• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ


安曇野市社会福祉大会

投稿日:2016-9-7   カテゴリ:うたセラピー
沖縄から帰って翌朝はあずさ3号に乗って豊科へと向かいました。早起きは三文の徳と言い聞かせ、必死に起きました(笑)
午後3時がコンサート本番、日帰りの安曇野です。
せっかくだから美味しいお蕎麦が食べたいよねという念願叶って、ものすごく美味しい安曇野のお蕎麦をご馳走になりました。

安曇野市社会福祉大会での歌セラピーコンサート。
社会福祉士、介護士、民生委員の方々の功労賞の授与式とともに「絆を育てよう」をテーマに歌セラピーライブが行われました。
相模原の障害者施設の事件もあったことで、やはり携る方みんなが傷ついて、デリケートな時期でもありましたが、その分みんなが一生懸命で胸がいっぱいになりました。
沖縄でいただいたパワーをこのステージに全身全霊でこめての夫婦ライブとなり、100分ほどのライブのあとはもう放心状態で、あのご馳走のお蕎麦はどこへ行ったとばかりに、お腹がぺこぺこで、我ら夫婦の燃費の悪さにほとほとあきれながら、今度は松本の駅そばでかき揚げそばを食べました。
お蕎麦やさんのお蕎麦も駅そばもどちらも美味しいそばデーとなりました。

障害者の方の手作りのお土産もたくさん頂戴して、
スタッフ一同のみなさまの心美しいおもてなしに心から感謝の安曇野市社会福祉大会でした。
本当にありがとうございました。

アラフォーin 飯能

投稿日:2016-7-31   カテゴリ:うたセラピー
30日の土曜日は飯能市市民文化会館にてアラウンド40メモリーコンサートが行われました。
辛島美登里さん、杉山清貴さん、中西保志さんと沢田知可子のアラフォーコンサートも40回を越えて息が合いまくりです。

地元さいたまからはバスケットの先輩も久しぶりの後輩も幼なじみの同級生も父、姉、姪、そしてご近所の方まで・・・父は20枚のチケットを確保してましたので、いつも応援に来てくれるすっかり身内のファンの方まで・・・本当に毎回頭が下がります。

船旅から車で移動で、ずっと震度1か2くらいでカラダが揺られておりまして、ステージ上でも小野澤もギターの林さんもふわふわと目が回る感じが続いている中、よくがんばりました。

美登里さんのファンの方からの差し入れで土用の丑の日にちなんで、とても美味しいう巻きをご馳走になりました。ありがたいです・・・涙。
帰りの高速道路から八王子の花火大会が見えてラッキーでした。
さ〜〜〜〜〜〜〜いよいよ長岡大花火祭りです。
「空を見上げてごらん」が米百俵尺玉100連発花火とコラボレーションされます。
もう今からわくわくドキドキです。
数十万人のお客様の前で歌う本番では、緊張しないで落ち着いて歌えるようにがんばります。
深呼吸です〜〜〜〜♪

歌セラピーin 市原市循環器病センター

投稿日:2016-7-19   カテゴリ:うたセラピー
千葉県市原市にある循環器病センター内にたんぽぽ食堂がリニューアルされて、その食堂での歌セラピーライブをさせて頂きました。

たんぽぽ農園ふるさと研究所 推進部という名刺を
持った友人のてっちゃんは、それまで個人で居酒屋を運営していたのですが、そのセンスを買われて、自社農園からの自社レシピ、そして食堂運営までを担うという大役につくことになり、ココロとカラダにやさしい歌薬をぜひ届けに来てほしいとのことで、リニューアルオープン記念のライブへとなりました。

病院の6階にあるたんぽぽ食堂は自然の山々が一望できるパノラマの窓になっていて、遙か遠くまで見渡しながら、音響もとても心地良く、最高の時間でした。

その音響のK君は数年前にコンサートツアーで一緒に旅をしていたのですが、ある時突然にこれからある方のマネージャーをやることにしました、と聴いて
かなり驚きました。
音響としてこれから伸びしろを大いに期待されていただけに、マネージャーと聴いて正直かなり心配しました。
それから数年経って昨年くらいからある現場でまた音響のアシスタントからよろしくお願いしますと、コンサート会場で再会したのでした。
おもわず「おかえり〜」と言ってしまいました。

てっちゃんの転職、K君の出戻りどちらもまだお若いのでいろんなことに挑戦するのは良いことだと思います。そしていっぱい失敗して、自分のやるべく道を見極めて行くのが大切であると・・・。
二人の再出発のよき門出になりますように・・・と願いを込めました。

病室から足を運んで下さった方、地元の方、看護師やスタッフの方・・・たんぽぽ食堂でのライブありがとうございました。
たんぽぽ食堂の身体に優しい食事とパノラマで一望できる緑いっぱいの風景でどうぞ身も心も健康になって下さいますように・・。

財津和夫コンサートin富山

投稿日:2016-7-19   カテゴリ:うたセラピー
財津和夫アコースティックコンサートが富山県射水市にある小杉文化ホールで行われました。
ホール入り口のポスターには「完売いたしました」という赤い文字があり、根強い財津さん人気に毎回脱帽致します。
なじみの財津ファンの方にはすっかり覚えて頂きまして、今度は伊豆で逢いましょう!って帰りに声をかけて頂きます。
登別、伊豆と残すところあと2本となってしまいましたが、コーナーで一緒に歌わせて頂く英語の歌は「だんだんと息が合ってきましたね〜。」と財津さんからも言って頂けるようになり、ようやく慣れたころに終わってしまうというのがツアーです。
それでも毎回慣れることのない大先輩への緊張感が
実は好きです。

そして残念ながら毎回日帰りで、帰りの新幹線でハイボール缶を2本飲み終わるころに東京駅に到着。
すっかりほろ酔いな脱力感がまたまた好きです。
財津さんのメンバーであるピアノの小泉さんとギターの尾上さんの達成感いっぱいのほろ酔い笑顔にも癒されます。
次回は登別です。
あと2本か・・・
財津さん あと200本ぜひアコースティックコンサート
お供させてくださいませ〜♪

空を見上げてごらん from 長岡

投稿日:2016-7-12   カテゴリ:うたセラピー
7月11日は熊本地震復興支援チャリティとしてホテルニューオータニ長岡主催でのサマーディナーショーを行いました。
今年は「空を見上げてごらん」が長岡まつり大花火大会で米百俵花火尺玉100連発打ち上げソングとして
コラボレーションさせて頂くことになり、長岡のみなさまのご尽力により何度も足を運ばせて頂いております。

2004年の中越地震の教訓から長岡市ではいち早く熊本へ救援部隊が向かうほど復興支援活動はとても積極的に動かれている長岡。
それは震災時にたくさん助けてもらった恩返しであると
謙虚でありながら行動力のある方ばかりです。

長岡復興祈願のフェニックス花火は今やギネスになるほど世界に誇る素晴らしい花火です。

長岡は遡ること戊辰戦争での大打撃による貧困によりとなりの藩からの救援物資として贈られた米百俵をこの貴重なお米を数ヶ月で失うよりもお金に代えて藩の子供達への教育費にあてました。
その無謀ともいえる勇気こそが未来への人材づくりへとなり、その精神を「米百俵精神」と言い、今尚受け継がれているからこそ、戦争、震災からの復興の象徴としての長岡まつり大花火が盛大であるのだと思います。

その精神を継ぐ NPO法人 復興支援ネットワーク フェニックス、長岡まつり協議会とのご縁がこのたびの歌と花火の夢のコラボレーションを叶えてくださいました。

いよいよ8月2日、3日と二日間の大花火の大舞台に仲間入りさせて頂きます!!

財津和夫コンサートツアーin須賀川

投稿日:2016-7-10   カテゴリ:うたセラピー
財津和夫アコースティックコンサートツアーのゲスト出演で昨日は福島県須賀川文化センターへと行って参りました。
チケットは完売ということで館長から大入り袋を出演者、スタッフ全員へと賜りました。
財津さんのコンサートはどこへ行ってもほぼ満席でして
、そして何度ご一緒しても慣れること無く、ついつい舞い上がってしまう自分を反省します。

反省してるわりに、日帰りのおみやに配られる濃いめの缶ハイボールをまた2本も呑んで東京に到着するころはほろ酔いでした・・・。
翌朝体重計に乗って再び反省・・・・。
毎日が反省の私です。

26年ぶりの久米島コンサート

投稿日:2016-6-28   カテゴリ:うたセラピー
6月24日は久米島の久米アイランドリゾートホテルの野外ステージでコンサートを行いました。

リゾートホテル久米アイランド30周年記念プレゼンツ
「月ぬうたぐすい」コンサート
   〜Boyが生まれた島で〜
26年ぶりの久米島は美しい海と温かい方々と海ぶどうと泡盛と・・・幸せいっぱい胸いっぱいの時間でした。

那覇空港から久米島へ向かう飛行機の中、珍しく夫と席が離れており、となりに座った女性が、
「観光ですか?」と聞いてくれるので、「ハイ、観光です」とこたえると、「ではお席窓側に変わりましょうね〜。とっても美しい眺めだからね〜、どうぞ愉しんでください」と席を替わってくれたのです。
なんて優しい女性・・・夕方の便ということもあり、眠気もすっ飛ばして窓からの景色は本当に美しかった。
久米島空港に到着すると、空港の美しい女性が「お待ちしてましたよ・・・明日は楽しみにしてますね」と
笑顔で迎えてくれまして、もう久米島の心やさしいお人柄にはやくもほろ酔い気分。

ホテルへの道すがら、街のいたる所に沢田知可子コンサートの看板やチラシを張って頂いており、車内ではfmくめじまのラジオから「会いたい」が流れ・・・すごいタイミングでまたまた気分上々。
この一ヶ月ほど日に何度も曲をかけて頂いていたそうです。
街を上げての宣伝のお陰で当日は満員御礼!
さまざまな年齢層のお客様で「久米島のお祭り」のような雰囲気でした。さらに東京からも応援のツアーにいらして頂きまして、野外に設置されたオリオンビールはサーバーはパンク状態でホテルの山里GMは嬉しい悲鳴なんですけどね・・・お客様に申し訳なさそうでした。
そして、
「若い30歳くらいの女性達が、私は沢田さんの歌を知らなかったけど、50代のネーネー達が喜んで楽しそうに聴いている姿を見てるのが幸せだった・・」という感想に
山里さんは胸を打たれたようです。

琉球銀行の久米島支店長さんはイベンターの又吉さんと同級生のよしみで、久米島観光やアテンドを快く引き受けて頂いて、お陰さまで心から充実の旅となりました。

26年前、はじめて久米アイランドでライブをした時にいらしてくれた方にもお会いできました。美味しいソーキそばで有名なお店のご主人や、空港のショップの社長さんや、ホテルの山里GMは当時まだ独身で同僚と結婚したんだ・・と時間旅行を堪能されてました。
あの時に書いた「Boy」という歌をその後、はじめてコンサートでキーボードの演奏で参加した小野澤氏にリハーサルの初日、出会って音合わせしてすぐ15分後には
アレンジをお願いしていました。
レコード会社も事務所にもまだ了解も得ずに、直感でこの人のピアノで一生歌って行くんだな・・・と想いました。
(その時は純粋に演奏家としてですけど・・)
久米島は愛のキューピットということになりますね・・笑

「月の歌薬」では地元フラダンスチーム(ククナオカラー)とエーサー隊(登武那覇太鼓)とのコラボレーションが叶いまして、フラダンスとのマッチングが素晴らしく、エーサー隊の太鼓の音が更にライブを盛り上げてくれました。
本当にありがとうございました。
久米島でのコンサートがまた実現されますように・・・。

Around40memory concert 千葉文化会館

投稿日:2016-5-24   カテゴリ:うたセラピー
アラフォーコンサートとして行われた千葉文化会館でのコンサートは杉山清貴さん、中西圭三さん、中西保志さんと沢田知可子というはじめてのフォーメーションメンバーでした。

4人のハーモニーが心地良い洋楽メドレーの
「愛のハーモニー」で中西保志さんがスティービー・ワンダーのハーモニカに挑戦しました。
これが実は私が言い出しっぺでして、「私がウクレレに挑戦するからやっちゃん ハーモニカに挑戦しようよ!」
と、調子にのってしまいました。
保志さんはものすごく練習して、一緒に個人練習もして、本番当日も楽屋に誰も入れないくらいな緊張感で
練習して・・・本当に頭が下がりました。
本番はばっちりでした。
それに引き替えこの私ときたら・・・ウクレレデビューできませんでした。
ステージでもやっちゃんに攻められました・・・汗
必ずや中西保志さんとの約束を果たしたいと思います。
やっちゃん本当にごめんなちゃい。

今回は歌謡曲にもスポットを当てた70’ 80’邦楽メドレーもそれぞれが活かされて素敵でした。
なんてったってダブル中西・・・中西ブラザーズとも呼べる二人の中西さんが奏でる「あずさ2号」はやはり圧巻でした。

ラストはアカペラにも挑戦したりして・・・・盛りだくさんなアラフォーコンサートとなりました。
GWはずっとこのコンサートのための編曲やオケをレコーディングしていた夫もほっとしてます。
このコンサートもいろんな場所で聴いてほしい内容です。またできますように・・・。

うたセラピーコンサートin三木町

投稿日:2016-5-10   カテゴリ:うたセラピー
香川県三木町でのうたセラピーコンサートは三木町文化交流プラザにて7日に行われました。

昨年のにっぽん丸にツアーで参加された三木町の筒井町長さんが「ぜひとも我が町でうたセラピーを」とおっしゃって下さいましたのがご縁で、はやくも現実となったのです。
町長の即実行力は三木町が香川県で一番幸せ度が高いというのも物語っています。

実はこの時季、田植えシーズンど真ん中ということで
お客様が7割ほどでした。
筒井町長さんはそれをいたく恐縮されており、「せっかくお呼びしておきながら満席にできないことを大変申し訳なく思います・・・」とおっしゃって頂きましたが、満席以上の大きな拍手といい、客席一丸となっての歌のラブレター「花は咲く」の大合唱は、ものすごく大きな歌声で空席を埋めてくれました。
三木町からの幸せのお裾分けを頂戴した気持ちでした。盛り上げて頂きまして本当にありがとうございました。
筒井町長からのお土産で三木町にある香川大学の教授が発見した希少糖のレアシュガー スウィートと生うどんを頂戴しました。

香川と言えばうどん県ということで前のりで1回、朝食で2回、帰りの空港で3回目のうどんを堪能し、自宅に戻り翌朝また4回目のうどんを食してしまいました。
のどごしで頂くうどんの美味しさ・・・ザ・うどん県香川
ご馳走様でした。

うたセラピーコンサートin JA福岡市

投稿日:2016-4-23   カテゴリ:うたセラピー
JA福岡市 「女性のつどい」 でアクロス福岡ホールにて歌セラピーコンサートを行いました。

熊本大分地震において被災地への救援はJA福岡市でも多大なる応援をされていらっしゃると聞きました。
今回は女性が9割というまさしく「女性のつどい」での
歌セラピーでした。

これほどの大きな震災報道を日々、見るたびに心を痛めるのがデリケート人間のやさしさというものです。
ゆえに歌セラピーで素直に流す涙が心の浄化になると
今回のライブでは私自身も実感させて頂きました。

東北へ歌のラブレターを送りましょうと、いつも「花は咲く」を会場の皆様とサビを歌わせて頂いてますが、今回は熊本・大分へとお見舞いと追悼を込めてみんなで歌いました。 その歌声がものすごく美しく、チカラ強く
しなやかな歌となり、祈りの歌となり、胸がいっぱいになりました。
本当にありがとうございました。

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 27 »