• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2017 4月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブログ


作詞家 沢ちひろさんへの追悼

投稿日:2017-4-10   カテゴリ:コメント&メッセージ
 今年の一月に沢ちひろさんのご遺族から訃報のお知らせを頂き、本当に驚きました。沢ちひろさん作詞の「会いたい」からは沢山の奇跡を頂きました。こうして今歌手沢田知可子として活かされているのも「会いたい」という歌に出会えた奇跡です。生前、沢さんと共に作った「冬のほたる」という楽曲が未発表のままでいました。この度、ご遺族様に背中を押して頂きまして、遺作となったこの「冬のほたる」を歌わせて頂くことに致しました。ご冥福を心からお祈りするとともに、
沢ちひろさんへの哀悼と感謝を込めて大切に歌わせて頂きたいと想います。
ありがとうございました。

                        沢田知可子

そして、星の輝く夜がくる

投稿日:2014-3-28   カテゴリ:コメント&メッセージ
NHKのドラマ「ハゲタカ」の著者である真山仁氏の新作「そして、星の輝く夜がくる」を読みました。
著者自らが体験した阪神淡路大震災・・・そして2011年3月11日のあの東日本大震災。
被災地の小学校を舞台に描かれた物語は阪神淡路大震災を体験した小学校の教師が応援教師として被災地の小学校へ赴任したところからはじまります。

「ハゲタカ」はとても感動したドラマでしたので、その著者が被災地を舞台にした物語ということで、「あまちゃん」「八重の桜」と東北を舞台にしたドラマの第三弾ともなるであろう、ドラマ化を期待してしまう感動の物語でした。

本ってほんっとに素晴らしい・・・。
もっと本を読もう・・・。
本を読んでいるときの時間を忘れてしまうなんとも言えない「夢中」がとても好きだ。
駅のホームで本を読んでいて、夢中になって特急電車を一本見送っていた・・・。
電車に乗っていてやはり本で夢中になって、40分ほど先へと行ってしまった・・・。
嗚呼〜やってしまった〜!という失敗が好きだ。

今回の「そして、星の輝く夜がくる」では1時間以上湯船につかって夢中で読み上げたら、翌日体重が500グラム減っていた・・・うれしかった。

長岡魂

投稿日:2013-7-25   カテゴリ:コメント&メッセージ
僭越ながら長岡応援団になっている私の自宅に長岡の自慢のフードセットが長岡市から届けられました。なんと言っても長岡のきんちゃく茄子の美しいこと。三島の味噌、越路のにんにく、小国の八石なすの浅漬け、和島のガンジー牛乳、寺泊の菜種油生しぼり、栃尾の虎千代鶏という地鶏の蔵漬け、与板の手まりうどん、川口のひげにんにく、山古志牛のジャーキー、中之島のオリジナルブランド「小松みどり」という名の小松菜・・・。

ひげにんにくとはとてもオリジナリティー溢れていて、美味しかったです。
小松みどりさんもピチピチした小松菜です。
長岡市の各地域からの自慢の一品がセットになって贈られてきたのでした。
長岡応援団としては、この夏の長岡花火をぜひとも観に行きたいという思いでいっぱいですが、今年は長岡花火のDVDを鑑賞しながら、長岡市の自慢の野菜を頂きたいと思います。

定期的に届くながおか便りには、長岡の花火を創り続けた、伝説の花火師 嘉瀬誠次さんのインタビュー記事が掲載されておりましたが、戦後の復興時の昭和24年の花火大会には、あの山下清画伯が嘉瀬さんが創り上げた花火を観て、「長岡の花火」という作品が生まれたエピソードなど知りました。
偶然にもその後に山下清さんの展覧会に行って、「長岡の花火」の作品に出逢い、感動し、その画を購入したのだそうです。
シベリアで戦死した戦友たちのためにハバロスクで「白菊」という花火を手向けたエピソードや、長岡空襲で1484名が犠牲になっており、殉難者の霊を弔う花火としても「白菊」を打ち上げているのだそうです。

天才画家山下清のことばで
「みんなが爆弾なんかつくらないできれいな花火ばかりつくっていたら、きっと戦争なんて起きなかったんだな・・・」と長岡の花火でつぶやいたそうです。
嘉瀬誠次さんの記事で「長岡魂」が伝わってきました。
長岡魂という心意気を受け継いだ花火大会がもうすぐ開催されます。
美味しい夏野菜を頂きながら長岡へと思いを馳せております・・・花火が恋しいです。

長岡に感謝を込めて・・・。
ありがとうございました。

Giftをあなたに♪

投稿日:2010-12-20   カテゴリ:コメント&メッセージ
昨日の朗読コンサートの余韻も醒めぬままに、今日は26日27日と行われる四谷区民ホールでの朗読ミュージカルのお稽古に入りました。

劇団の舞台役者さんと繰り広げるリーディングミュージカルですから、なんだかすっかり女優な気分です。
「Gift」という形のない贈り物というテーマは同じでも
ほぼ内容がさいたまでの朗読劇と異なるので、しっかりチャンネルを切り替えなくては・・・。

歌はなんとなく覚えられるのですが、台詞って本当に覚えるのが大変で・・あったまわり〜な〜私って、
自己嫌悪な一日でした。
昨日まではよ〜し、みんなを引っ張らなくては!!と
リーダーシップをとってがんばってましたが、
今日は 「待って〜〜〜〜 みんな〜〜〜〜!」って、感じ。
一番どん尻をあくせくして走っておりました。

人生はワンツーパンチ 三歩進んで二歩下がる。
本番まであと5日か・・・がんばります。

デビュー23年周年♪

投稿日:2010-10-5   カテゴリ:コメント&メッセージ
1987年10月5日に「恋人と呼ばせて」でデビューして、
今日で23周年となりました。
ほぼ人生の半分は沢田知可子で生きてきました。
千香子・・・というこの漢字が本名なんですが、同じ響きでも何故か本名が遠くなってちょっぴり別人な感じでもあります。 カードではもちろんこの漢字書いてはいるんですけでね・・。

それだけ歌手沢田知可子として責任をもって歩んで行こうと、この名前になろうと懸命だったのかもしれません。だから先だって、ある沖縄の超能力者にこの名前はもう執着しない方がいい・・・名前も変えればいいんじゃないの・・・宇宙からのメッセージです。と言われたときは相当ショックで魂をその瞬間落としたようでした。(その後でマブヤーグミもちゃんとしましたけど)、そのほか良いこともいっぱいアドバイスして頂いたのですが、もう魂を一つ落としてしまうと、そこから先は耳にも心にも響かないんです。
ちなみに魂とは生命エネルギーのようなもので、沖縄では一人の魂は3つの魂でパワー全快になるのだそうです。
交通事故や、離婚やリストラなどストレスショックなどでも魂を相当消耗するらしいので、魂を補給すべく
沖縄式マブヤーグミ(魂込めの儀式)があるそうです。
キネシオロジーでもこのマブヤーグミをして頂けます。
なので、もし最近相当疲れて何もしたくない・・とか、伴侶との関係が思わしくないとか、鬱状態とか、アルコール依存症とか・・・ぜひとも魂チャージをお奨めいたします。
人は魂と心とカラダの3つのバランスが整っていないと真の健康とは言えないというのを私は信じておりまして、3つの健康ではじめて人に愛を伝えられる歌が歌えると思っておるのであります。
だからこそ、心身なるメンテナンスに常日頃気を配るようになりました。
沖縄では「ユタ半分医者半分」と言われるほど、医学と霊能力はイーブンなんですね。
霊能力は特別な人にしか備わっていないわけではなく、身体に耳を傾けるこの行為こそが魂のメンテナンスだと思うのです。
健康診断もある意味その一つであると思いながら、
なかなか西洋医学に足が向かない自分を反省しつつ、これからも心身魂健康で愛の歌をお届けできますよう益々精進して参ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

椎間板ヘルニア

投稿日:2010-5-10   カテゴリ:コメント&メッセージ
先週の土曜日は東京FMラジオの公開生ライブを行いました。
いつもお顔を見せて下さるお客様を30名ほどお迎えしての公開ライブでした。
いらして下さったみなさんを椅子に座ったままお迎えしました。
ヘルニアの激痛が発症してしまい、歩くこともままならない状態でしたので、座ったままのライブでした。
スタッフの方、足を運んで下さったみなさまにご心配をおかけしてしまったわけですが・・・なんとしてもこの痛みを止めなければ・・と日曜一日我慢して、運良くすぐに杏林大学病院で診察して戴くことができました。

溯ればアマチュアでバンドをしていた頃、カフェでバイトをしておりまして、洗い物がすこぶる早い私の集中力は人一倍でした。ただし、そのあまりにもサイズが合わない流し台にずっと中腰で洗い続けたのが祟り、見事に椎間板ヘルニアとなったのでした。
もう23年ほど前になるわけですよ・・・これが。
以来ずっと腰痛と長く付き合ってきたのですが、
15年ほど前にすごい気功の力がある方に気功で腰の痛みを治して頂き、神経痛ほどの痛みが本当に消えました。賞味期限が切れた頃からまた痛みが始まっていたのですが、今回の激痛は心身驚きをかくせませんでした。

診察の結果、内視鏡やレーザーではもう治せない状態で、手術をしたほうが早いかも・・・ということになりまして、それでもやはり覚悟が決まらずにいたら、
とりあえず痛みを軽減できるブロック注射を薦められて、「痛みのクリニック」という病院へと移動しまして、
そのブロック注射を腰から注射されたのですが、

あああああああああああああああああああああああ
っと、唸るその声が病室に響き渡り、こっぱずかしいのと、痛いのとで、あんまり痛くてと笑いがこみ上げてしばらく一人笑い泣きしておりました。

効き目は人それぞれですが、明日は院長先生にさらに効果がある強い注射をしますか・・・と言われて、
頭が真っ白になりやした。
けけけけけっこうです・・・この一回で根性で治しますから・・・と、ほぼパニックな私・・・・涙。

もうやだ〜〜絶対やだ〜 痛いのはやだ〜。
気功がいい〜〜 痛いのは本当に寿命が縮まるよ。

決断できない私でした。
安静にしております。

光のしずく

投稿日:2009-2-11   カテゴリ:コメント&メッセージ
いわきのBar Queen、福島テルサと福島の旅は、新曲である「歌姫ものがたり」初公開でした。
自分自身がついつい泣けてしまう8分のドラマです。
クライマックスで頂いた手拍子にまた感動して、あらためてこの歌のエネルギーを実感致しました。
福島では光のしずくプロジェクトでバレンタインまでふくしまのパセオ通りの並木がライトアップされているのですが、そのイベントにも参加して「光のしずく号」なる
光の汽車にも乗ってきました。
そして福島出身のシンガーソングライターAVE(エイヴ)君がゲスト出演して下さいました。
沖縄の子かしらと思うくらい眉毛がしっかりとして、濃厚なる顔立ちと甘い声と優しいお人柄で、歌も故郷を大事にしている歌がジーンときます。

後ろ髪を引かれながらも、翌早朝PV撮影のために帰って参りました。
楽しい福島の旅でした。

ザ・シークレット

投稿日:2008-5-10   カテゴリ:コメント&メッセージ
韓国のアーチストzeroさんが私たち夫婦に同じ本を1冊ずつプレゼントしてくれたほど、彼の心を大きく動かした本が「ザ・シークレット」。

「この本は貸し借りしてはなりません。ひとり一冊ずつ持っていてください・・・。そしてどんどん自分で思うことを書き込んで自分のためのバイブルにしてほしいので〜す」と
すっかり上手な日本語で一冊ずつ手渡してくださいました。

読むほどに夢がふくらむ本でした。
一行一行進むのがわくわくして、そしてすべてをカラダに魂に沁みこませてしまいたいほど、3歩進んで2歩戻りながら大切に読ませて頂きました。
雨の週末にぴったりな読書はいかがですか・・・。
興奮しますよ。

素敵な雪景色

投稿日:2008-2-10   カテゴリ:コメント&メッセージ
大阪にてミキプルーンのテーマソングであるいのちの実をご披露させて頂くべくイベントに出演致しました。

素敵な雪景色でしょ〜。
ぺ・ヨンジュンが歩いてそうです・・・。