• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブログ


琉球放送 公開生放送ライブin AEON那覇

投稿日:2019-4-28   カテゴリ:うたセラピー
昨日は沖縄の AEON那覇で琉球放送の公開生放送に14時20分頃から出演させて頂きまして、35分のミニライブを行いました。

今年は2月に石垣島でしたので、沖縄県には二度目の訪問となります。
沖縄に行くたびにアテンドして下さるさとみちゃんのお出迎えで本番2日前に沖縄に入りました。
お友達のユタさんとランチをして、琉球八社の一つである末吉宮で参拝したのですが、敷地に入るなりぐるぐると目眩がして、パワー酔いしてしまいました。こんなの初めてで、「なんかめまいがするよ・・・」と言ったら、同行したさとみちゃんも「私もよ〜」と。小野澤は「俺は大丈夫」とシレッとしておりました(笑)
お社で手を合わせていると、神様蝶々と呼ばれる掌ほど大きな羽根の蝶々がひらひらと現れて、歓迎してくれました。この神秘性に毎度心を奪われるのです。孔子を祀る至聖廟へも参拝し、新たなる歌のお知恵を拝借したいとお願いしてきました。
翌日はまた新たなるヒーラーさんにお目にかかり、前世なども視ていただきまして、そこからのいろいろな気づきを教えてもらい、魂の収穫を実感しました。
再び琉球八社の波上宮へ参拝して、偶然にもまた
ユタのお友達に再会して、不思議過ぎるご縁です。八社の3箇所目は2017年に大琉球神楽で平和の使者として出演した沖宮の宵宮祭の式典に出席しました。2020年の2月に行われる大琉球神楽の平和の使者であるアーチスト日出克さんの奉納の歌も聴けて感動しました。神唄者で心より敬愛する島幸子さんとの再会は自然と心弾み、彼女の天命の言霊はお会いするびにホンモノだ〜と感じます。
修行のような沖縄の旅は魂を磨きたい一心で
ご縁のままにタイムスケジュールが決まって行きます。行き当たりばったりのようでいつも導かれ
ていると実感します。この充実の2daysからのAEON那覇のミニライブでしたので、私自身のテンションというか心持ちの高さは天にも昇るようで、ましてや会場には神人(かみんちゅ)が勢揃いで応援に駆けつけてくださいまして、まるで歌の例大祭のようでした。
小野澤には還暦のお祝いにと運気上昇の貴重な贈り物まで賜り、もう60歳から完全に飛躍するしかない境地へとなっております。(ちなみに小野澤は只今猛烈な勢いでスタジオの配置換え及び断捨離を決行しております。)
いい曲生まれますように・・・。
今回も有り難い言霊をいっぱい頂いた濃厚な二泊三日の琉球の旅となりました。
沖縄に心より感謝を込めて・・・。

下関Billie2019

投稿日:2019-4-22   カテゴリ:うたセラピー
下関Billie

下関の由緒ある住吉大社の隣にある素敵なダイニングにJAZZ LIVEの空間
Billieがあります。錚々たるアーチストがわざわざこの場所を選ぶのは、この店のプロデューサーである下村さんをうならせたいという思いがあるからかもしれません。
私は今や下村さんはじめ地元の常連さんに助けて頂いている感じで、下関支部決起集会のごとく
「沢田知可子はとりあえず、この場所にちゃんと呼ぶからがんばれよ〜」って、暗黙の了解の域になって参りました。しみじみ嬉しいな・・・だからこそ、小野澤とともにこのメオトの底力を発揮すべく猛烈に集中してがんばりました。
その日は映像がうまく可動できないハプニングで、リハーサルで急遽選曲をガラッと変えて、夫婦ならではの阿吽の呼吸でのぞみました。
初対面でこの人のピアノで私はずっと歌って行くんだと直感して、その日に編曲をお願いした
「boy」。自暴自棄と向き合って書かされた「gift」など私の人生に欠かせない楽曲が、気づくと
この歌でうつ病だった自分を変えることが出来ました・・・とご夫婦で来られた男性が深々と頭を下げて下さって、私こそこの言葉でどれほど心が救われることでしょう。
小野澤のソロ「青春の影」も好評で、唐戸市場を仕切っている女将は翌朝
市場に行くとお寿司をサービスして下さいました。
下関在住の仲間で日舞の師範である翔源之朗こと賢太郎が地元のお友達をたくさん誘ってくださったお陰で、なんとかいい感じで拍手もみなさんが力一杯送って下さいました。
本当に有難い・・・もう本当に人情の賜物ライブでした。
そしてなんと打ち上げでは、下関ではお馴染みの古賀御夫妻、細川さんから小野澤へ還暦のお祝でワインとデコレーション風船をご用意して頂きまして、もうなんと言っていいのでしょう・・・
幸せもんな60歳です。益々いい男にならねばね・・・あっちゃん。
ホテルに戻ってしみじみこの幸せを噛み締めてお喋りしているとスーツケースに足が引っかかりまして、すってんころりん!酔っ払いの勲章、お尻にアザができてました。
下関Billieでまた会いたい・・・

青春のベストヒットコレクションin東北

投稿日:2019-4-16   カテゴリ:うたセラピー
中西圭三さんとのジョイントコンサート「青春のベストヒットコレクションコンサート」が福島県郡山市、宮城県仙台市、岩手県北上市と3カ所行われました。昨年から通算18本目になります。
すっかり息の合ってきたデュエットナンバーを第1部ではドドドっと歌い上げます。
中西圭三さんは宝石のような名曲が生まれた時代とおっしゃる通り、歌うほどに名曲のエネルギーが身体に沁み渡ります。

郡山では歌う海賊団ツ!の船長とナナさん、
FM喜多方の小田切さん、喜多方プラザホールのしのちゃんが応援にいらして下さいました。
移動日には東京で音楽番組「Artist 」の収録に戻り再び仙台へと向かいました。
小野澤の親戚が鮭とイクラのはらこ飯を手作りで差し入れして下さって、コンサート終了後に圭三さん、ギタリスト長谷川友二さんと部屋のみ打ち上げとなりまして、圭三さんが牛タンを差し入れてくれて、至福な打ち上げでした。

サイン会で聞ける感想がいつも励みになります。
「会いたい」を待ってました・・と、「幸せになろう」はカラオケの十八番ですと・・、「亡くなった主人と一緒に聴いていました・・」と
一言の温もりにどれほど心は救われるでしょう。
お陰様でどこも満員御礼で、中西圭三さんはじめスタッフの皆さんにも毎回感謝の気持ちでいっぱいです。
特に北上市ではサプライズで小野澤の還暦バースデーを祝って頂き、友二さんのギターで圭三さんが「Happy birthday」を歌い、不二家のペコちゃんに祝 還暦と書かれた苺のデコレーションケーキ
スタッフ一同からの真っ赤なパンツと靴下と・・。私にも内緒にしていたのは、たぶんソワソワしてバレそうだから・・・と、おっしゃる通り、知らなくて嬉しかったです。
嬉しい驚きは本当に心が踊りました。
ありがとうございました。
また9月から少しリニューアルしてコンサートツアーがはじまります。どうぞまた応援にいらしてくださいませね。

新潟プレミアムサロン

投稿日:2019-4-16   カテゴリ:トラベル
新潟プレミアムサロン

月に一度の第三月曜に表参道・新潟館ネスパスで新潟の上質をもっと「自慢」します…ということで、「にいがた観光特使」という名刺を配りに行って参りました。
名刺交換に喜びを感じながら、新潟の魅力をいっぱい紹介して頂きました。
最初にご挨拶させて頂きましたのは新潟県知事の花角英世(はなずみ ひでよ)知事。
「会いたい」の沢田知可子でございます・・・とご挨拶すると、「ちゃんと存じております 笑」と素敵な笑顔で優しくお話しして下さいました。20畳ほどのサロンを囲むように設置された新潟のお米、お酒をはじめとしたプチ観光ツアーをしているような、楽しいひとときでした。
私としてはやはり中越地震復興ライブのご縁からはじまった長岡大花火の自慢をさせて頂きました。長岡花火のTV中継で花火の解説をされていた山崎まゆみさんにもお会いできて、ぜひ今度じっくり花火のお話しを語りいらして下さいと、アフタヌーンパラダイス水曜のゲストにお誘いしました。雑誌「自遊人」の編集長の岩佐十良さんは南魚住に移住して実際に「自遊田」というお米ブランドも立ち上げ、地域活性化にご尽力を注いでおり、とても魅力的な方でした。
女性のきき酒師で村山和恵さんが主宰する「にいがた美醸」も美しい日本酒でした。
歌声を届ける旅は多々あれど、覚悟を決めておとなの修学旅行を決行しないと、その場所の魅力に中々気づくのは難しいのですが、せっかく新潟の観光特使というお役目を頂いているので、
LIVE &Sightseeing in 新潟 をもっともっと堪能して参りたいと熱望しております。

西城秀樹さんからの贈り物

投稿日:2019-3-22   カテゴリ:ヒューマン
3月は身も心も大忙しで、素晴らしいご縁がたくさんありました。
山梨では原田真二さんと辛島美登里さん。JA横浜のイベントではつのだ☆ひろさん、麻倉未稀さん、石井明美さん。東日本大震災からの8年目の3月11日のラジオ特番として、岩手県大船渡で岸田敏志さん、岡野美和子さんと生番組があり、不覚にも「会いたい」で泣けてしまいました。そしてアラフォーコンサートでは辛島美登里さん、中西圭三さん、中西保志さんと埼玉県飯能市でご一緒しました。明日から鹿沼市、小牧市でもご一緒します。
また披露宴にも招かれまして、私のデビューのきっかけとなったライブハウス、ランタンのご子息で音楽クリエイターとして活躍中の小川智之くんの披露宴では、彼が作ってくれた「生まれ変わっても恋をして」を歌いました。
原宿少年少女合唱団40周年式典では総指揮の瀬戸典子先生のために作った「ありがとう」と子供達と「空を見上げてごらん」を・・。
立川談慶さん、INSPiと12月にさいたま文化センターでのア・カペラ落語をやることになって、打ち合わせが物凄く盛り上がってワクワクしました。
やっとア・カペラ「会いたい」をINSPiと歌える日が来ます。(涙)
ラジオでは竹本孝之さん、藤田恵美さん、ガレッジセールさん、由紀さおりさんにお会いできました。小野澤 篤がアレンジを手がけた双子ユニットVOICEの新曲「昨日からの手紙」の発売して、打ち上げも楽しかった。
悲しいお別れもあって、心がジェットコースターのように急降下した翌日には大好きな舞台、島田歌穂さんのダウンタウンフォーリーズで思い切り笑って、すぐまた心ここに非ずになって、一喜一憂の日々の中、台湾風水で開運を願いプチリフォームもはじまって、これまたてんてこ舞い!
忙しさに救われながらの昨日のスポニチの記事でした。西城秀樹さんに書かせて頂いた「遠き恋人の君」が10年目にして発売されるという・・。
これはデュエットソングで、西城秀樹さんのバックコーラスとして活躍されてきた姉妹ユニットMILKのRieさんと秀樹さんがデモテープで歌われた作品がとても評判がよくそのまま発売されるということになったと、お姉さまの律子さんからメールを頂きました。Rieさんも律子さんも数多くの作曲をされていて、増田恵子さんの「奇跡の花」も一緒に作らせて頂きました。
秀樹さんはMILKの2人の歌声と楽曲の才能をそれは高く評価されていました。
律子さんとのご縁で秀樹さんのコンサートに行かせてもらった時、楽屋見舞いを遠慮してしまったまま、それが最後のコンサートになってしまいすごく悔やみました。
もうすっかり諦めていた作品でした。
ましてや今月はジェットコースターのような心模様の中、大きな光で梯子をかけてもらったような私にとっても奇跡のニュースでした。
これは絶対西城秀樹さんからの贈り物です。
そう思わせて頂きます。
「遠き恋人の君」・・・秀樹さんとの楽曲の打ち合わせは夢のようなロマンチックなお話しを伺えた時間でした。もちろん夫と共にですけど(笑)
卒業式を迎え、新たなる道への指針となった今月の終わりには夫が還暦を迎えます。
さ、がんばりましょう!

大人の修学旅行in八重山

投稿日:2019-2-19   カテゴリ:トラベル
コミュニティFM石垣島サンサンラジオ主催のバレンタインコンサートが2月16日に行われて、その達成感の余韻に浸りながら、恩師砂押先生や沖縄からの友人、地元の有志達と総勢15人ほどで石垣島という居酒屋さんで夜10時から午前3時まで打ち上がりました。島の夜は長いのです・・・。
沖縄では「締めのステーキ」という言葉があるほど、散々呑んで歌って、ラストでステーキという逞しいお人柄。もうあっぱれでした。
翌朝は11時には港に集合して高速フェリーでいざ竹富島へ。大人の修学旅行が始まりました。
メンバーは石垣ヨシユキ君と観光案内として石垣君の友人のしんちゃん。神人(かみんちゅう)の瞳さん、真理子さんご夫妻、バレエのまり依先生とフラのドキ先生と夫と私の9名で渡りました。
神人の瞳さんが竹富島に上陸するなり「ほら、弥勒様が迎えてくれてるよ」と空を見上げて言いますが、全員ぽかーんとしています。視えるってどんな感じなんだろう・・・。
9キロで一周できる小さな島ですが「神の島」と言われるほど竹富島は弥勒様に守られているそうです。その日に帰る沖縄組の皆様とお別れして、
私と夫は星のやという宿にチェックイン。
満点の星を観測するのが目的でしたが、19時にバタンと倒れるように寝て、夜中の1時に起きてずっと空を見上げていましたが、分厚い雲に覆われてついに星は一つも見ることが叶いませんでした・・・涙。
翌日は石垣島の港でしんちゃんが出迎えてくれて
島巡りをかって出てくれました。
なんとしんちゃんの奥様はリカティモール(海へ行こうという石垣島の方言だそうです)というアーチストで、石垣君とも一緒にライブをされていて、砂押先生ともご縁があって、10年前にお会いしていた美帆ちゃんだったのです。本当にご縁って凄いです。
そのお陰でしんちゃんはわざわざお休みをとって島を案内してくれたのです。川平湾ではグラスボートに乗って、青い珊瑚礁を見ました。ステーキのたんたん亭ではやいま牛を堪能し、石垣島の岡本太郎のごとくのシーサーがいっぱいのパワースポットや、パラグライダーが飛ぶ丘の上からの絶景に大感動でした。シャッターを触ってないのに急に連写がはじまって、それが何回もあって、よく見ると不思議な光が写っていて・・・瞳さんに転送したら「これは凄い写真よ!」と太鼓判を押されたほどの奇跡の場所でした。神ってました!
満点の星は次回へのリベンジということで、
また絶対に石垣島へと行きたいと思うほど島人に島中に魅了された旅でした。
本当にありがとうございました。

石垣島バレンタインコンサート

投稿日:2019-2-19   カテゴリ:うたセラピー
8年ぶりに石垣島でのコンサートが叶いました。
2月16日ANAコンチネンタルリゾート石垣島のボールルームにて300人近いお客様に迎えて頂きまして、心からホッとしました。
ほんの2週間前まではその半分くらいしかチケットが売れていないとのことで、石垣島へ移住している中学の時の恩師砂押先生から血相変えて連絡を頂きました。
「おい、ちかこ!お前本当にコンサートやるのか?綾小路きみまろのポスターは島中に貼ってあるのにお前のは一枚も貼ってないぞ!」と。
「俺が貼ってやるからすぐにポスター寄越せ!」
そこからてんやわんやで先生の車にもチラシを貼ってにわか宣伝カーで島中回ってくれたそうです。もちろん主催者のサンサンラジオさんも拍車をかけてプロモーションして下さって、当日には倍になっておりました。
もう本当にドキドキしましたが、結果オーライで安堵と感動の石垣島コンサートになりました。
主催のサンサンラジオの皆様、砂押先生、ポスターを貼らせて下さった各お店の店主様本当にありがとうございました。

コンサートのゲストに迎えたのは地元のシンガーソングライターの石垣喜幸くん!
「月の歌薬」と「gift」を一緒に歌ってくれました。彼とのご縁は「会いたい」のディレクター岩永さんがプロデュースした事がきっかけで、
8年前の石垣君のアルバムに「月の歌藥」をcoverしてくれた事で、凱旋コンサートのゲストとして石垣島へ一緒に行かせて頂きました。
歌が上手いのは当たり前なんですが、なんともネイティブな石垣特有の倍音が素晴らしい歌い手です。今回はコンサートが終わって、翌日は竹富島も案内してくれて、たっぷりとご一緒して、さらにその人柄にも魅了されました。
6月7日には東京でライブをするそうです。
今回の旅はコンサートの達成感はもちろんのこと、大人の修学旅行としても充実した旅となりました・・・・つづく。

南紀白浜アドベンチャーワールド

投稿日:2019-1-9   カテゴリ:トラベル
水春松井山手の初歌ライブの翌日は夫婦でプチ旅行に南紀白浜のアドベンチャーワールドへと行ってきました。昨年8月14日に誕生したパンダの赤ちゃん彩浜ちゃんに会えました。
昨年はじめて行ったアドベンチャーワールドがすこぶる楽しくて、また行きたいな・・・と思っていたら、目の前のホテルを紹介して頂ける事になり、思い切って再び行ってしまいました。
1万歩歩くぞ!とばかりに動物園、イルカショー
水族館と隅から隅まで歩きました。
パンダは6頭もいてたっぷりと癒されて参りました。ここは大人も笑顔を取り戻せる最高のセラピーとパワースポットです。
イルカショーではウルウルして、また会いたいと思わずにいられないほど感動します。
もうクタクタになるほど歩いて、温泉とお食事で大満喫して早寝早起きして、なんと健康な私・・・と思っていたら、寝過ぎて首を痛めて今めちゃめちゃ首が回りません。
やっぱりプラマイゼロでした・・とほほ。

2019年初LIVE

投稿日:2019-1-9   カテゴリ:うたセラピー
明けましておめでとうございます。
今年は2日から初仕事としてエフエム世田谷、全国コミュニティfmをネットする「アフタヌーンパラダイス」の生放送からはじまりました。
6日は「水春松井山手」というSpa&Hotelでのコンサートでした。
アンリミテッドトーンのドディがプロデュースするイベントとして新年のLIVEにお招き頂きました。せっかくドディも現場に来られるわけですから、ぜひともコラボして頂けませんか!とお願いしたら快く引き受けてくださいました。
ギター演奏も含めて「言葉じゃなくても」をしっかり練習して来てくださって感動しました。
「幸せになろう」「明日があるさ」と3曲のコラボが叶いました。
水春松井山手はオープンしたばかりで、オーナー親娘がとても素敵でフットワークが軽くて、経営者としてのismがとても素晴らしかったです。
そんなお二人に信頼されているドディも頼もしく、幸せな時間を共有させて頂きました。
今年も夫婦二人三脚で精一杯頑張りますので、何卒応援よろしくお願い申し上げます。

アフタヌーンパラダイス 水曜日忘年会

投稿日:2018-12-29   カテゴリ:テレビ&ラジオ
この4月からスタートさせて頂きましたエフエム世田谷、全国コミュニティーエフエムをネットする
ラジオ番組「アフタヌーンパラダイス水曜日」のパーソナリティーを担当して9ヶ月・・今年最後の放送が26日でした。
アーチストのエバラ健太君がゲストに出演してくれて生演奏してくださって、癒しの倍音に包まれました。
16時台には以前この番組に出演してくださった麻倉未稀さん、石井明美さん、五十嵐はるみさんも集合しておしゃべりで盛り上がり、番組終了後はそのままアフパラ男子 蒼山慶大さん、宮口ディレクターとマネージャーも参加しての忘年会となりました。

選りすぐりの酒豪女子です。
この日のために4日間も禁酒をしていた石井明美ちゃんが可愛く壊れて行きました。そしてニコッと微笑みながら「もう帰りたい・・・」と言った一言で
忘年会はお開きとなり、まだまだ序の口の五十嵐はるみさんとアフパラ男子はそのまま二次会へと突入し、さすがに私は小野澤と千鳥足で帰りました。
ビシッと何も変わらない麻倉未稀さんは東京のホテルを予約しており、翌朝からのTVのお仕事へと向かわれました。
酒豪会で上には上がいることを知りました(笑)

いよいよ30日の恵比寿アートカフェフレンズが歌い納めライブです。
またその後飲んじゃうんだろうな・・・(汗)

(1) 2 3 4 ... 87 »