• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

ブログ


山形のうたたび

投稿日:2018-8-28   カテゴリ:イベント
8月25日 土曜の夜は山形県南陽市の南陽市中央花公園の広場で「YBCラジオスペシャル あかり絵 第13回 TRY!」イベントで野外コンサートを行いました。
8月26日 日曜は朝から山形放送の24時間TVとしてリナワールドでTV中継で歌わせて頂き、午後13時からは同じ場所で「歌唱王」山形予選会の審査員として16人の出場者から8人を選ぶという審査を小野澤と共にさせて頂きました。

25日の南陽市にある熊野神社は東北のお伊勢さんと呼ばれるほど由緒ある神社で、絵馬が風鈴になていて、沢山の風鈴の音色に癒されました。
お願いしたのは「どうぞこの地にご縁を結んで頂き、沢山の方に歌を聴いて頂けますようの・・・」と。
そして「せめて野外ライブの時間は雨はちょっと鎮まっていてください・・・」と。
白竜湖もある南陽市のその名の通り、そうは問屋が卸さない。野外ライブの最中に雨は一緒に歌うように降って降って降りまくりました。
たまに収まって、傘をたたんで落ち着いてきたと思いきや、「会いたい」になったらまたどひゃ〜んと雨になり、急いで傘をさすそのお客様の慌てように
私も動揺してしまいまして、かなり久しぶりに歌を間違えました・・・・汗と涙
記憶に残る野外ライブとなりました。

翌、26日の24時間TV 山形も雨・・・。
野外ステージ2日間とも雨となりますと
「雨オンナでごめんなさい・・・」とつい口にする心境でした。
 すると女子アナウンサーさんが、「山形は大変な水不足でしたから、これは恵の雨なんです。沢田さんありがとうございます・・・」と。
もう、嬉しさと、しのびないのと、ありがたいのとで、
雨の中、かなり開き直りのハイテンションで頑張らせて頂きました。
歌唱王に出演された皆さんも、こよなく歌を愛して
その声質の良さは本当に感動しました。
全国大会に一人だけ出場できるとのことで、楽しみにしております。

ここでちょっと余談なんですが、昔近所の公園で屋台ラーメンをしていた方になんと20年ぶりくらいに再会しまして・・・。20年前その屋台にたまに行ってたんです。童顔で人なつこい店主と仲良くなって山形出身だから山形くんと呼んでいたのですが、
「あの屋台ラーメンによく来て頂いてんですが、覚えてますか」と声をかけられ、童顔な面影がそのままで
とてもとても嬉しい再会でした。
ほんの2分くらいしか話せなかったのですが、その短い時間に彼の壮絶な人生を聞き、お互いに目を潤ませながら、また絶対会いに来てね〜と。
Oちゃん、負けないで頑張ってね。
また山形でのコンサートに会いに来てくださいますように・・・。

GO GO!バースデーコンサート

投稿日:2018-8-7   カテゴリ:うたセラピー
宮崎県新富町文化会館で迎えた4日誕生日は
宇崎竜童さんと杉山清貴さんとのジョイントコンサートでした。会場の皆様に誕生日の歌を合唱して頂いて感無量の誕生日ライブでした。杉山清貴さんの安定したギター弾き語りと宇崎竜童さんの粋でちょいワルなコール&レスポンスは会場も私もどひゃどひゃうけてしまいました。
打ち上げでは可愛いケーキでお祝いしていただきまして、そこで宇崎竜童さんに「五十代なんてまだひよっこだぜい」と唄うようにはなって頂いて、なんだかとても若返ったようなパワーをちょうだい致しました。
翌朝はワゴン車移動で鹿児島県出水市へと2時間30分。
出水市文化会館は4年ぶりのコンサートです。地元の皆様のコンサートへの熱意が会場から伝わってくるほど歓迎していただきました。二日間ご一緒して頂いた宇崎竜童さんと杉山清貴さんのダンディな優しさに甘え、
ついつい酔いしれた打ち上げも隅から隅まで堪能させて頂きました。

長岡大花火 2018

投稿日:2018-8-5   カテゴリ:イベント
長岡大花火、何十万の眼差しがこの一瞬、同じ空を見上げながらその輝きを見守る…
空一面のフェニックス花火は、視界からはみ出る全長2キロにも及ぶスケールで、こちらへ迫ってくるほど圧巻でした。
ドーンという低音が心と身体と魂に響いて、
五感いっぱいで花火を浴びると、自然と涙が溢れていました。
ラストから二番目の米百俵尺玉100連発花火は「空を見上げてごらん」と共に物語りを語るように、ゆっくりとまっすぐ空へと打ち上がって行く…そのすべてのシーンに酔いしれました。ゆっくり行こう、夢はあなたを待っててくれるから…そんなメッセージのクライマックスで天使の梯子がかかるみたいに、大きな尺玉が空から降ってくるのです。
米百俵イズムを未来の子供達へ繋いで行こうという想いが込められた花火に、この歌を選んで頂きまして、この上ない感動と感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。