• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ブログ


長岡フェニックス音楽祭

投稿日:2016-10-24   カテゴリ:イベント
中越地震から12年目の10月23日は
長岡アオーレにてフェニックス音楽祭が行われました。
今年もホスト役として進行役を担いながら、岡本真夜さん、稲垣潤一さんが音楽祭の大きな華となり、長岡広陵高校吹奏楽部による「天地人のテーマ」「復興」「空を見上げてごらん」の演奏や長岡少年少女合唱団によるライオンキングの「愛を感じて」という難しい歌を聡明に歌い上げて感動しました。
また真夜さんとのコラボレーションはちびまる子ちゃんの「アララの呪文」も楽しかったです。
岡本真夜さん作曲、さくらもも子さん作詞の「アララの呪文」はつくづくいい歌でした・・・・涙。
子どもに贈る歌って、大人からの最高のGIFTだと思いました。ミヒャエルエンデの「モモ」を読んだときの感動が蘇るようなそんな瞬間でした。

第二部では稲垣潤一さんの宝石の歌声がアオーレに集まった2700人満員の空間に響き渡り、長岡のお客様を魅了しました。

2004年10月23日17時56分に会場、出演者一丸となっての黙祷を捧げるという大切な瞬間に向けての音楽祭は
タイムスケジュールとの闘いでもあり、全員が気遣いながら、かなりオンタイムでライブは進行して行きました。
稲垣潤一さんもさらにさらに時間に気配りながらのライブで、黙祷までに10分も早く準備が整ってしまい・・・・
ここからの10分がみんなでチカラを合わせて
繋いで行ったのですが、この10分まいてしまったという嬉しいアクシデントに中、合唱団の高校生の女の子に
震災を体験してから復興の日々をどう思うかという
質問を振りましたら、見事にその想いをしっかりと語ってくれました。
夫の小野澤は無茶ぶりして、タジタジになっていたにも関わらず、本当にこの10分は貴重な震災への想いを語れる時間になりました。
お陰さまで無事に黙祷を捧げることができました。

最後は今年長岡花火大会でも米百俵花火とコラボさせて頂きました「空を見上げてごらん」を出演者全員で歌いました。
今回すごく嬉しかったのは「空を見上げてごらん」のTシャツを全員で着させて頂いたことです。
アーチスト寺本建雄さんのイラストでスタッフ出演者全員に作って頂きました。
稲垣潤一さんもステージで「ボクも着てくる・・」と
おっしゃってくれて、着替えてきてくださいました。

長岡フェニックス音楽祭を大成功させてくださいました
実行委員のみなさんはじめ震災から12年、復興をテーマに絆を深めてきたこのご縁こそが大切な大切な宝物です。
本当に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

ただひとつ心残りは、帯状疱疹で禁酒状態だったということだけです・・・涙。
次回リベンジよろしくお願い申し上げます。

fm愛媛 公開収録ライブ

投稿日:2016-9-26   カテゴリ:イベント
9月25日はfm愛媛開局35周年記念イベント
SOLATOプレゼンツ千宝美のナチュラルブリーズ15th
anniversaryの公開収録がエミフルMASAKIで行われました。
千宝美さんとのトーク&ライブで、まずはトークコーナーがありまして、それぞれのライブの後で、アンコールとして「夏の終わりのハーモニー」そして「Day by day」を二人で歌いました。

千宝美さんがライブではじめてカバーした歌がなんと
Day by dayだったというので、あまりにも嬉しくて、この歌をぜひ一緒に歌いましょうとなりました。
はじめてのジョイントということで、もう2ヶ月前からちゃんとお会いして打ち合わせ食事会、リハーサルと丁寧に何度かお会いしながら、時間差で同じ事務所に所属していたことがあったり、ラジオ制作会社かしわプロに長いことお世話になっていた時期が重なっていたり、なんと言ってもfm愛媛への愛情たっぷりな想いなどいろいろな共通の話題があり、年齢は一回りも下ながら意気投合してとてもうれしいご縁となりました。

私も29周年を10月5日に迎えますが、千宝美さんとのおしゃべりのお陰で、いろいろなことがあったよな〜〜って、歌手人生をじっくりと振り返らせてもらいました。
心を開いて素直に人生を振り返るって、聞き手のチカラもあるのですね・・・。
彼女はラジオ番組を15年も続けてこられている一つの才能であると感じました。
笑顔でとてもナチュラルに心を開かせてくれる才能です。私もそんな彼女の持っている魔法に心地よく巻き込まれてとてもとても幸せな時間をちょうだいしました。
11月1日発売のデビュー15th Anniversary「letter」というアルバムをセルフ・プロデュースで制作されたそうです。またお会いできますように・・・。

雨おんなの都城市高城町

投稿日:2016-9-7   カテゴリ:イベント
8月最後の日曜日は宮崎県都城市高城町の「高城観音池祭り」で野外ライブを中西保志さんと共に出演させて頂きました。

8月終わりは雨とのかけひきとも言えるイベントが多いですが、高城池観音というくらいですからめぐみの雨はかえって良い演出効果にもなりました。
「最後の雨」の中西保志さんですから、雨を呼ぶ男と言われているほど、本来雨おとこなのだそうです。
しかしながら、今回は見事に中西さんのステージは雨一つなく心地よい風も吹きながらでしたが、いざ沢田の番になるや一曲目から待ってましたとばかりに雨が降ってきたではありませんか!
自論なのですが「晴れ女」だと思ってました。
でもそれを口にした瞬間晴れ女でなくなるのです。
この日はつい、調子に乗って「晴れ女」と言ってしまいました。口にしちゃいけないことがあるのですね。
反省いっぱいのステージとなりました。
それでもみなさん最後まで帰らずに応援してくださったお客様に心から感謝申し上げます。
本番中は雨があまにリアルで、申し訳なくてなんだか不完全燃焼でした。
どうぞまたリベンジさせてくださいますように・・・。

長岡大花火まつり2016

投稿日:2016-8-7   カテゴリ:イベント
8月2日、3日と新潟県長岡の花火まつりにて
「空を見上げてごらん」と米百俵尺玉100連発花火との
コラボレーションが叶いました。

二日間ともオープニングアクトとして「会いたい」と「空を見上げてごらん」を生ライブで信濃川に集まった数十万人のお客様に向かって歌いました。
緊張を超えて幸せホルモン夢心地の境地でありました。

アメリカのケネディー大使をはじめ各国の大使も
Let's enjoy Firework!!!とばかりに参加されて、
今年も華やかなVIPがたくさんいらっしゃいました。
まさに平和交流とも言える世界レベルの花火大会です。

長岡花火の象徴でもある「フェニックス花火」は全長2.7キロでギネスにも登録された超巨大花火で今年は平原綾香さんのジュピターをフルコーラスの5分間打ち上がりました。平原綾香さんは長岡でのご縁で、今年もお会いできてとても嬉しかったです。

地元長岡のヨネックスも青と緑のイメージカラーで圧巻でしたし、大河ドラマで直江兼続の「天地人」もドラマティックでした。
威風堂々 芸術的な花火がとにかく沢山打ち上げられました。そのクライマックスで米百俵尺玉100連発花火と共に「空を見上げてごらん」の歌が流れました。
初日はただただ涙が溢れて、もう感無量でした。
二日目は歌にリンクさせて作ってくださった花火をじんわりじっくりと堪能しました。
歌詞に合わせての絶妙なタイミングと「間の芸術」を感じました。花火師さんのこだわりと長岡市担当の曽根さんのこだわりが隅々まで行き渡り、これぞ長岡魂!と実感した夢花火のひとときでした。

花火大会終了後のエンディングソングとして毎年流して頂いてきた「空を見上げてごらん」がついに花火と共演されて、そしてまた今年もエンディングに再びこの歌を流して下さいまして・・・・さらに涙、涙のエンディングとなりました。
この終わりの歌からのはじまりだったのですね・・・・。

2004年の中越地震の復興祈願応援ソングとして毎年長岡での震災イベントやチャリティーライブに参加させて頂きながら、長岡の皆さんとともに力を合わせながら、私自身としては逆に勇気を頂いて、心の復興もしてきた12年でした。
「歌セラピーコンサート」のはじまりが長岡でした。

幸せホルモンで心も身体も潤った二日間。
感謝という言葉しか出てこない長岡花火でした。
そして、サプライズバースデー、幸せの祝杯もいっぱいさせて頂いた長岡・・・本当にありがとうございました。

10月23日には長岡アオーレにて
フェニックス音楽祭にも出演させて頂きます。
稲垣潤一さん 岡本真夜さんと共演させて頂きます。

第一回奥武山大琉球神楽

投稿日:2016-6-28   カテゴリ:イベント
沖縄 沖宮(おきのぐう)主催 
第一回 奥武山 大琉球神楽 「和恩」が26日の日曜日に沖縄県立 武道館・アリーナ棟で開催されました。

平和の使者としてメインゲストに和太鼓奏者の林英哲さんを迎えて、琉球太鼓、舞踊、獅子舞、ベリーダンス、書家、唄者、バレエと様々な分野のエキスパート達が集結して、神がかりなワザと演出と物語のエンタテインメントな大琉球神楽でした。

この度、な、な、なんと、来年の第二回 奥武山大琉球神楽の平和の使者としてのご指命を頂戴いたしました。

ラストに平和の使者の証しとしての勾玉のネックレスを
林英哲さんから沢田へとかけて頂く儀式があっての
出演者全員での三方礼はもうプレッシャーでいっぱいになりましたが、やりきった林英哲さんの神がかった状態から、すっと解放された安堵の笑顔にとてつもない大きな愛に包まれました。

翌日は来年の打ち合わせで沖宮の上地一郎宮司はじめ事務局の方や出演される方とお会いしましたが、
もう完全に神様に動かされているというか、身を委ねていらっしゃるというか・・スピリチャルな会話が当たり前過ぎて、誰一人違和感をもっていないのに驚きました。
「この会話・・普通じゃないですよね・・・」と言って、どっと笑いが上がるほど神楽というのは神様への奉納であるのですが、神様と一緒に遊ぶことに一生懸命になることなんだな・・と感じました。
「尊く遊ぶ」とはとてもむずかしい事です。
自我を捨て、全身全霊で神と繋がる神楽・・・。
来年2017年6月に向かって大いなる挑戦のはじまりです!!
今からツアースケジュール空けておいてくださいませね・・・。
がんばります!

青春のべストヒットコレクションin愛知県芸術劇場

投稿日:2016-6-11   カテゴリ:イベント
愛知県芸術劇場大ホールいっぱいのお客様をお迎えした「青春のベストヒットコレクションコンサート」は
辛島美登里さん、中西保志さんと沢田知可子の3人のハーモニーでお送りしました。

中西保志さんとは先だって、中西さんの親友のお嬢様の結婚式で「幸せのドア」を一緒に歌わせてもらいました。ドラえもんの映画「のび太の結婚前夜」というシリーズでデュエットしたのが1998年でしたが、その映画を観て感動して結婚を夢みた親友の娘が結婚するというので、どうしてもこの歌を贈りたいという中西保志さんの熱意に賛同して京都まで通りすがりという名目で行きました(笑)やっちゃんサプライズ大成功でした。
その場面を想い出しながらデュエットした「幸せのドア」はまたまた感動ひとしおでした。

辛島美登里さんはプライベートでもお友達の岡村孝子さんが名古屋出身ということもあり、「待つわ」を歌いたいということで、コーラスパートを歌わせて頂きました。
デュオの醍醐味はやはりコーラスがうまくはまった瞬間であり、コーラスでハモるのはかなり好きです。
特にこの「待つわ」はめちゃめちゃ楽しい・・・。

いつかひとりハモネプに挑戦してみたいと思います。
そうなると、ボイスパーカッションやベースにもチャレンジすることになるわけですね・・・難しいだろうな・・。

デビュー30周年に向けていろいろ挑戦してまして、
「空を見上げてごらん」を手話をつけてみたり・・。
久米島にはウクレレを持って行こうと思います。
そしてデビュー29周年記念ライブのコットンクラブに向けてタップダンスを習いはじめました。
東京でのソロライブは久しぶりなので、ぜひとも応援にいらして下さいますれば益々はげみになります。
そんなわけで、50の手習いはまさに第二の青春のはじまりでして・・・タップのレッスンは同じ名前のちかこ先生に習ってまして、めちゃめちゃ楽しいです。

TOKYU MUSIC LIVE2016

投稿日:2016-6-9   カテゴリ:イベント
6月7日8日と二日間、渋谷文化村オーチャードホールで財津和夫プロデュースのTOKYU MUSIC LIVE2016コンサートに出演させて頂きました。

このコンサートは渋谷東急本店、ヒカリエなどでお買い物をされた方を抽選でご招待するという企画で、二日間ともオーチャードホールいっぱいのお客様に堪能して頂いたと思います。

財津和夫さん、KANさん、太田裕美さん、沢田知可子と4人の声が一つになった「心の旅」では、それぞれの個性的な歌声にしっかりと合わせながら、すごいメンバーの中に混じっていることにあらためて感動しながら歌わせて頂きました。

そして今回はじめてステージで共演したKANさんは同じ1987年デビューで1991年には「愛は勝つ」と「会いたい」は賞レースで競い合った事もあります。
そんなKANさんと四半世紀経って、ようやくご一緒できてとても感動しました。

太田裕美さんとは昨年はじめて秋田でご一緒して、お酒も一緒に呑んでくださいましたので、嬉しい再会となりました。
財津和夫さんがアレンジされたジョイント曲、You are my sunshineのコーラスハーモニーはとても楽しい作品となりました。
 
昨日は姉の誕生日であり、もうすぐ父の日ということで
本番前に楽屋でささやかなバースデー会もしました。
姉も父も夫もなかよく糖尿病であるにもかかわらず
ぺろりといちごショートを食べてしまいました。
3人ともあまりに美味しそうに食べているので
止められません・・・汗。

オーチャードホールという素晴らしいホールでそれも満杯のお客さまに歌をお届けできてとても幸せな二日間でした。

長岡花火に仲間入り

投稿日:2016-3-29   カテゴリ:イベント
なんとこの度、今年8月2日・3日に行われる新潟県長岡市での長岡まつり大花火大会で「空を見上げてごらん」と尺玉100連発「米百俵花火」が共演させて頂くことになりました〜〜〜〜〜! 

その記者会見が長岡アオーレに本日行われました。
2004年10月23日に起きた中越地震の復興祈願応援ソングとして、長岡応援団としてこの歌を長岡で歌わせて頂きながら、いつしかこの「空を見上げてごらん」を長岡花火のエンディングで流れるようになり、それだけでも十分に嬉しかったのですが、今年はクライマックスの米百俵花火との共演をさせて頂けることになったのです。

そして長岡の子ども合唱団とのコラボレーションも決まり、4月には長岡でレコーディングさせて頂きます。
また必ずと言っていいほど北陸学園の生徒さん達とは毎年手話で応援してきて頂きました。
この手話の美しさと生徒さん達の笑顔の美しさに毎回胸がいっぱいになりました。
毎年毎年、少しずつ紡いできた長岡のみなさんとのご縁が大きな花火となって一緒にこの喜びを分かち合えたなら本望です。

夢の種が花咲く気持ちです。
今日はあまりに嬉しいのでだるまの目に墨を入れます。
本番は8月2日 3日でございます。
今年の夏は長岡花火に行きませんか・・・。

下関BILLIE LIVE

投稿日:2015-12-27   カテゴリ:イベント
7月以来今年は二度目の下関Billieでのライブは池田聡さん、杉山清貴さん、中西圭三さんと4人のジョイントコンサートでした。
昨年末にこのメンバーで行われたライブも二度目ということで私にとっては最高にありがたい「Sing with Me♪」デュエットライブとなりました。
杉山清貴さんとの「言葉じゃなくても」はバラードの醍醐味でございます。
中西圭三さんとの「ちいさなて」はラッキィ池田さんに振り付けて頂いた振りを会場のみなさんと一丸となって盛り上がりました。
池田聡さんとの「ハレルヤ」は今年一年のお焚き上げソングとも言えるほど沁みました。
池田さんの新曲である「Thanks My Dear」という歌は
「終活」をテーマに死という別れの向こうから贈る、残された大切な人へのメッセージソングでとてもとても感動しました。ギタリストの岡崎倫典さんの作曲と知り、さらにその美しい旋律に脱帽でした。

絶対に盛り上がる圭三さんの「ChooChooTrain」で大いなる達成感を味わいながら、BILLIEでの打ち上げは美しいふぐをご馳走になりご満悦。
和気靄々話し弾んでいる中・・・圭三さんがコクりと睡魔におそわれてきた所でお開きとなりました。
この素敵なご縁に心から感謝したいと想いました。
BILLIEのスタッフのみなさまにも遅くまで本当に感謝です。
何よりも満員御礼でお集まり頂きましたお客様に心から感謝の想いでいっぱいです。本当にありがとうございました。

翌朝は下関の唐戸市場で朝から元気いっぱいに河豚天丼とビア−で夫婦でささやかな祝杯をあげました。
大・満・足です。

愛があれば年の瀬なんて

投稿日:2015-12-24   カテゴリ:イベント
クリスマスイブイブは千葉光明寺にて立川談慶師匠と歌と落語のコラボレーション第二弾、「芝浜」を公演させて頂きました。
光明寺の法要にお集まりのお檀家の皆さま200名を前に光明寺の副住職からの法話からはじまり、私の朗読と歌、そして談慶さんの落語へと繋いで行きます。
年の瀬の恒例演目でもある「芝浜」は言ってみれば
ベートーベンの第九を暮れに歌うようなものなのだそうで、落語家にとっては「芝浜の季節がやってきた」という表現になります。
江戸の長屋に暮らす一組の夫婦の人情物語を談慶さんとこの夏の納涼飲み会で「沢田夫妻とぜひとも芝浜をコラボしたいな〜」との案から有言実行になったのでした。談慶さんとはいつも夢が生まれます。
そしてそれが実行されるスピード感とパワーはとてもワクワクします。
その「芝浜」コラボレーションを12月30日は世田谷区野沢の龍雲寺で行われます。
こちらは一般の方にも観て頂けますので、ぜひとも
応援にいらして頂けますれば燃えます!
今年一年の苦しかったことや忘れたいことを紙に書いてのお焚き上げも致します。
お焚き上げで一年の心の垢を洗い流して清々しい新年を迎えられるよう心を込めてお送りします。

メリークリスマス!!

« 1 (2) 3 4 5 ... 15 »