• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ


HAND STAMP ART PROJECT LIVE

投稿日:2014-11-4   カテゴリ:イベント
「文化の日」っていい日だな・・と想う。
意識改革とまでは行かずとも、意識を高めるためのチャレンジをしたいと試みたのは「ハンドスタンプアート プロジェクトライブ」に参加することでした。

HAND STAMP ART PROJECTとは
病院のベッドから世界へ!
HSAPは、障害児の手形スタンプを集めて“世界一大きな絵”を制作し、2020 年の東京パラリンピックのオープニングセレモニーで展示することを目標とするプロジェクトです。

「キミと僕の永遠」をデュエットしてくれたエバラ健太君がいち早く賛同して立ち上げたプロジェクトでもあり、彼はそのテーマソング「いのちの花」を作り各地でのイベントライブを通してこの「想い」の伝道師でもあります。
私もエバラくんと共にその伝道師になりたいと想いました。

おおたわら症候群という難病を生まれながらに診断され、カラダが硬直してしまい、食事さえのどに通るまで大変な思いをしなくてはならない障害です。
日本にどれだけの障害と診断された方を比較すると、日本の糖尿病患者が740万人いるそうです。
そして障害者と診断された方が約750万人・・・。
そのうちの18才未満の障害児は93100人いるそうです。

この障害児を授かったママ達は、その苦悩を分かち合える同じ境遇の親達とご縁が生まれて、さらに気持ちを前向きに生きて行こうとこのプロジェクトを立ち上げました。
そしてその障害児達に関わったオステオパシーの整体師さんはじめ、各病院や企業、アーチスト達と出逢い、この障害児たちがいかに天使からの申し子であるかを私たちに気づかせてくれるのです。
天使の申し子は私達にさまざまな気づきを与えてくれます。
その証拠にHSAPのママ達はみなさんしなやかな強さをお持ちです。豊な母性としなやかなる行動力が生きると喜びとなって、笑顔がとても素敵です。
彼女達に出会えたことに心から感謝します。
2020年東京パラリンピックに向けてのハンドスタンプアートプロジェクトをどうぞ一緒に盛り上げてやってくださいませ。
お力お貸し下さい〜!

中越地震から10年目

投稿日:2014-10-25   カテゴリ:イベント
2004年10月23日17時56分に起こった中越地震から10年目の式典イベントに出演して参りました。
震源地は越後川口の小高い山の段々畑のところにありました。錦鯉を育てていたエリアです。
山古志村では小林幸子さん、長岡アオーレでは平原綾香さん、私は震源地の川口で三元中継もあり、それぞれのエリアを尊重したとても丁寧な式典でありました。絆館が建てられた川口の大きな公園ではキャンドルじゅんさんがプロデュースする若者達のライブコンサートが行われて、そこではそれぞれの願いの短冊をつけた風船が一斉に空へと上がりました。
私もタイミング良くその場所へと辿りつきまして、じゅんさんともご挨拶させて頂きました。
山古志で小林幸子さんにご挨拶して、打ち上げでは平原綾香さんともお会いできて、それぞれのステージを同じ時間に歌い合い讃え合い、素晴らしいご縁を頂きました。
川口小学校6年生一同と合唱した「ビリーブ」と「空を見上げてごらん」では会場に集まってくれた皆さんも10年前のあの地震直後の映像もあって、涙を流されておりました。

想えば私はあの震災後の12月23日に長岡の駅前、(今のアオーレの前です。)産業復興宣言野外コンサートで歌った瞬間から人生が大きく変わって行ったのです。それから毎年のように復興祈願コンサートとして地元企業や有志の皆さまの多大なるご協力を賜りながら、一緒に歩ませて頂きました。
「空を見上げてごらん」を花火大会のエンディングとして流して下さったのもそんな有志たちの思いやりでした。
気づけば長岡応援団にも仲間入りができて、
私の心のふるさとになりました。
この10年を振り返りながら長岡のみなさんとしみじみと打ち上がりまして、また調子に乗って飲み過ぎてしまいました。
有り難い・・・。
ありがとう・・・長岡。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

Sing With Me インストア

投稿日:2014-10-19   カテゴリ:イベント
先週の渋谷さくらホールでのSing With Meコンサートからあっという間の一週間・・・チケットを150枚も頑張って売ってくれた父は目の手術のため入院しておりますが、とても順調に回復しています。
父にはまだまだ生きる力がみなぎっており、見習いたいとつくづく思います。
地元さいたま市の病院近くにめちゃめちゃ安くて美味しい洋食屋さんを見つけたので、またお見舞いに行こうと思います(笑)

ディスクユニオン新宿でのインストアライブはもの凄く狭い空間に30名ほど集まって頂いたでしょうか・・・先週のコンサートとのギャップを埋めるのに心の葛藤がありましたが、お集まり頂いたお客様のお顔を拝見するなり、そんな不安は吹っ飛びました。
20年ぶりに私の歌を聴きにいらしてくださった方もいました。本当にお客様あっての歌手という生業なのでございます。
そして翌日は北九州の小倉チャチャタウンのショッピングモールでのインストアライブは特設ステージが中庭にあって、秋晴れの午後に心地良い野外ライブになりました。
下関からも応援に来てくださったお客様もいらっしゃって、嬉しい再会もありました。
デュエットアルバム「Sing With Me」は素晴らしいアーチスト達が力をかしてくれた作品なので、プロモーションライブを一生懸命頑張りたいと思います。

エバラ健太さんが「キミと僕の永遠」のPVを手作りで作成してくれました。
彼が描いた絵がまたものすごく可愛くて、キュンキュンきてます。

9/29 銀座 山野楽器にて

投稿日:2014-9-19   カテゴリ:イベント
銀座と言えば山野楽器です。
ここでCD買うとなんとなくそのCDに付加価値があるような気分になったもんです。
そんな山野楽器さんがイベントをして下さるというのでありがたいです。
 9月29日 月曜日なのですが 山野楽器各店でご購入されたお客様対象に 沢田知可子のライブ胃ベンとご招待します。
まだあと10日ございます!
どうぞ山野楽器各店にお問い合わせして頂けますれば幸いです。

お問い合わせ 山野楽器銀座本店
03−3562−5051
営業時間10時30分ー20時
火曜、水曜は20時30分まで営業。

どうぞ心よりお待ち申し上げます。

Sing with 池田聡さん

投稿日:2014-8-17   カテゴリ:イベント
昨日は神戸朝日ホールにて池田聡さんとともにコンサートを行いました。
弦のカルテットも含め豪華メンバーでのコンサートをプロデュースして下さったのは木國堂の山下社長。神戸の老舗家具屋さんのオーナーであり、今や彼が企画プロデュースする素敵な家具がオブジェとなったライブは様々なアーチスト達へと繋がっています。
池田聡さんが作詞作曲してくれたデュエットソング「ハレルヤ」も初披露できました。
池田さんが私達夫婦の歌ですと書いてくれたこの歌を歌いながら、「人生は楽しい・・傷つき苦しくとも、あなたと分け合うならこんなにも楽しい・・・・」というフレーズで感無量になりました。

捨てる神あれば、拾う神有り・・・
どんなに傷つけられても、悔しいことがあっても
この歌があるから大丈夫って思えた、今の私への応援歌です。
こんな素晴らしい歌を書き上げてくれた池田聡さんに心から感謝の想いでいっぱいです。
心の底からありがとう・・・・。
でも舞台上ではボケとつっこみの関係なので、
照れくさくて、素直に感謝の気持ちを伝えられませんでしたけど・・・池チャンはやっぱし腹心の友だ!
「ハレルヤ」 大切に歌わせて頂きますからね・・・。
またご一緒できますように・・・・。
池田聡さんとは12月に下関ビリーでまた一緒に歌わせてもらいます〜!

植樹祭 にいがた2014

投稿日:2014-6-2   カテゴリ:イベント
6月1日は新潟県長岡市で全国植樹祭にいがた2014が開催されました。
開会式にて天皇皇后両陛下の御前にて国歌斉唱させて頂きました。
前日の念入りなリハーサルや当日は朝7時には楽屋入りでペットボトルも持ち込み禁止、金属チェックなどさすがにセキュリティーは厳戒態勢でした。
ピンと張り詰めた澄んだ重圧がのしかかる中、
国歌斉唱は沢田知可子さんです…の合図と共に歌い出した1分15秒の君が代…前日リハーサルではお辞儀を忘れてやり直したことで、本番は
お辞儀、お辞儀、お辞儀…と唱えながら立ち位置へと向かいました。ここで緊張したら申し訳ないと腹が決まりまして、その瞬間を噛み締めて歌いました。終わりのお辞儀も頑張りました\(^o^)/
日本を造って行く大切な植樹祭にこのような形で参加させて頂き大変光栄に思います。
植樹祭に関わった皆様に心から感謝申し上げます。
ボランティアスタッフも含めて、ものすごく大勢の方が関わった植樹祭でした。

2004年の中越地震から今年は10年になります。あの地震の震源地になった川口、そして全村民避難となった小千谷と長岡を結んでのイベントが震災10年目の10月23日に開催も決まり、参加させて頂くことになりました。

越後長岡応援団として今年もお役に立てますよう精一杯頑張ります^o^何卒よろしくお願い申し上げます。

GW3 肉フェス

投稿日:2014-5-4   カテゴリ:イベント
駒沢公園で肉フェスだっていうので、体育会系の血が騒ぎまして、中学時代のバスケの先輩を誘って肉フェスへと向かいました。

なんと11時の段階で食券買うのに待ち時間1時間以上で、さらに入場で長い行列になっており・・・先輩の娘さんは妊婦ということもあり、ものの5分並んで勇気ある撤退を選択しました。
夫の素早い、的確な判断、スーパーで肉買って、我が家で肉フェスにしましょう!に即決した御一行はすぐさま駒沢公園を逆行して歩き出しました。
来るわ、来るわ・・・肉フェスへ向かう若人達。
いざ、さらばじゃ!
肉フェスに対抗したスーパーでは本日限り、肉4割引き〜やるじゃん肉フェス!
なんてったって、体育会系の先輩たちとですから
気持ちいいくらい肉フェスを我が家で味わいました。

それにしても今なんかものすごくヤバいアレルギーになる異物が飛んでますよね。
のどが痛くなったり、昨日は鼻炎の痛みがきて鼻水がスーっと流れて、熱はないのに頭痛がすごくて、祭りの後の静けさのごとく夜には寝込んでしまいました。
吞んで、寝込んで・・・・肉フェス 万歳

GW2 INSPi コンサート

投稿日:2014-5-4   カテゴリ:イベント
ア・カペラグループINSPiのライブを下北沢の本多劇場へと観に行ってきました。

立川談慶さんとの「アカペラ落語」を観てからINSPiのメンバーがアカペラで表現してみたい世界にとても興味がわきました。
アカペラで世界と繋がろうと、世界をまわりながら
各国の歌を覚え、ベースパートの吉田くんはモンゴルのホーミーまで習得しました。
ホーミーとは頭蓋国に響かせた独特な音を出す、声の楽器の根源のような音です。
東北震災のときには楽器がなくとも歌を届けられるという自分達の個性をふんだんに活かした活動もされてきました。
「心の根っこ」をテーマに6人のメンバーによる朗読コンサートは脚本家があて書きをしたんだろうと思うほど、それぞれの個性を大きく引き出した物語で、
笑いと涙と美しいハーモニーの展開がとても小気味よく、そしてあまり彼らが前面に出さない喜怒哀楽を立体感のある台詞で絶妙に引き出されていきました。
これほど心根の澄んだ一生懸命な歌を観たことがありません・・・そこにグッときました。
彼らのチームワークありきな我慢強さを逆手に、感情を裸にされても心の根っこが繋がっているがゆえに大いなる絆を感じるのです。
素晴らしいストーリーでした。
あまりに触発されて翌朝メロディー浮かんじゃいました。
INSPiさんのアカペラで大切なあの歌、レコーディングする予定です。
お楽しみに〜!!!

はな・はるフェスタ2014in徳島

投稿日:2014-4-24   カテゴリ:イベント
JR徳島駅から徒歩5分のところにある新町川公園一帯で「はな・はるフェスタ2014」が開催されました。
メインは阿波踊り大会です。
そして今や徳島名物と言えばラーメンということでラーメン展覧会も開催されており、その同じ場所の野外ステージでFM徳島主催のライブに出演させて頂きました。
徳島在住アイドルの上野優華さん、現役女子大生の山あおいさん、名古屋在住シンガーソングライターの藤田麻衣子さんと沢田知可子という全員女性で上野さんが16歳で私は彼女の母よりも年上でした(笑)
このメンバーとスタッフさんとの打ち上げではそれぞれのアーチスト達のよもやま話に花が咲きまして、はな・はるフェスタに相応しい出逢いでした。

前回の徳島はうだつ音楽祭でエバラ健太さん、Kさんとジョイントライブを行いまして、また素敵なご縁となり、徳島は私にとって素敵なご縁があるパワースポットとなりました。
FM徳島の愛溢れるスタッフさんの賜です。
素敵なご縁を心から感謝申し上げます。

ちなみに我が家の近所にせたが屋ラーメンがあって、今回のラーメン博覧会で2位になってました。
打ち上げの後で・・・・どうしても徳島ラーメンが食べたくなって・・・オススメのラーメン屋さんに連れて行って頂きました。
「もう・・・どうにでもなれ〜!」と開き直れるくらい美味しかった。
徳島から沖縄へと行き、この3泊4日の旅で1キロ太って帰ってきました。
沖縄で吞むオリオンビール、泡盛は別格に美味しい。

全労済50周年記念コンサート

投稿日:2014-3-16   カテゴリ:イベント
ホワイトデーには川口リリアホールにて全労済50周年記念コンサートに出演させて頂きました。
第一部ではつのだ☆ひろさんと沢田知可子
のコンサートでつのださんとの「ENDRESS LOVE」はパワフルで圧巻でした。
メリージェーンではミラーボールが会場いっぱいに廻って、それだけでブラボーっ!!て叫びたくなりました。
第二部では全労済メインキャラクター中村雅俊さんのコンサートが行われました。
飛び出せ青春・・・俺たちの朝・・・夕陽丘の総理大臣・・・もう数々の青春ドラマの主人公を演じてこられ、そのたびに名曲が生まれ、そのヒットソングを次々と歌って下さるわけですから、もう最高でした。
「花は咲く」も歌われており、一緒に歌わせてほしかったな〜なんて想ったりして・・・。
つのださんのパワフルで軽やかなステップの華のあるステージ、中村雅俊さんの永遠の王子さまのステージと堪能して参りました。
中村バンドのドラム清水さんはその昔ご一緒させて頂いた事があって、久しぶりの再会で楽屋で死ぬほど笑い合いました。
音楽界の古田新太と言っていいでしょうか・・・。
一言一言が笑いをとれる芸人ドラマーです。
今はその魅力をKANさんのステージでも磨きをかけれているらしく、今度ぜひKANさんのコンサートに行きたいと思います。

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 15 »