• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログ


長岡大花火大会2017

投稿日:2017-8-3   カテゴリ:イベント
8月2日、3日と二日間行われる新潟県長岡市の長岡大花火大会で、「空を見上げてごらん」を米百俵花火尺玉100連発とのコラボレーションが今年も叶いました。
そして昨日は新潟放送の「水曜見ないと」の特番で長岡花火を生中継し、2時間の生放送にずっと出演させて頂きました。花火を見ながらのコメンテーターの役割です。
3人の素敵なアナウンサーと長岡出身の若き演歌歌手 中澤卓也君と共に5人でビルの屋上に横並びで
立ちっぱなしの2時間!それもこの日のために浴衣を新調してのぞみました。
信濃川を背にベストポジションの屋上からの生中継。音といい花火の大きさといい、ど迫力の花火が真正面で繰り広げられました。
火薬のにおいや、50万人の観客の拍手の音、信濃川の水面に映る花火の光りも大橋を活かしたナイアガラの滝、ギネスになったフェニックス花火、天地人は圧巻でした。
2時間の生放送では中継できませんでしたが、「空を見上げてごらん」と米百俵花火尺玉100連発とのコラボレーションは9時10分過ぎ頃からはじまりまして、番組終了後の安堵感と共に夫と並んで見上げながら、涙涙のふたりの風景でした。
ただ ただ嬉しくて、感無量です。幸せです・・・。
長岡花火が財団として発足しスタートの花火大会であり、空襲を受け1000人以上の犠牲者を出した追悼の花火であり、戦後復興から70年目の節目の花火大会でもありました。
まさに長岡花火は「平和」の象徴です。
誰もが長岡花火を観ると、「これは日本一ではなく、世界一だ」と思わず言葉に出るほどそのスケール感は
世界へと繋がりが生まれることでしょう。
ゆえに長岡花火を東京オリンピックでも打ち上げようという計画も立ち上がり益々盛り上がっております。
そんな中、昨日は新潟県知事の米山知事から
にいがた観光特使として就命式もして頂きまして、
新潟県の観光特使として益々お役に立てるよう精進したいと思いました。
私にとって濃厚な長岡花火大会の一日になりました。本当にありがとうございました。
本日3日も素晴らしい長岡大花火となりますよう心から応援しております。

                           長岡応援団 沢田知可子

コメントの投稿

コメント投稿にはユーザー登録が必要です。
未登録の方はご登録後ログインの上、ご投稿ください。
タイトル