• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログ


「平成」最後の夏のコンサートツアー

投稿日:2018-7-21   カテゴリ:うたセラピー
西日本豪雨の心からのお見舞いを申し上げます。
この豪雨により奪われた多くの命に心からお悔やみ申し上げます。

7月のはじめは名古屋発着、JAチャーター船として、パシフィックヴィーナスで小笠原諸島の父島へと行って来ました。
エアコンの乾燥で体調を崩しながらも必死に踏ん張りながらの5日間の船旅から、
10日は山口県防府市、11日は鳥取県倉吉市、
13日は高知県高知市、14日は岡山県笠岡市と4箇所、中西圭三さんとのジョイントコンサートツアーでした。
西日本豪雨の被災地の近くということもあり、決行できるかも不安でしたし、機材車、私達を送迎して下さるワゴン車は30時間もかけて山口へと向かってくれました。
この「青春のベストヒットコレクションコンサート」のために圭三さんと共に今年のはじめからタップダンスを練習しましてアンコールでの「明日があるさ」にのせて二人でタップダンスを踊るのですが、もう温かい拍手喝采に心からの安堵、報われた思いでした。なんとか歌で寄り添いたい一心で西日本を回りながら、中西圭三さんと共に感慨深いツアーでした。

そのまま、翌日の15日からは辛島美登里さん
中西保志さんと4人でのアラフォーコンサートin静岡県焼津市、16日の愛知県豊橋市と久しぶりに4人で和気靄々の心地良いコンサート。
楽しい時間は本当にあっという間の二日間でした。
私はその足で名古屋へと移動し、17日は超久しぶりの名古屋キャンペーンをさせて頂きました。
ここまでで8日間の旅人です。
途中大きなスーツケースを自宅へ送りつつ、洗濯も三回ほどしながらの長旅でしたが、充実感溢れる濃厚な旅となりました。
「平成 」最後の夏なんですね・・・。
大量過ぎる豪雨の涙に翻弄された7月、まだまだ復興はこれからです。
心の復興もこれからです。
たかが歌ですが、されど歌として心を込めて
歌薬を届けていきたいと思います。

コメントの投稿

コメント投稿にはユーザー登録が必要です。
未登録の方はご登録後ログインの上、ご投稿ください。
タイトル
 

コメント

投稿者
スレッド
omote-fan

Re: 「平成」最後の夏のコンサートツアー

投稿日:2018-7-22
 
先日、岡山県笠岡市で行われた沢田さんと中西圭三さんのコンサートに行きました。
高知からの移動と、猛暑で大変だったと思います。
外にいるだけで立ちくらみがしそうでした。

いろいろ気を使っていただきありがとうございました。
コンサートが始まる1週間前には想像することのできなかった異常気象でした。
私の左隣に座っていた方も、知人が倉敷市の真備町に在住されていて心配だと言っておられました。

お二人の歌と演奏で、ひととき大雨のことを忘れることができました。

我が家でも、近くのため池が決壊しそうだということで市役所から避難指示が出ました。
仕事が終わって家に帰ろうにも帰れず、とりあえず下着とバスタオルと歯ブラシを買って、
職場でシャワーを浴びて着替えて避難所に行きました。
幸い、ため池の水位が下がって翌日には避難指示は解除されましたが、
避難所は蒸し暑いし、突然の環境の変化だったためにストレスを感じました。
今回の大雨で、避難所で何日も避難されている方の苦労がとてもよくわかりました。

徐々に水道や鉄道、道路網が復旧しているとはいえ、今はまだ落ち着いているとはいえない状況ですが、再び中西さんと一緒にツアーを組んでいただけたらなと思っています。
とても励みになりました。
ありがとうございました。