ぶりかで小学生からの同級生淳平くんが応援に来てくれて、なんでしょう・・・何年経ってもわかる顔。たぶん目ですかね・・・。変声期前の声が甲高い男の子はすっかり子育ても終わり、一人バイクに乗って若い女性アーチストのおっかけをやってるんだよって、無邪気なおじちゃんになってました。
「これからもついでに沢田もよろしくね!」ってお願いしましたら、「おう!」って照れくさそうでした。
こういう再会は嬉しいな・・・有り難いですね〜。

9日の日曜は 長岡のリバーサイド千秋でのインストアライブでした。
長岡大花火の「米百俵花火尺玉100連発」とのコラボレーションが実現した2016年。その感動を再びということで花火の映像とともに「空を見上げてごらん」を歌いました。
昨日はアオーレ長岡で開催されていたフラダンスフェスティバルで「空を見上げてごらん」とフラダンスのコラボレーションも叶いました。
福島先生ご指導のフラダンスチームとのコラボはとても美しい舞いで、身も心も魂もが浄化される瞬間でした。
フラダンスは「言葉」を振り付けるので、一つ一つの舞いが語りかけるようです。
全身全霊で唄を伝え、祈りを伝える舞いは神様への奉納そのものですね。
手話の美しさと同じでした。
「空を見上げてごらん」の手話とフラのコラボレーションができたら素敵だろうなって想いました。

長岡ではまっすぐ帰るなんてもったいない・・。
気づけば最終電車へ乗車変更してました。汗。

次回は7月15日 イオン葛西
16日はイオン銚子でのインストアライブでお世話になります。どうぞ応援宜しくお願いします!

にっぽん丸クルーズ2017

投稿日:2017-7-4   カテゴリ:トラベル
にっぽん丸クルーズ 金沢港発着 利尻島 奥尻島の船旅で「こころ唄コンサート」を行いました。
6月30日から4泊5日の船旅は丸一日をかけて利尻島へと進みました。
7月1日の夜はドレスコードがセミフォーマルでの
夕食後に沢田知可子のコンサートをお楽しみ頂きました。みなさま華やかな装いで、ちょっとしたディナーショーと言った感じです。
2日朝に利尻島へと上陸して、様々なツアーへとバスに乗り込んだお客様が出発して行きました。
私は港からほど近い味楽というラーメン屋さんで焦がし醤油ラーメンを堪能し、
「リッシリーボーイズ」と呼ばれる80代から90代の3人のうちの一人、利尻島で活躍されている91歳の吉田さんが作る利尻昆布削りを見学しました。
見学というか、91歳って艶々肌、元気いっぱいの吉田さんの元気の秘訣は?とたずねると
「そりゃあ 昆布に決まってんだ〜〜」とオーラ全開でした。若い女性とおしゃべりするのも若さの秘訣だそうです(笑)
エネルギッシュな吉田さんにまた会いたいな〜
ゆるキャラ りしりんと観光協会のみなさんに見送られて利尻島を出航して10分ほど陸を離れると
厚い雲に隠れていた利尻富士がようやく顔を出してくれました。
この利尻富士が顔を出してくれてこその利尻ですからお客様もホッとしたと思います。
翌朝には奥尻島に上陸しましたが、残念ながら一日雨でした。
ウニ定食を堪能して、観光協会の盒兇気鵑坊攫動車をお借りして2時間ほど島を巡りました。
宮津弁天さんはものすごく階段が急でしたが、
やはり島の神様にご挨拶できて気持ちがスッキリしました。
沖縄の伊平屋島と奥尻島はムーンライトマラソンで姉妹島になっているということで、先日の沖縄での大琉球神楽の天岩戸開きは伊平屋島に伝わるお話でもあったものですから、奥尻島の観光協会の方ともそのお話ができて、とてもご縁を感じました。

4日の朝はいざ金沢へと戻る中、「沢田知可子の歌声広場」ということで、みんなで歌おうコンサートでしたが、朝から揺られ揺られて船酔いで目覚めました。
酔い止めの注射が即効性があるということで、本番寸前に注射をして頂きました。
本番のテンションと注射の効果で元気いっぱいに
皆さんと歌いました。
船旅の思い出の中にちょこっとでも刻まれたなら本望です。
今回は残念ながら満点の星を見ることが出来なかったのですが、素晴らしいご縁に恵まれた船旅でした。

私達夫婦は相変わらずにっぽん丸でも地味に部屋呑みを堪能しました。てへ・・・

奥武山 大琉球神楽

投稿日:2017-6-28   カテゴリ:イベント
第二回 奥武山 大琉球神楽 〜天岩戸開きの巻〜
6月25日の日曜に二回公演で行われました。

総勢200人の出演者の中で私は「平和の使者」というメインゲストとしてアマテラスの大役を仰せつかりました。
アメノウズメにはベリーダンサーのIzumiさん、バレエの伊佐まり依さん、琉球舞踊家の大田礼子さん
旧アマテラスとして宮城能造先生、神歌者の島幸子さん、coiーnaさん、与那覇歩さん、語り部の熊澤南水さん、音楽監督には日出克さん、古武道太鼓集団 風之舞、沖宮旗頭保存会、由絃會、玉城流玉扇会、
慶良間太鼓同志会、ニヌファ太鼓、琉球インターナショナルバレエ、天行鍵中国武術など早々たる出演者を演出した安田辰也さん。
200名全員が集合できたのは前々日の23日でした。
ミュージシャンとの音合わせ、ステージの場当たりなど2日間のリハーサルでよく本番を迎えられたと
皆さん本当に素晴らしいチームワークでした。

沖縄のアーチスト達から愛されるマドンナというブランドの羽織を着せて頂いて、アマテラスという大役で「MAYA」の歌でステージの真ん中を颯爽と登場するシーンは圧巻でした。

神唄者の島幸子さんが歌で神を降ろすシーンでは
アメージンググレイスのメロディーに島さんの神への祈りの歌詞をつけて頂いて、ツラネという祈りの琉歌とコラボレーションしました。

神楽という祈りのエンターテインメントをもっともっとたくさんの方へ届けたいと心から思います。

天岩戸開きはそれぞれの魂の成長、心の天岩戸開きへと導いてくれたと信じております。
あまりに大役過ぎて、何度も魂が飛び出そうになるくらいでしたが、私の人生の中でこれほどの大きなステージ でこれほど沢山の方々の中で主役をさせて頂けるというのははじめての出来事でした。

神様、出演者のみなさま、そして草の根でチケットを売ってくださった実行委員のみなさま 、足を運んで下さったお客様、本当にありがとうございました。

もっともっと精進して、この神楽をさらに多く方に
観て頂けるご縁へと繋がりますように・・・。

こころ唄 Best&Cover30

投稿日:2017-6-21   カテゴリ:ミュージック
本日6月21日 沢田知可子デビュー30周年記念アルバム「こころ唄 Best&Cover30」が発売されました。
雨ではありましたが、今朝はfm世田谷に生出演させて頂くことができました。
fm世田谷のテーマソング「明日来る街」を20年変わらずに流して頂いてまして、このご縁に本当に感謝の想いでいっぱいになります。

30周年記念アルバムは30曲入りの2枚組となっております。新曲は7曲、COVERは10曲。
「幸せになろう」からはじまって、沢ちひろさんと8年前につくった「冬のほたる」をこの度、ご遺族さまのご推薦で収録させて頂けたことが夢のようです。
岡本真夜さんからの楽曲提供、そしてピアノの演奏含め一緒にレコーディングできたことも素敵な時間でした。
水泳選手、瀬戸大也くんへの応援を込めて作った
「奇跡のダイヤモンド」ではものすごいバイオリニストがサプライズで演奏して下さいました。
アラフォーコンサートでお馴染みの辛島美登里さん、杉山清貴さん、中西保志さん、中西圭三さんと「夢で逢えたら」をア・カペラレコーディングしました。
大好きなショーロバンドのROSA ROXA(ホーザホーシャ)紫のバラという意味だそうですが、
Cover曲として、「YaYa〜あの時代を忘れない〜」
「My Revolution」「桃色吐息」などをレコーディングさせて頂きました。
アーチスト エバラ健太さんのアレンジで「Pride 」「ロビンソン」「どんなときも」もとてもお洒落に仕上がりました。
沢田知可子の30年の歩みをどうぞ応援宜しくお願い申し上げます。

只今プロモーション月間中です。

投稿日:2017-6-14   カテゴリ:テレビ&ラジオ
いよいよ6月21日のアルバム発売に向けて
プロモーションなどでラジオ番組やテレビなどにも出演させて頂いております。

昨日は久しぶりに福岡で福岡県倫理法人会 設立35周年記念でミニコンサートをさせて頂きました。

ぜひとも出演スケジュール情報をチェックして頂けると嬉しいです。

ラジオ番組では久しぶりにバイオリニスト高嶋ちさ子さんの番組に出演させて頂き、数年ぶりとは思えないほど毒舌かわいいちさちゃんと沢田の自虐ネタで盛り上がりました。
鈴木康博さんのラジオ番組ではやすさんのギター演奏とコーラスと共に「YaYa あの時代を忘れない」を
一緒に歌いまして、そのハーモニーの美しさに鳥肌が立ちました。
ジャズシンガーの五十嵐はるみさんともいつか一緒にジャズに挑戦させて頂く約束をしたり、
シンガーソングライターの八神純子さん、堀江淳さん、千宝美さん、そして演歌歌手の大石まどかさんの番組にもお世話になりました。
なんと千葉TVではぴんから兄弟の宮路オサムさんにはじめてお会いして、わくわくしました。

私もかつてラジオのレギュラー番組など持たせて頂いてましたのが、みなさんそれぞれの番組をとても永く継続されていて、凄いな〜って想いました。
ちさちゃんは13年。皆さん10年以上継続されている番組ばかりでした。
私もまたラジオ番組やりたいな〜♡

あるてリッカしんゆり芸術祭2017

投稿日:2017-4-23   カテゴリ:うたセラピー
アルテリッカしんゆり芸術祭が4月22日から5月14日まで行われ、ジャンルを超えた30演目37公演の一つとして、昨日は新百合21ホールで
デビュー30周年記念「こころ唄コンサート」を行いました。
13時にはホール入りしていたので、まさかあんなにどしゃぶりになるとは・・・。
雨の中、足を運んで頂いて本当に有り難かったです。

18時開演の第一部では、「幸せになろう」「ハレルヤ」そして歌セラピーの時間旅行の入り口である「初恋」を歌いました。デビュー30周年のアルバムにも入るシングルメドレーを5曲歌い上げ、ゲストの中西保志さんをお迎えして、究極のデュエットソング「 Endless Love」そして名曲「最後の雨」を歌って頂き、「幸せのドア」をデュエットしました。

「俺も気づけば25周年」と中西保志さんとの長きご縁に心から感謝のデュエットタイムになりました。

第二部のオープニングには高田ファミリーゴスペルクワイヤー85名がステージに登場して、「いのちからのおくりもの」を歌いました。高田三郎さんの奥さまが私の高校時代の同級生で、三郎さんは私がデビューする前に私のデモテープを当時の事務所で聴いてたという不思議なご縁で繋がっていました。
ご縁に心からの感謝して、「いのちからのおくりもの」はレコーディングでもクワイヤーコーラスに参加してもらいました。

今回の目玉商品としては、30周年のチャレンジの一つとしてゴスペルに挑戦!という課題を叶えるべく「Joyful joyful」という映画天使にラヴソングで有名なナンバーに挑戦させて頂きました。

そしてアンリミテッドトーンの土居康宏さんがコンサートに来てくれると連絡があった瞬間に飛び入りゲストに登場してほしいというお願いを快く受けて下さいまして、難しいラップを歌ってくれました。
「Joyful joyful」の練習はまず英語の発音を一度個人レッスンを受け、クワイヤーメンバーであり
同級生の由美ちゃんは帰国子女なのでめちゃめちゃ発音もよく、ラップも土居くんと一緒に歌ってくれました。
「Joyful joyful」を歌い終わった瞬間の興奮はもう本当に圧巻でした。
あ〜〜〜〜〜歌えた・・・という安堵感。
もう涙ちょちょ切れました。

「奇跡のダイヤモンド」 この歌は昨年のRIOオリンピックで活躍された水泳選手個人メドレーで銅メダリストの瀬戸大也くんへの応援歌として作りました。数年前、親しくしている瀬戸君のお父様からの宿題として「アスリート達の親の目線からの応援歌」を作ってほしい・・・というリクエストだったのです。
子どものいない私自身にそんな大それた歌を作れるか不安でしたが、実際にRIOオリンピックのレースをお茶の間で応援しながら、彼がメダルを逃した試合を観て、いてもたってもいられなくなって書き上げました。

「いのちからのおくりもの」は昨年宮城県岩沼市の保護観察官であり、DJや本も書かれている大沼えり子さんから全国の少年院の少年に向けたクリスマスラジオ番組のメイン曲を作ってほしいと依頼されて書かせて頂きました。
辛島美登里さん、伊勢正三さん、鈴木康宏さん、エバラ健太さん、藤岡友香さん、など賛同して頂いたアーチストたち共に地元の市民コーラス250名も一緒に歌ってくれたこの曲を30周年記念アルバムに沢田バージョンとしてクワイヤーチームとレコーディングしました。

「いのちからのおくりもの」と「奇跡のダイヤモンド」は陰陽の関係にあります。
道しるべなき迷える青春とアスリートを目指して生きる青春と、どちらも若さゆえの葛藤があります。
この歌を歌いながら、私自身が大人としてどう生きるかを問われるべく、背筋が伸びる歌になりました。
大げさですがサンタクロースみたいな大人になれたら素敵だと願いを込めてつくりました。
真剣に世界平和を願える大人になれたらと、照れもなく真っ向勝負な歌詞です。
だからこそクワイヤーの皆さんの魂の歌声に助けて頂きました。

きっとそんな想いが今回のコンサートを聴いてくださった方へ届いたのではないだろうかと想うほど、
昨日の拍手はとってもとっても大きかった・・・。

沢ちひろさんへの感謝と哀悼を込めて、一緒につくった最後の作品「冬のほたる」への想いを話し、
この歌と「会いたい」を続けて聴いて頂きました。

歌セラピーコンサートのラストは「空を見上げてごらん」 と「ありがとう」

そして今回のコンサートを制作としてコーディネートしてくれたのは1990年トーラスレコードでデビューから「会いたい」までのディレクターだった岩永さん。今は子どもや社会福祉などに向けた音楽制作もされていますが、岩永さんがいなかったら「会いたい」という作品は誕生してませんでした。
生粋の音楽ディレクターでした。
今もその情熱は冷めることなくピュアに磨きがかかっていました。
「ここにも本物のサンタクロースがいた・・・」
そんな感じの人です。

最後は女優の音無美紀子さんとの「ありがとう」のご縁のお話もさせて頂いて、感無量な30周年記念「こころ唄コンサート」が終わりました。

そして本日もまたレコーディング頑張っております。

大琉球神楽  奇跡の祭典

投稿日:2017-4-21   カテゴリ:アート
春季例大祭の歌の奉納 奇跡の祭典

6月25日に2017年 第2回 奥武山 大琉球神楽 「天の岩戸開きの巻」の平和の使者として出演させて頂くことが決まったのは、昨年のはじめでした。
昨年の第1回の和太鼓奏者の林英哲さんを平和の使者に迎えて行われた大琉球神楽は250人の沖縄舞踊、エーサー隊、和太鼓と、それはそれは圧巻な神楽に度肝を抜かれました。そしてその神楽のラストで平和の使者の引き継ぎの儀式に出演させて頂き、林英哲さんから大きなまが玉の首飾りをかけて頂き、正式な2017年の平和の使者としてのスタートを切りました。

それからは不思議と沖縄での仕事が入り、
その度に大琉球神楽の主催である沖宮(おきのぐう)での打ち合わせができるというご縁に恵まれております。
今回は佐久本工機さんの企業コンサートに出演させて頂いたおかげで、翌朝は沖宮での春季例大祭で歌の奉納をさせて頂くことができました。
前回は沖縄サンエーのインストアライブのお陰で出演者の皆さんと顔合わせができたり、神唄者の島幸子さんとのコラボレーションのリハーサルでは
奇跡のようにピタリと合って、もう不思議三昧。
まさに沖縄奇跡ものがたりなのです。
これを「お導き」と言うのだと思うのです。

3月に島幸子さんがたまたま東京へいらっしゃるというタイミングに合わせて、「さとうきび畑」のレコーディングに参加して頂けたり、
新曲「冬のほたる」のPVを作ることになり、雪の降らない沖縄の夜の浜辺で舞うダンサーが浮かんで、神楽に出演されるバレエ舞踊家の伊佐マリ依先生に相談したら、快く舞子として引き受けて下さいました。

デビュー30周年のアルバム発売が6月21日、そのタイミングに大琉球神楽が行われるのもこの上ない仕合わせです。

神楽のテーマは天岩戸開きの巻

アメノウズメは、踊りの大好きな神様でした。
そんな中、アマテラスが岩戸にお隠れになりました。
するとあたりは闇に包まれ悪しき神々があちらこちらで災いを起こしました。
そこで八百万の神々は集まりアマテラスを岩戸から出て頂こうと相談し、お祀りをおこすことに・・・
アメノウズメの使命とは・・・
アマテラスの使命は・・・

という神楽にベリーダンス、バレエ、琉球舞踊、エーサー、武術など総勢200人以上の演者とともに大琉球神楽が行われます。
神楽(かぐら)とはまさに神様への奉納祭です。
神聖で全身全霊で舞う神楽でアマテラスを担っております。もうまさに全部を神様に委ねて乗っかるだけです。無になって歌う・・・無我夢中でがんばります。
6月25日はぜひ沖縄へおいでくださいませ〜。

つくばエレガンス 春のライブ

投稿日:2017-4-17   カテゴリ:うたセラピー
4月16日はつくばのカフェ ド エレガンスにて春のライブを昼の部と夜の部の二回行いました。
毎年恒例となったエレガンスでのライブでは、すっかり顔なじみとなった常連さん達に迎えて頂けて、
「ホーム」と言わせて頂いております。
お客様との距離の近さにもすっかりお互いに慣れて、そこも一緒におしゃべりしているような心地よさを感じます。
何と言ってもお食事の美味しさには定評のあるエレガンスですから、いつも以上に胃袋も大きくなってしまいます。
お赤飯を差し入れて頂いたり、エレガントな花束や
手作りケーキ・・・そしてワインと新鮮野菜と若鶏の丸焼きと、たっぷりのお土産を頂戴して帰って参りました。

帰宅してすぐ、自宅スタジオにてTDの作業を泊まり込みでして頂いている、巨匠 梅津さんが「おかえり」って、すっかり住人のように作業中でした。10時過ぎたし明日聴こうということになり、その時間から3人で軽く前打ち上げとなりました。
どんなにヘロヘロでも乾杯しておかないとね。

« 1 (2) 3 4 5 ... 82 »