• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2017 4月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブログ


あるてリッカしんゆり芸術祭2017

投稿日:2017-4-23   カテゴリ:うたセラピー
アルテリッカしんゆり芸術祭が4月22日から5月14日まで行われ、ジャンルを超えた30演目37公演の一つとして、昨日は新百合21ホールで
デビュー30周年記念「こころ唄コンサート」を行いました。
13時にはホール入りしていたので、まさかあんなにどしゃぶりになるとは・・・。
雨の中、足を運んで頂いて本当に有り難かったです。

18時開演の第一部では、「幸せになろう」「ハレルヤ」そして歌セラピーの時間旅行の入り口である「初恋」を歌いました。デビュー30周年のアルバムにも入るシングルメドレーを5曲歌い上げ、ゲストの中西保志さんをお迎えして、究極のデュエットソング「 Endless Love」そして名曲「最後の雨」を歌って頂き、「幸せのドア」をデュエットしました。

「俺も気づけば25周年」と中西保志さんとの長きご縁に心から感謝のデュエットタイムになりました。

第二部のオープニングには高田ファミリーゴスペルクワイヤー85名がステージに登場して、「いのちからのおくりもの」を歌いました。高田三郎さんの奥さまが私の高校時代の同級生で、三郎さんは私がデビューする前に私のデモテープを当時の事務所で聴いてたという不思議なご縁で繋がっていました。
ご縁に心からの感謝して、「いのちからのおくりもの」はレコーディングでもクワイヤーコーラスに参加してもらいました。

今回の目玉商品としては、30周年のチャレンジの一つとしてゴスペルに挑戦!という課題を叶えるべく「Joyful joyful」という映画天使にラヴソングで有名なナンバーに挑戦させて頂きました。

そしてアンリミテッドトーンの土居康宏さんがコンサートに来てくれると連絡があった瞬間に飛び入りゲストに登場してほしいというお願いを快く受けて下さいまして、難しいラップを歌ってくれました。
「Joyful joyful」の練習はまず英語の発音を一度個人レッスンを受け、クワイヤーメンバーであり
同級生の由美ちゃんは帰国子女なのでめちゃめちゃ発音もよく、ラップも土居くんと一緒に歌ってくれました。
「Joyful joyful」を歌い終わった瞬間の興奮はもう本当に圧巻でした。
あ〜〜〜〜〜歌えた・・・という安堵感。
もう涙ちょちょ切れました。

「奇跡のダイヤモンド」 この歌は昨年のRIOオリンピックで活躍された水泳選手個人メドレーで銅メダリストの瀬戸大也くんへの応援歌として作りました。数年前、親しくしている瀬戸君のお父様からの宿題として「アスリート達の親の目線からの応援歌」を作ってほしい・・・というリクエストだったのです。
子どものいない私自身にそんな大それた歌を作れるか不安でしたが、実際にRIOオリンピックのレースをお茶の間で応援しながら、彼がメダルを逃した試合を観て、いてもたってもいられなくなって書き上げました。

「いのちからのおくりもの」は昨年宮城県岩沼市の保護観察官であり、DJや本も書かれている大沼えり子さんから全国の少年院の少年に向けたクリスマスラジオ番組のメイン曲を作ってほしいと依頼されて書かせて頂きました。
辛島美登里さん、伊勢正三さん、鈴木康宏さん、エバラ健太さん、藤岡友香さん、など賛同して頂いたアーチストたち共に地元の市民コーラス250名も一緒に歌ってくれたこの曲を30周年記念アルバムに沢田バージョンとしてクワイヤーチームとレコーディングしました。

「いのちからのおくりもの」と「奇跡のダイヤモンド」は陰陽の関係にあります。
道しるべなき迷える青春とアスリートを目指して生きる青春と、どちらも若さゆえの葛藤があります。
この歌を歌いながら、私自身が大人としてどう生きるかを問われるべく、背筋が伸びる歌になりました。
大げさですがサンタクロースみたいな大人になれたら素敵だと願いを込めてつくりました。
真剣に世界平和を願える大人になれたらと、照れもなく真っ向勝負な歌詞です。
だからこそクワイヤーの皆さんの魂の歌声に助けて頂きました。

きっとそんな想いが今回のコンサートを聴いてくださった方へ届いたのではないだろうかと想うほど、
昨日の拍手はとってもとっても大きかった・・・。

沢ちひろさんへの感謝と哀悼を込めて、一緒につくった最後の作品「冬のほたる」への想いを話し、
この歌と「会いたい」を続けて聴いて頂きました。

歌セラピーコンサートのラストは「空を見上げてごらん」 と「ありがとう」

そして今回のコンサートを制作としてコーディネートしてくれたのは1990年トーラスレコードでデビューから「会いたい」までのディレクターだった岩永さん。今は子どもや社会福祉などに向けた音楽制作もされていますが、岩永さんがいなかったら「会いたい」という作品は誕生してませんでした。
生粋の音楽ディレクターでした。
今もその情熱は冷めることなくピュアに磨きがかかっていました。
「ここにも本物のサンタクロースがいた・・・」
そんな感じの人です。

最後は女優の音無美紀子さんとの「ありがとう」のご縁のお話もさせて頂いて、感無量な30周年記念「こころ唄コンサート」が終わりました。

そして本日もまたレコーディング頑張っております。

つくばエレガンス 春のライブ

投稿日:2017-4-17   カテゴリ:うたセラピー
4月16日はつくばのカフェ ド エレガンスにて春のライブを昼の部と夜の部の二回行いました。
毎年恒例となったエレガンスでのライブでは、すっかり顔なじみとなった常連さん達に迎えて頂けて、
「ホーム」と言わせて頂いております。
お客様との距離の近さにもすっかりお互いに慣れて、そこも一緒におしゃべりしているような心地よさを感じます。
何と言ってもお食事の美味しさには定評のあるエレガンスですから、いつも以上に胃袋も大きくなってしまいます。
お赤飯を差し入れて頂いたり、エレガントな花束や
手作りケーキ・・・そしてワインと新鮮野菜と若鶏の丸焼きと、たっぷりのお土産を頂戴して帰って参りました。

帰宅してすぐ、自宅スタジオにてTDの作業を泊まり込みでして頂いている、巨匠 梅津さんが「おかえり」って、すっかり住人のように作業中でした。10時過ぎたし明日聴こうということになり、その時間から3人で軽く前打ち上げとなりました。
どんなにヘロヘロでも乾杯しておかないとね。

30周年こころ唄コンサートin長岡

投稿日:2017-4-9   カテゴリ:うたセラピー
デビュー30周年記念コンサート「こころ唄」として、私にとっての心の故郷である長岡からスタートさせました。

4月8日 
「長岡リリックホールを満席にしてお迎えします」と心強い言葉を有言実行して下さった長岡市芸術文化振興財団の神林さんから笑顔いっぱいに「いや〜本当に頑張ったんだよ〜」と言って頂き、その想いに応えるべくメンバー、スタッフ一丸となってコンサートにのぞみました。

30周年記念アルバムに新曲「百年の恋」を書き下ろしして下さったシンガーソングライターの岡本真夜さんがサプライズゲストとして出演して下さいました。この日に間に合わせようとレコーディングしたのが4月4日で、真夜さんのピアノとのコラボレーションが叶ったのでした。

エバラ健太さんのギター演奏での「キミと僕の永遠」のデュエットや 、昨年全国の少年院へのクリスマスGIFTとして作らさせて頂いた「いのちからのおくりもの」 沢ちひろさんとの未発表曲「冬のほたる」など
新しい楽曲も初披露の日でしたので、いつになく
緊張しました。

アンコールでは長岡少年少女合唱団と「天国ポスト」これまた新曲を初披露し、米百俵花火尺玉100連発とのコラボレーション「空を見上げてごらん」も歌い上げました。
益々合唱団の子供達の音色が磨きがかかっており、
本当に感動しました。

「沢田さんは越後長岡応援団だけど、今回は我々が沢田知可子応援団となって、そのみんなの協力があっての満席でした」と神林さんはじめ、その応援団の皆さんとの打ち上げがなんとコンサートの3倍の時間堪能させて頂きました。
もちろん真夜ちゃんも一緒に。

本当にありがとうございました。
30周年の節目のはじまりとして、益々精進させて頂きます。

いのちからのおくりもの

投稿日:2016-12-27   カテゴリ:うたセラピー
12月22日はさいたまのロータリークラブのクリスマスディナーショーを大宮パレスホテルで行われました。
偶然にもとなりのボールルームでは母校の先生方のクリスマス会、またそのとなりでは後輩の企業イベントなど
故郷に帰って来たな〜という懐かしい再会が嬉しかったです。
2003年に「GIFT」を日本青年会議所主催人間力大賞、厚生労働大臣奨励賞を受賞すべく推薦をしてくれたバスケット部の後輩がその3ヶ月後に過労死してしまったのが当時36歳という若さでした。当時の同じJCメンバーが彼の分までものすごく応援して下さっていて、PTA主催の公演やロータリークラブ、商工会議所など各イベントの折には声をかけて下さいます。
そしてその度に後輩である川西君のことを心から想い
「GIFT」を歌わせて頂きます。
繋がってるな・・・としみじみ感じながら・・・。
そして、この度このご縁があらたなる歌を生みました。

Rosy Bell 少年院DJ 15周年記念として
「いのちからのおくりもの」を作り、素晴らしいアーチストの皆さんに賛同して頂き、歌声を紡いでくださいました。

伊勢正三さん 岩久茂さん(元「青い三角定規」)&桃太郎さん親子、 エバラ健太さん、辛島美登里さん、沢田知可子、鈴木康博さん、翼ーTasku−さん、藤岡友香さん
そしてこのRosy Bellの主催者でありDJであり、保護観察官として少年達の再出発を指導、応援されているRosyこと大沼えりこさん。

えり子さんは「GIFT」を聴いてくださったことがきっかけで
私にこの度の依頼をくださいました。
「少年院の少年たちのためのラジオ番組をつくり、彼らのための歌を贈りたい・・・」
えり子さんとのご縁もシンクロニシティが重なって、
導かれるままに歌が完成しました。
そしてその想いに賛同してくださった各アーチストの皆さんにはお一人ずつ歌入れに起こし頂きました。
また8月5日に名取市文化会館で名取市民 幼稚園から80代まで200人以上の方のコーラスレコーディングにも歌唱指導で関わらせて頂きました。
その日ははじめて少年院への慰問もさせて頂き、
感慨深い体験でした。そしてあらためてこのご縁に関わることに気持ちが引き締まる思いでした。
こうして「いのちからのおくりもの」 が完成し、
無事に全国の少年院へと届けられました。
このCDの売り上げは少年たちの再出発のための家
Rosy bell に寄付されます。
どうぞこの歌に賛同、ご協力をして頂けますれば幸いです。
サンタクロースみたいな大人になりたい・・・そんな
想いでこの歌が誕生しました。

ディナーショーin 八戸・長崎

投稿日:2016-12-21   カテゴリ:うたセラピー
青春のベストヒットコレクションツアー7本が無事に終わり、翌日は八戸パークホテルでのディナーショーへと向かいました。
新幹線で盛岡を過ぎたあたりから、雪景色となってようやくクリスマスソングが聞こえてきた感じです。
長崎で中西保志さんとデュエットする予定の「クリスマスソング」を何度も反復して、なんとか暗譜してのぞみたいと思っていましたが・・・英語の歌は暗譜がとても困難な私でございます。

八戸でのディナーショーでは辛島美登里さんの「サイレント・イブ」を歌わせて頂きました。
そして青森と言えば、美味しい「田酒」というお酒で長旅を振り返りながら、心地良い打ち上げとなりました。

八戸から戻ってすぐにヴァイオリニストの古澤巌さんのベルリンフィルハーモニーの5重奏とのコンサートを紀尾井町ホールで堪能しました。
この美しく深く、繊細な音色にすっかり癒されました。
そして憧れのシンガーソングライター吉田美奈子さんのライブを目黒のブルースアレイで堪能しました。
12月は自分のコンサートもありながら、ぜひ観たいと思うコンサートも沢山あって・・・あ、今年は映画も殆ど観れなかった・・・。

20日は長崎 矢太楼ホテルで中西保志さんとプレミアムディナーショーを行いました。
一生懸命練習したクリスマスソングも最高に幸せなデュエットになりました。
さ〜明日はさいたま市でロータリークラブのディナーショーがんばります!

青春のベストヒットコレクションコンサートツアー

投稿日:2016-12-15   カテゴリ:うたセラピー
青春のベストヒットコレクションコンサートの旅は米子、松江、福山市、倉敷市、岡山市、鳥取市、広島と7ヶ所のコンサートツアーとなりました。
幅広い年齢層に喜んで頂けるメニューを選び、練習した甲斐あってどの会場でも有難い感想を
いっぱい頂戴しました。
ダブル中西の圭三さん、保志さんの息はぴったりで「冬の稲妻」「あずさ2号」は声のパワーに圧倒されました。3人のハーモニーが活かされる選曲として、「さよなら」「クリスマスイブ」も素敵でした。
ピンキーとキラーズの「.恋の季節」のためだけにボーラーハットを圭三さんが買ってきてくれて、3人でボーラーハットを第一部でかぶりました。(途中からは脱げないとい理由ですが…)

移動日には各地のお城めぐりをしたり、岡山出身の圭三さんのご案内にて倉敷美観地区や岡山後楽園を中西さんお二人ととマネージャーチームとみんなでお散歩したり、おとなの修学旅行も充実した健康的なツアーになりました。

最初、私は気管支炎で声の調子があまり芳しくなかったのですが、コンサート本番のアドレナリンが一番の薬になりまして、最後にはすっかり回復しました。お酒も復活してしまいました。
青春のベストヒットコレクションコンサート、
また新たなる場所へと繋がりますように。
本当に温かい楽しいジョイントコンサートツアーをありがとうございました。

岸和田 むくの木ホール

投稿日:2016-11-29   カテゴリ:うたセラピー
先週末の土曜日は春日部イオンでのイベントライブを2回行いまして、日曜日は岸和田市にある古民家と音楽ホールと日本庭園が格調高く整っているむくの木ホールでのライブでした。

雨が朝から降る中、ホールいっぱいのお客様に迎えて頂きました。
今年のにっぽん丸でライブをしたご縁で、大阪在住の100歳になるもんじさんと93歳になるよしこさんも応援にいらして下さいました。
一番の前の客席で一度も眠ることもなくしっかりと聴いて下さいました。私が元気を頂けたように想います。
来週80歳 傘寿のお祝いをする父に紹介したいほど
元気溌剌なもんじおじいちゃまでした。
帰りに元気の源はこれ!と言うことで黒にんにくを頂戴しました! ありがとうございました。

むくの木ホールにご縁を繋げてくれたTwo-Gオーガニックワインの辻井美知代さんにボジョレー・ヌーヴォーのお話もライブ前にして頂きました。
歌とワインのコラボレーションの「RosaAmarilla」も心地よく、ライブの後にはボジョレー・ヌーヴォーで乾杯となりました。ふわっとバナナの香り漂う、生まれたてのワインはとてもとても美味しかったです。

今回は久しぶりにクラシックギターの音色が美しい田嶌道生さんと共に、むくの木ホールにある1962年生まれのスタンウェイのグランドピアノとクラシックギターとともにライブをさせて頂きました。
田嶌道生さんはギターやウクレレの教本を何冊も出版されているギタリストで、ショーロバンドのホーザホーシャとしても活躍されております。

むくの木のオーナーは脳外科のお医者さまでオーディオマニアでもあり、趣味が高じて音楽ホールをお作りになったというアーチスティックな先生でいらして、
1962年にできたというスタンウェイのグランドピアノも
「宝物です・・」とおっしゃるほど美しい音色でした。

毎年恒例にしてもらえたら本当に嬉しい大好きなホールです。そして来年はどんなワインも登場してくれるかも楽しみの一つになりました。

ありがとうございました。

うたセラピーコンサートin会津若松

投稿日:2016-11-23   カテゴリ:うたセラピー
会津若松市文化センターでの歌セラピーコンサートは私にとって「故郷に錦を飾りたい」と願うような気持ちでステージに立たせて頂きました。「ただいま〜〜なんて言わせて頂いてよろしいですか?」
温かい拍手で迎えて頂きながら、300人でいっぱいのホールが武道館に感じます〜(笑)
と言えるほどお一人何人分の大きさで拍手して頂いたことでしょう…掌が腫れたらごめんなさい(汗)
次男坊だった祖父がひと旗上げるために会津を出たのが昭和の初め頃、苗字は渡部と書いて「わたなべ」と読むにも関わらず、揃って「わたべ」と呼ばれる。一々「わたなべ」ですと訂正するのがめんどうだからと、大胆にも祖父はどさくさで戸籍のフリガナを
「わたべ」にかえてしまったという会津ならではの話しをしたらドッと笑いが起こりました。
それほどに会津は渡部「わたなべ」さんが多いのです。

会津芸文センターの協会員のためのライブを2年前にさせて頂いたのがご縁で、今回の歌セラピーコンサートになりました。
父も必死になって会津の親戚に手紙を書いてくれたりで、なんとかたくさんの方に集まってもらい安堵致しました。
打ち上げでの会津の日本酒も美味しく頂戴致しました。
また故郷に心の錦を飾らせてくださいませ・・・。

感謝を込めて・・・。

JAののいち 歌薬コンサート

投稿日:2016-11-14   カテゴリ:うたセラピー
奈良から静岡、そして石川県野々市市のJAののいち第五回准組合員のつどいで歌薬コンサートをさせて頂きました。

ののいちは金沢から車で20分くらいのところにあり
野々市市役所はとても美しく美術館のようでした。
300人でいっぱいになる講演や研修会に使われる多目的ホールがとても心地良いコンサート会場となりました。
いつも使っているsure58のマイクよりもより性能の高い
新マイクをぜひ試してみませんか?と
音響さんが用意してくださって、より一層耳を研ぎ澄ませながら、充実の90分ライブとなりました。

ぜひ抽選会でプレゼンターを・・とお引き受けしまして、
10キロのお米、5キロのお米、2キロ以上あるお野菜の詰め合わせ、名産キウイフルーツのワインなど盛りだくさんのプレゼントとなりました。
私もキウイフルーツワインをお土産に頂戴しました。

帰りは月一電話インタビューで出演させて頂いているラジオかなざわ「昼どきラジオ便 金曜版」のパーソナリティー車さんがわざわざ高岡から仕事終わりで金沢駅まで駆けつけてくださいまして、本当に改札前の5番柱で15分ほど立ち話して、新幹線に乗り込みました。

必殺日帰り、ライブ3日目のご褒美はグランクラスで
飲み放題・・・汗。ヤバい・・・おかわりしてしまった。
車窓からのスーパームーンもとっても大きく見えました。

3日間ライブ それぞれ全く色合いは違うけれど
全身全霊で歌わて頂きました。
ものすごく充実したうたたびでした。

不思議と気がぬけた途端に帯状疱疹後の神経痛という痛みが・・・また起きてきました。
もう痛み止め飲みたくないのにな・・・。

Heartfelt Song Concert in小山町

投稿日:2016-11-14   カテゴリ:うたセラピー
11月12日 土曜日は 金太郎で有名な静岡県小山町にある総合文化会館(金太郎ホール)にて杉山清貴さんとジョイントコンサートをさせて頂きました。

Heartfelt Song Concert in小山町

素敵なタイトルに相応しく、今回は二人で歌うコーナーを増やそうというプロデューサーからの意向を快く受け入れて下さった杉山清貴さん。
沢田はもう一緒に歌えるだけで、何でも歌わせて頂きます〜〜という意気込みでしたが、
デュエットアルバムから「言葉じゃなくても」
80年代映画フットルースの挿入歌で「Almost Pradise}
イーグルスの名曲「Dsperade」をデュエットさせて頂きました。
せっかく練習して覚えた英語の歌詞でしたが、
本番は緊張してやはり目の前の歌詞カードをガン見して歌ってしまい・・・大反省。
それでも杉山清貴さんとのハーモニーは本当に心から
感動します。歌の強弱、ブレスの位置まで合わせて下さいます。
「フェイクでメロディーを崩せるようなタイプではない
素直に歌うからこそ合うんだよね・・・。俺はその方が気持ちいいんだよな〜」
リハーサルでそうおっしゃって下さった杉山さんの言葉にどれだけ自信と勇気を頂けたことか。

それでも今回のジョイントコンサートで洋楽を歌うことがすごく好きになりました。
もっともっとチャレンジしていきたいと想います。
沢田に似合いそうな洋楽ナンバーもしございましたら、
ぜひリクエストくださいませ。

(1) 2 3 4 ... 26 »