• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ブログ


ディナーショー♪

投稿日:2015-12-16   カテゴリ:イベント
青森の十和田市にある富士屋ホテルにて杉山清貴さんと共にディナーショーを行いました。
一昨日前は名古屋JAコンサートでご一緒したばかりの杉山さんは翌日も東京で企業イベントのコンサートをされてそのまま新幹線で青森まで移動されて、
本当に「The・師走」でございます。
どれほどライブが続いても疲れを知らない声帯の杉山さんの歌声は本当に包容力が溢れております。
「言葉じゃなくても」のデュエットは鳥肌でした。
お客様も大いに盛り上げてくれまして、お酒が入っているからでしょうか・・・いっぱい笑って、いっぱい泣いて・・・最高に幸せなディナーショーになりました。

十和田市は千円札の新渡戸稲造さんの祖父で南部藩の重鎮が開拓されて十和田湖から奥入瀬川を通じて水を引いたことにより「十和田市」という名称になったそうです。久しぶりにゆっくりと街を散策しながら、神社にお参りしたりしてあらためて新渡戸稲造さんを知り、千円の重みを実感した旅となりました。
また十和田市にいけますように・・・。

 アラフォー in JAなごや

投稿日:2015-12-13   カテゴリ:イベント
昨日はJAなごや合併15周年記念ウィンターコンサートでAROUND 40memory Concert として辛島美登里さん、中西保志さん、杉山清貴さんと31回目のジョイントでした。
12月は辛島美登里さんにとっては「サイレント・イブ」が一段と輝きを増す季節です。中西保志さんの歌う
ザ・クリスマスソングの心地良いメロディーがなんとなく心をウキウキさせてくれました。
安定感100%の杉山清貴さんのギター弾き語りでも
クリスマスソングが光っていました。
私はクリスマスソングではないのですが「ハレルヤ」を夫婦デュエットで歌いながら今年一年に感謝を込めて歌わせて頂きました。

師走はコンサートのベストシーズンですから、みなさん各地走り回っておられるようでした。そんな私も本日これから青森へと向かいます。明日は杉山清貴さんとご一緒にディナーショーに出演致します。
杉山さんとのデュエット「言葉じゃなくても」を歌えるのがとても楽しみです。

そんな中、練習中なのが12月23日と30日に行う
立川談慶さんとの歌と落語のコラボ企画「芝浜」のテーマソングとリーディングです。
落語界の第九とも言われる、年の瀬の恒例落語
「芝浜」。 談慶さんから「芝浜」は絶対沢田さんご夫妻と一緒にコラボレーションしたい演目なんですと情熱溢れる飲み会で決まった企画です。
まじめな酒を酌み交わす瞬間、必ず夢が生まれるのです。飲み会から誕生した夢は口約束で終わらせないのが長き絆へと繋がる鉄則のようです。
今年もそんな夢企画がどれほど実現したことでしょう。
12月30日の龍雲寺でのコラボは一般の方もご来場頂けますのでぜひとも年の瀬のせわしない時ではございますが、心よりご来場をお待ち申し上げます。

高知龍馬フェス2015

投稿日:2015-11-1   カテゴリ:イベント
高知LOVE&PEACE 高知龍馬フェス2015
〜世界はひとつ! シェイクハンドぜよ!〜

高知県立春野総合運動公園野外特設ステージで行われた龍馬フェスティバル2015に出演させて頂きました。12時から17時30分まで蒼々たるアーチスト達が出演した大きなイベントとなりました。

OTOGIという幕末をテーマに坂本龍馬の視点から歌を歌っている男性ユニットが司会進行をして
1アーチスト20分という持ち時間でそれぞれのライブが展開されて行きました。
三浦和人さん、堀江淳さん、細坪基佳さん、猫のトリオ、鈴木康博さん、ブレッド&バター、ベルボトムズのトリオ、岡本真夜さん、原田真二さんという素晴らしいアーチスト達のステージを堪能させて頂きました。
中でもベルボトムズとはなんと庄野真代さん、サーカスの叶高さん、坂本洋さんによる3人のユニットで40年前にアマチュアバンドとして活躍していた3人という設定で70年代のサイケデリック調な出で立ちで登場しちゃうのですが・・・・寸劇なのか本当なのかわからないくらいその世界にみんなが引き込まれて行くというめちゃめちゃ楽しくて、笑わせて、それでいてハーモニーが素晴らしいという最高にイカしたユニットなのでした。
「青春」ということばが沢山出てくるし、そのことばがどんぴしゃに似合うベルボトムズ。
庄野真代さんのベルボトム姿は少女漫画の世界でした。「決してハロウィンってわけじゃないのよ・・・・」と、赤いカツラが似合ってました。

ブレッド&バターのお二人は年齢を聞いたら驚いてしまうほど声がお若い!
音楽のチカラは若さの源でございます。

何時間もこのイベントを心から応援してくださった
お客様に心から感謝の想いでいっぱいです。
全国龍馬会実行委員の皆さんのホスピタリティーにも心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

長岡フェニックス音楽祭

投稿日:2015-10-26   カテゴリ:イベント
25日 きのうは長岡市アオーレにてフェニックス音楽祭が行われました。
出演は辛島美登里さん、中西圭三さん、中西保志さん、沢田知可子と長岡少年少女合唱団、長岡商業高校吹奏楽部、北陸学園手話サークルとのコラボレーションで盛り上がりました。

中越地震から11年目、復興への道のりを忘れないために、そしてこれからもさらに続く未来創造のために長岡市が発足したプロジェクトとして昨年、節目の10年目からはじまった音楽祭。
ながおか応援団としてお付き合いさせて頂く中、この音楽祭の企画から関わらせてもらいました。長岡少年少女合唱団の天使の歌声とのコラボレーションは「翼をください」を4人のアーチストと共に心洗われる想いでした。
長岡商業高校の吹奏楽はマーチングコンクールでは14年連続金賞の腕前だけあって、それはもう高校生とは思えない安定感。地元長岡の誉れである直江兼続の大河ドラマ「天地人のテーマ」が
オープニングで演奏されました。

今回の聞き所は「W中西」の破壊力溢れる「あずさ2号」
そしてピーナッツあらため落花生だよね・・・とおちゃめな辛島美登里さんとの
「恋のバカンス」「待つわ」
自分で言うのもなんですが・・・圧巻でした。

長岡市のために宇崎竜童さん 阿木燿子さんご夫妻が書き下ろした「故郷はひとつ」と、
長岡復興支援の応援ソングとして歌わせて頂いてきた「空を見上げてごらん」を
出演者全員でお送りしました。
11年の想いがこみ上げて胸がいっぱいになりました。

この日のための音楽制作を頑張ってきた小野澤と私は、長岡フェニックスプロジェクトチームのみなさまと深夜にいたるまで祝杯をあげさせて頂きました。
長岡の人間力に心から感謝の想いでいっぱいです。
私にとって最高のパワースポットです。

夏の終わりフェスティバル

投稿日:2015-9-1   カテゴリ:イベント
8月の終わりはイベントが各地で開催されておりましたが、私は原宿YOSAKOI祭りに出演された瀬戸大也くんの祖母である原宿少年少女合唱団の指導者であり原宿元気連の団長として参加されたYOSAKOI踊りを応援に行って参りました。
小雨の中元気いっぱいに全国各地より参加されたよさこい踊りの舞子達がいろ艶やかに雨を忘れるほど輝いておりました。
その足で次に中野サンプラザへと向かい、「THE GOOD-BYE」の30周年ファイナルコンサートを応援に行って参りました。
夫の小野澤がキーボード奏者としてサポートしました。
確か2年前の夏もデビュー30周年として国際フォーラムへと参りましたが、そのファイナルなんですって・・・・笑 
会場のファン達からすれば、なんでもいいから毎年やってよ〜って、ことなんですけどね。
3時間のライブでほぼスタンディング状態でしたが、ファンのみなさんだってほぼ我らと同世代でしょ〜・・・・タフです! このタフさ大切です。

その翌日は沢田が出演すべく「Nature Lovers 2015」というライブイベントへと千葉県旭市へと向かいました。
このイベントも二日間に渡って開催されており、朝10時からスタートしたライブで私の出番は19時30分。その前のRIOさん 近藤房之助さんのブルースライブのかっこいいこと!!
音楽で覚醒するという心地よさに雨も止んでしまいました。
そして最後は沢田のバラードでまん丸なお月さんも応援に出てきてくれまして、とても幻想的な雨上がりの澄んだ夜の野外コンサートになりました。
フィナーレでは出演者全員でアメージンググレースを歌い上げて、2011年に地震による津波でも沢山被害にあった旭市の犠牲者の方への祈りの歌として捧げました。
その想いや祈りを込めた気持ちがステージのアーチストやボランティアスタッフの皆さんもみな一瞬にして一丸とさせました。
二日間やりきったスタッフ達の安堵の笑顔も素敵でした。

よさこい、グッバイコンサート、ネイチャーラバーズ2015とエネルギーをいっぱい注入して、いよいよ秋へと突入です!

いわき 稲垣潤一さんとデュエット

投稿日:2015-4-20   カテゴリ:イベント
いわき芸術文化交流館アリオスでの稲垣潤一さんのコンサートにゲスト出演させて頂きました。
アルバムSing with Meでデュエットして頂きました、「あなたと出会えた街だから」を稲垣潤一さんと初披露しました。
稲垣さんはレコーディング時以来にもかかわらず、完璧に歌いこなして下さいまして、いつもとても涼しい表情をされていらっしゃるのですが、きっとすご〜く練習してきてくださったのね〜〜〜と思うと胸がいっぱいになりました。
その一生懸命なデュエットは会場いっぱいに届いてくれていたと信じております。
それにしても稲垣潤一さんのコンサートはヒットソングが沢山あって、20代の前半、はじめて自力で購入したパールホワイトのマツダのファミリアを1人乗り回していた時代によく車で聴いた歌ばかりで、
あのファミリアが鮮明に浮かんできて、懐かしい風景に浸ることができました。
「クリスマスキャロルの頃には」も一緒に歌わせて頂き楽しかったです。
稲垣さん本当にありがとうございました。

偶然にも同じホールの別館ではシンガーソングライターのKANさんが弾き語りコンサートをされていて、リハーサル時にご挨拶させて頂きました。
KANさんは独特なワールドを醸しだし、とても興味津々なアーチストです。
知り合いのミュージシャンから聴くKANさん情報は聴くたびに面白く、とても引き込まれる内容で、
いつかご一緒できないかな〜〜と、思っていましたらスタッフさんがご紹介して下さいました。
こういうご縁って、ちょっと不思議でその偶然なタイミングにとても幸せな気持ちになれるものです。

車で3時間のいわきへの旅は素敵なドライブになりました。

宇和島伊達400年祭

投稿日:2015-3-29   カテゴリ:イベント
宇和島伊達400年祭 プレイベントFM愛媛公開録音トーク&ライブに出演させて頂きました。

宇和島藩伊達家400年を祝うトークショーでは仙台市長と宇和島市長、第13代宇和島伊達家当主の伊達宗信さんがご登場。
(ご当主がお若くて、イケメンで驚きでした。)

さとう宗幸さんと共に「花は咲く」で会場の皆さまと一つになることができました。

国指定「名勝」の天赦園では宇和島のゆるキャラである伊達にゃんよが迎えてくれました。
宇和島さんさ踊りや仙台からの踊り手さんを招いてすずめ踊りが披露されました。

宇和島城、伊達博物館、天赦園と宇和島藩伊達家のゆかりの地を丁寧に案内して頂きながら、気分はすっかり歴女の修学旅行となりました。

宇和島と言えば真珠。
前回は真珠のお数珠を・・・。
そしてライブでお借りした真珠のネックレスをなんとサプライズで賜りました。
今回は真珠のイヤリングとプチペンダントをGet。
質の良さは天下一品ですからね・・・の言葉につい心を奪われます。

宇和島のハワイアンなお好み焼き屋さんは二度目とは思えないほど「ただいま〜」って言いたくなるほど
オーナー夫妻があったかいんだから〜♪て歌いたくなりました。いつのまにか最後はご当主までも駆けつけてくださって、アロハ〜な打ち上げとなりました。HAPPY〜Birthday 〜!!あっちゃん!
小野澤のバースデーケーキまで作っていてくれて
サプライズでお祝いして頂いて・・・なんて幸せもんなんだ。
日頃の夫の辛抱強さは、こうやって報われるんですね。心から感謝でいっぱいな宇和島フレンドシップナイトでした。
充実の二泊三日の宇和島伊達400年祭の旅でございました。

3・11チャリティー in 鹿児島

投稿日:2015-3-13   カテゴリ:イベント
震災から4年目の3月11日は鹿児島第一ライオンズクラブ主催の東北震災孤児のためのチャリティーコンサートが鹿児島宝山ホールで行われました。

鹿児島出身のコントラバス奏者森田良平さんを中心に地産地奏をモットーに集結された森田良平ストリングスと共に、中西圭三さん、沢田知可子、そして地元の3つの小学校合唱団総勢120名が集結してのチャリティーコンサートです。

ライオンズの実行委員長である宮之原さんは4年前の震災で両親を亡くされた子供達が集まる施設へ毎年ライオンズクラブから養育費を支援されているというお話を伺いました。1番小さな子が当時3歳。
その子が成人式を迎えるまでこのプロジェクトを継続させるのだそうです。
そしてもっともっと鹿児島出身の音楽家たちを応援したいと目を輝かながら・・・とても素敵な女性です。
全国にあるライオンズクラブの奉仕活動にあらためて敬意を込めて脱帽するばかりです。

120名の子どもの歌声は大人達が自然と涙を流せる時間でした。
中西圭三さんとのデュエットソング「ちいさなて」
はラッキィ池田さんの振り付けダンスをレクチャーしながら、出演者、お客様と一丸となって踊りました。もう、この瞬間が身震いするほどの感動でした。
歌い終わって、かなりの心拍数が上がっていたと思いますが、無我夢中がこんなに幸せなんだ・・・実感できました。
フィナーレは全員で「花は咲く」を東北へと愛を込めて歌いました。
なんて、やさしくて、熱い鹿児島なのでしょうか。

このご縁に心から感謝申し上げます。
参加させて頂きまして、本当にありがとうございました。

気分はアラフォーコンサート

投稿日:2015-3-9   カテゴリ:イベント
3月7日 大阪NHKホールにて日本フルハップのイベントとして辛島美登里さんと中西保志さんと3人で
「Around 40 memory concert」を行いました。

ひさしぶりに集結されたアラフォーコンサートは
メンバーもピアノ、ギター、バイオリン、パーカッション、ベースと充実したサウンドで、「歌謡曲メドレー」「フォークメドレー」を3人で交互にハーモニーもしっかりつけてご披露させて頂きました。
これがまた一生懸命練習した甲斐ありまして、上々な出来映えでございまして・・・このコンサートでツアーできたらいいね〜っなんて、夢が広がりました。

中西保志さんと辛島美登里さんのお初のデュエットソング「つよく・・・つよく・・・」がとても素敵で、
どうして・・・辛島美登里さんが男性アーチストとデュエットするとちゃんと男と女のいいムードが漂うのでございましょうか・・・艶っぽいのです。

中西さんと沢田がデュエットした「幸せのドア」もそれなりに心地良いのですが、いい意味で同志であり、
空気のような年季の入った夫婦像ってところでしょうか・・・。
この微妙な違いを愉しんで頂けたジョイントコンサートになりました。
どうぞこのプロジェクトでコンサートツアーが実現しますように〜!

ワクワク★フェスティバル

投稿日:2015-1-13   カテゴリ:イベント
1月11日に渋谷公会堂で行われた歌う海賊団ッ!のワクワク★フェスティバルにダンスコンテストの審査員として参加し、ラッキィ池田さんのコーナーでは妖怪体操からはじまって、そしてラッキィさんの振り付けて「ちいさなて」を歌って踊らせて頂きました。
海賊団ッ!のクルー隊も一緒にラッキィさんの振り付けパフォーマンスに導かれて、会場の子どもも大人もみんな一緒に「ちいさなて」を踊りました。
はじめての人でもこんなに踊れちゃう・・・ラッキィ池田さんは本当に凄い!まさしくダンスの魔術師です!

なんてなんて幸せな時間だったことでしょう・・・。
会場のファミリー達がみんなで「ちいさなちいさなて〜」って歌って踊ってくれている・・・!
ダンスって本当に大切なエンターテイメントですね。
もっともっと踊りたかった〜!

ダンスコンテストでは優勝したエモーションの母と子二人一組になって30人ほどの親子のダンスパフォーマンスが親子が向き合いながら一緒に踊り、ハグしたり、愛情表現豊で泣けちゃいました。

そしていよいよ歌う海賊団ッ!の船長うっちゃるが繰り広げるミュージカルのようなライブパフォーマンスは会場の子供達を熱狂させました。
その夢中にさせるパワーはもの凄かった。
全国の子供達、そして学校での音楽鑑賞会などにどんどん呼んでほしい大切なメッセージが情熱が溢れています。

「女海賊団っ!チカ姉さんとはアタシのことよ〜〜!」

「会場のみんなも出演者もみ〜んなが海賊団ッ!になってわくわくするの!それがわく フェスでしょう!!」

なんて、セリフまで言わされちゃって・・・楽しかった〜!

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 15 »