• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

ブログ


Heartfelt Song Concert in小山町

投稿日:2016-11-14   カテゴリ:うたセラピー
11月12日 土曜日は 金太郎で有名な静岡県小山町にある総合文化会館(金太郎ホール)にて杉山清貴さんとジョイントコンサートをさせて頂きました。

Heartfelt Song Concert in小山町

素敵なタイトルに相応しく、今回は二人で歌うコーナーを増やそうというプロデューサーからの意向を快く受け入れて下さった杉山清貴さん。
沢田はもう一緒に歌えるだけで、何でも歌わせて頂きます〜〜という意気込みでしたが、
デュエットアルバムから「言葉じゃなくても」
80年代映画フットルースの挿入歌で「Almost Pradise}
イーグルスの名曲「Dsperade」をデュエットさせて頂きました。
せっかく練習して覚えた英語の歌詞でしたが、
本番は緊張してやはり目の前の歌詞カードをガン見して歌ってしまい・・・大反省。
それでも杉山清貴さんとのハーモニーは本当に心から
感動します。歌の強弱、ブレスの位置まで合わせて下さいます。
「フェイクでメロディーを崩せるようなタイプではない
素直に歌うからこそ合うんだよね・・・。俺はその方が気持ちいいんだよな〜」
リハーサルでそうおっしゃって下さった杉山さんの言葉にどれだけ自信と勇気を頂けたことか。

それでも今回のジョイントコンサートで洋楽を歌うことがすごく好きになりました。
もっともっとチャレンジしていきたいと想います。
沢田に似合いそうな洋楽ナンバーもしございましたら、
ぜひリクエストくださいませ。

21年目の結婚記念のうたたびin 奈良

投稿日:2016-11-14   カテゴリ:うたセラピー
11月10日結婚記念日でして、お陰さまで21年を迎えました。そんな結婚記念の旅は大人の修学旅行in奈良となりました。それもタップの先生で同じ名前の知歌さんと一緒にWちかこと夫の3人からのはじまりでした。

以前の奈良のコンサートでドライバーとしてアテンドして下さった北田さんとのご縁でタクシーを貸し切っての贅沢な奈良旅行でした。
近鉄奈良11時30分から春日大社、大神神社、正暦寺、安倍文殊院から洞川温泉のお宿到着が17時過ぎ、お昼は車内で柿の葉寿司を頬張りながらという強行なスケジュールを堪能しました。
初日ドライバーの西尾さんの観光案内も充実してあっという間の初日でした。
紀ノ国屋甚八というその素敵な名前のお宿では、
なんとサプライズな友人から結婚記念日のワインの贈り物を承っておりますと、粋な計らいのお陰さまで素敵なお祝いになりました。
Hさん本当にありがとうございました。

翌日は天川村山村開発センターでの歌セラピーコンサートまで時間の許す限り、今度はドライバー北田さんご夫妻とみたらい渓谷で紅葉を愛で、談山神社にて秘宝の普賢菩薩さまのパワーを頂戴し、煮麺と柿の葉寿司の飛鳥三昧をランチで頂き、念願の天川神社へと参拝させて頂きました。
芸能の神様として有名な天川は呼ばれないと行けないと言われるほどで、北島三郎さんは天川神社へお社を奉納されたり、著名なアーチストたちが参拝に訪れる聖地です。弁天様ですから夫婦で参拝するとやきもちを焼かれてしまうということで・・・時間差で参拝しました(笑)

パワースポット巡りで満を持してのコンサートでは、
パワーが強すぎたのか・・・汗、ピアノのモニターアンプが壊れまして、ちょっとてんてこ舞いなライブとなりましたが、そこは「あっちゃんがんばります〜!」っていう気持ちで乗り切りました。

Facebookで繋がれたご縁は今回10倍も楽しめる奈良の旅になりました。

最後はホテルのラウンジでWちかこと夫で旅の余韻に浸りながら、翌朝は静岡へと向かったのでした。

アラフォーin相模大野グリーンホール

投稿日:2016-11-4   カテゴリ:うたセラピー
辛島美登里さん、中西圭三さん、中西保志さん
との4名で相模大野グリーンホール行われたジョイントコンサート[Around40memoryConcert ]は、4人での「夢で逢えたら」のアカペラや歌謡曲メドレーや洋楽ヒットメドレーなど、私達の青春の名曲をご披露させて頂きました。

「中西家」というユニットを組んでほしいと思うほど
圭三&保志の「あずさ2号」は今回も圧巻でした。
負けじとばかりに美登里さんとの「待つわ」のハーモニーも磨きがかかってきたように思います。
何しろこのアラフォーのハーモニーを堪能にいらしてほしいのがこのジョイントコンサートの醍醐味でして、
12月からは米子、島根、福山、倉敷、岡山、鳥取、広
島、と7箇所を「中西家」ユニットと沢田知可子の3人で
「僕らの名曲大全集」としてコンサートツアーをさせて頂くことになりました。

クリスマスの女王 美登里先輩は12月はやはり単独コンサートがお忙しいのですが、今年ラストのアラフォーではまたご一緒します。

来週11月12日 土曜日は静岡県小山町総合文化会館で杉山清貴さんとジョイントコンサートを行います。
またあらたなる名曲に挑戦するライブとなりますので、
ぜひとも応援にいらして頂けますれば幸いです。
チャレンジャーな今年はワクワクな気持ちと裏腹に
帯状疱疹との闘いの日々でもありまして、
なんとこの私が・・・もう2週間も禁酒しております。
無理しないで体調に気を配りながら、がんばります。

デビュー29周年記念コットンクラブ

投稿日:2016-10-6   カテゴリ:うたセラピー
10月5日は東京のコットンクラブにてデビュー29周年記念ライブ「こころ唄」を行いました。

久しぶりのメンバーはパーカッション栗山豊二さん
ギターはシンガーソングライターのエバラ健太さん 
ヴァイオリンは岡村美央さん、ピアノは夫の小野澤篤
で奏でました。

コットンクラブはお食事を堪能しながらライブを観る素敵なライブスポットです。完全入れ替えの2会公演ということで、ライブの時間は60分〜70分でお願いしますということでしたが、ついついのびてしまいまして1ステージ
75分もやってしまいました。
時間を守るというのも大切なことなので反省しております・・・。でももっともっと歌いたい・・・そんなあっという間の2ステージでした。

心と頭は興奮してアドレナリンが出ておりますが、身体は言うことをきいてくれません。
このライブではじめての発表会となったタップダンスは2ステージ目はもう膝も太もももぷるぷると笑ってました・・・。

そして第一部だけのスペシャルゲストとしてウクレレ奏者のRioくんが出演してくれました。
彼はまだ15歳の高校一年生にもかかわらず列記としたプロウクレレ奏者です。年齢制限で第二部は出演が叶いませんでしたが、物怖じしない堂々たるウクレレ演奏には脱帽でした。
チャップリンの「Smile」をRio君のウクレレと沢田の歌とウクレレ演奏とタップダンスでコラボレーションするという無謀なる挑戦もRio 君のおかげで格好がついた感じです((*´∀`)

プレ30周年という今年はとにかく30周年に向けてなんかしなくちゃ・・・って思い、日頃より仲良くしてくれている
タップダンス歴20年の同じ名前のちかさんから個人レッスンを受けるようになりました。10月のライブに間に合うようにというのでモチベーションが上がるわけです。
ウクレレはなんとなく練習していたのですが、15歳の天才少年に出会ってしまい、Rio少年が助け舟を出してくれました。
少しずつタップができるようになるプロセスが楽しくて嬉しくて、上手になれないのがもどかしくて・・・チャレンジャーって生きてるって感じがして本当に幸せです。

今年8月に花火とコラボレーションした「空を見上げてごらん」は長岡と築いてきた12年の軌跡の映像とともに歌わせて頂き、感無量でした。

今回は応援に足を運んでくださったお客様お一人お一人に感謝を込めて舞台創りのスペシャリスト寺本建雄さん30周年に向けて描いてくれたイラストをバンダナにしてプレゼントさせて頂きました。
沢田の29フェスもあっという間に終わってしまいました。
本当にありがとうございました。
デビュー30周年に向けてまたよろしくお願い申し上げます。

福島学院大学75周年live

投稿日:2016-9-12   カテゴリ:うたセラピー
9月10日土曜日は福島学院大学創立75周年記念同窓会で歌セラピーコンサートを行いました。
福島駅の真ん前にあるホテル辰巳屋のボールルームで100名ほどの優雅な会場で歌わせていただきました。

福島学院大学は20年前に短大創立30週年記念コンサートではじめてご縁を頂きまして、2007年、2011年と今回で4度目のご縁です。
2007年の時は飯舘村の村長から地元中学校で「gift」を子どもたちに伝えたいと、「やったね実行員会」を
立ち上げて、体育館でコンサートを行いました。
2011年は震災で壊れたキャンパスを修復しての宮代キャンパスで創立70周年記念コンサートとなりました。
そして今回は菅野学院長がご引退ということで、懇親会にも参加させて頂き、最後は一緒に「恋人と呼ばせて」を歌わせていただきました。
「僕の初恋のうた」と言って頂いたのですが、新学院長からは年齢的に計算が合いませんよね・・・と、
ユーモラスで皆さん和気あいあいとした素敵な会でした。
それでも少子化と福島原発の風評被害から福島を離れざる得ない方も増え、福島学院大学としても真摯に存続のための努力をされているとのことでした。
「うたセラピーコンサート」で地域活性のためのつなぎの役目ができたらな・・・とつくづく感じました。
未来の素晴らしい社会人を育成すべく福島学院大学創立75周年誠におめでとうございます。

安曇野市社会福祉大会

投稿日:2016-9-7   カテゴリ:うたセラピー
沖縄から帰って翌朝はあずさ3号に乗って豊科へと向かいました。早起きは三文の徳と言い聞かせ、必死に起きました(笑)
午後3時がコンサート本番、日帰りの安曇野です。
せっかくだから美味しいお蕎麦が食べたいよねという念願叶って、ものすごく美味しい安曇野のお蕎麦をご馳走になりました。

安曇野市社会福祉大会での歌セラピーコンサート。
社会福祉士、介護士、民生委員の方々の功労賞の授与式とともに「絆を育てよう」をテーマに歌セラピーライブが行われました。
相模原の障害者施設の事件もあったことで、やはり携る方みんなが傷ついて、デリケートな時期でもありましたが、その分みんなが一生懸命で胸がいっぱいになりました。
沖縄でいただいたパワーをこのステージに全身全霊でこめての夫婦ライブとなり、100分ほどのライブのあとはもう放心状態で、あのご馳走のお蕎麦はどこへ行ったとばかりに、お腹がぺこぺこで、我ら夫婦の燃費の悪さにほとほとあきれながら、今度は松本の駅そばでかき揚げそばを食べました。
お蕎麦やさんのお蕎麦も駅そばもどちらも美味しいそばデーとなりました。

障害者の方の手作りのお土産もたくさん頂戴して、
スタッフ一同のみなさまの心美しいおもてなしに心から感謝の安曇野市社会福祉大会でした。
本当にありがとうございました。

アラフォーin 飯能

投稿日:2016-7-31   カテゴリ:うたセラピー
30日の土曜日は飯能市市民文化会館にてアラウンド40メモリーコンサートが行われました。
辛島美登里さん、杉山清貴さん、中西保志さんと沢田知可子のアラフォーコンサートも40回を越えて息が合いまくりです。

地元さいたまからはバスケットの先輩も久しぶりの後輩も幼なじみの同級生も父、姉、姪、そしてご近所の方まで・・・父は20枚のチケットを確保してましたので、いつも応援に来てくれるすっかり身内のファンの方まで・・・本当に毎回頭が下がります。

船旅から車で移動で、ずっと震度1か2くらいでカラダが揺られておりまして、ステージ上でも小野澤もギターの林さんもふわふわと目が回る感じが続いている中、よくがんばりました。

美登里さんのファンの方からの差し入れで土用の丑の日にちなんで、とても美味しいう巻きをご馳走になりました。ありがたいです・・・涙。
帰りの高速道路から八王子の花火大会が見えてラッキーでした。
さ〜〜〜〜〜〜〜いよいよ長岡大花火祭りです。
「空を見上げてごらん」が米百俵尺玉100連発花火とコラボレーションされます。
もう今からわくわくドキドキです。
数十万人のお客様の前で歌う本番では、緊張しないで落ち着いて歌えるようにがんばります。
深呼吸です〜〜〜〜♪

歌セラピーin 市原市循環器病センター

投稿日:2016-7-19   カテゴリ:うたセラピー
千葉県市原市にある循環器病センター内にたんぽぽ食堂がリニューアルされて、その食堂での歌セラピーライブをさせて頂きました。

たんぽぽ農園ふるさと研究所 推進部という名刺を
持った友人のてっちゃんは、それまで個人で居酒屋を運営していたのですが、そのセンスを買われて、自社農園からの自社レシピ、そして食堂運営までを担うという大役につくことになり、ココロとカラダにやさしい歌薬をぜひ届けに来てほしいとのことで、リニューアルオープン記念のライブへとなりました。

病院の6階にあるたんぽぽ食堂は自然の山々が一望できるパノラマの窓になっていて、遙か遠くまで見渡しながら、音響もとても心地良く、最高の時間でした。

その音響のK君は数年前にコンサートツアーで一緒に旅をしていたのですが、ある時突然にこれからある方のマネージャーをやることにしました、と聴いて
かなり驚きました。
音響としてこれから伸びしろを大いに期待されていただけに、マネージャーと聴いて正直かなり心配しました。
それから数年経って昨年くらいからある現場でまた音響のアシスタントからよろしくお願いしますと、コンサート会場で再会したのでした。
おもわず「おかえり〜」と言ってしまいました。

てっちゃんの転職、K君の出戻りどちらもまだお若いのでいろんなことに挑戦するのは良いことだと思います。そしていっぱい失敗して、自分のやるべく道を見極めて行くのが大切であると・・・。
二人の再出発のよき門出になりますように・・・と願いを込めました。

病室から足を運んで下さった方、地元の方、看護師やスタッフの方・・・たんぽぽ食堂でのライブありがとうございました。
たんぽぽ食堂の身体に優しい食事とパノラマで一望できる緑いっぱいの風景でどうぞ身も心も健康になって下さいますように・・。

財津和夫コンサートin富山

投稿日:2016-7-19   カテゴリ:うたセラピー
財津和夫アコースティックコンサートが富山県射水市にある小杉文化ホールで行われました。
ホール入り口のポスターには「完売いたしました」という赤い文字があり、根強い財津さん人気に毎回脱帽致します。
なじみの財津ファンの方にはすっかり覚えて頂きまして、今度は伊豆で逢いましょう!って帰りに声をかけて頂きます。
登別、伊豆と残すところあと2本となってしまいましたが、コーナーで一緒に歌わせて頂く英語の歌は「だんだんと息が合ってきましたね〜。」と財津さんからも言って頂けるようになり、ようやく慣れたころに終わってしまうというのがツアーです。
それでも毎回慣れることのない大先輩への緊張感が
実は好きです。

そして残念ながら毎回日帰りで、帰りの新幹線でハイボール缶を2本飲み終わるころに東京駅に到着。
すっかりほろ酔いな脱力感がまたまた好きです。
財津さんのメンバーであるピアノの小泉さんとギターの尾上さんの達成感いっぱいのほろ酔い笑顔にも癒されます。
次回は登別です。
あと2本か・・・
財津さん あと200本ぜひアコースティックコンサート
お供させてくださいませ〜♪

空を見上げてごらん from 長岡

投稿日:2016-7-12   カテゴリ:うたセラピー
7月11日は熊本地震復興支援チャリティとしてホテルニューオータニ長岡主催でのサマーディナーショーを行いました。
今年は「空を見上げてごらん」が長岡まつり大花火大会で米百俵花火尺玉100連発打ち上げソングとして
コラボレーションさせて頂くことになり、長岡のみなさまのご尽力により何度も足を運ばせて頂いております。

2004年の中越地震の教訓から長岡市ではいち早く熊本へ救援部隊が向かうほど復興支援活動はとても積極的に動かれている長岡。
それは震災時にたくさん助けてもらった恩返しであると
謙虚でありながら行動力のある方ばかりです。

長岡復興祈願のフェニックス花火は今やギネスになるほど世界に誇る素晴らしい花火です。

長岡は遡ること戊辰戦争での大打撃による貧困によりとなりの藩からの救援物資として贈られた米百俵をこの貴重なお米を数ヶ月で失うよりもお金に代えて藩の子供達への教育費にあてました。
その無謀ともいえる勇気こそが未来への人材づくりへとなり、その精神を「米百俵精神」と言い、今尚受け継がれているからこそ、戦争、震災からの復興の象徴としての長岡まつり大花火が盛大であるのだと思います。

その精神を継ぐ NPO法人 復興支援ネットワーク フェニックス、長岡まつり協議会とのご縁がこのたびの歌と花火の夢のコラボレーションを叶えてくださいました。

いよいよ8月2日、3日と二日間の大花火の大舞台に仲間入りさせて頂きます!!

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 28 »