• ちょこっとメール
  • CD案内
  • コンサート・テレビ・ラジオ出演情報
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ブログ
ブログカレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

ブログ


あるてリッカしんゆり芸術祭2017

投稿日:2017-4-23   カテゴリ:うたセラピー
アルテリッカしんゆり芸術祭が4月22日から5月14日まで行われ、ジャンルを超えた30演目37公演の一つとして、昨日は新百合21ホールで
デビュー30周年記念「こころ唄コンサート」を行いました。
13時にはホール入りしていたので、まさかあんなにどしゃぶりになるとは・・・。
雨の中、足を運んで頂いて本当に有り難かったです。

18時開演の第一部では、「幸せになろう」「ハレルヤ」そして歌セラピーの時間旅行の入り口である「初恋」を歌いました。デビュー30周年のアルバムにも入るシングルメドレーを5曲歌い上げ、ゲストの中西保志さんをお迎えして、究極のデュエットソング「 Endless Love」そして名曲「最後の雨」を歌って頂き、「幸せのドア」をデュエットしました。

「俺も気づけば25周年」と中西保志さんとの長きご縁に心から感謝のデュエットタイムになりました。

第二部のオープニングには高田ファミリーゴスペルクワイヤー85名がステージに登場して、「いのちからのおくりもの」を歌いました。高田三郎さんの奥さまが私の高校時代の同級生で、三郎さんは私がデビューする前に私のデモテープを当時の事務所で聴いてたという不思議なご縁で繋がっていました。
ご縁に心からの感謝して、「いのちからのおくりもの」はレコーディングでもクワイヤーコーラスに参加してもらいました。

今回の目玉商品としては、30周年のチャレンジの一つとしてゴスペルに挑戦!という課題を叶えるべく「Joyful joyful」という映画天使にラヴソングで有名なナンバーに挑戦させて頂きました。

そしてアンリミテッドトーンの土居康宏さんがコンサートに来てくれると連絡があった瞬間に飛び入りゲストに登場してほしいというお願いを快く受けて下さいまして、難しいラップを歌ってくれました。
「Joyful joyful」の練習はまず英語の発音を一度個人レッスンを受け、クワイヤーメンバーであり
同級生の由美ちゃんは帰国子女なのでめちゃめちゃ発音もよく、ラップも土居くんと一緒に歌ってくれました。
「Joyful joyful」を歌い終わった瞬間の興奮はもう本当に圧巻でした。
あ〜〜〜〜〜歌えた・・・という安堵感。
もう涙ちょちょ切れました。

「奇跡のダイヤモンド」 この歌は昨年のRIOオリンピックで活躍された水泳選手個人メドレーで銅メダリストの瀬戸大也くんへの応援歌として作りました。数年前、親しくしている瀬戸君のお父様からの宿題として「アスリート達の親の目線からの応援歌」を作ってほしい・・・というリクエストだったのです。
子どものいない私自身にそんな大それた歌を作れるか不安でしたが、実際にRIOオリンピックのレースをお茶の間で応援しながら、彼がメダルを逃した試合を観て、いてもたってもいられなくなって書き上げました。

「いのちからのおくりもの」は昨年宮城県岩沼市の保護観察官であり、DJや本も書かれている大沼えり子さんから全国の少年院の少年に向けたクリスマスラジオ番組のメイン曲を作ってほしいと依頼されて書かせて頂きました。
辛島美登里さん、伊勢正三さん、鈴木康宏さん、エバラ健太さん、藤岡友香さん、など賛同して頂いたアーチストたち共に地元の市民コーラス250名も一緒に歌ってくれたこの曲を30周年記念アルバムに沢田バージョンとしてクワイヤーチームとレコーディングしました。

「いのちからのおくりもの」と「奇跡のダイヤモンド」は陰陽の関係にあります。
道しるべなき迷える青春とアスリートを目指して生きる青春と、どちらも若さゆえの葛藤があります。
この歌を歌いながら、私自身が大人としてどう生きるかを問われるべく、背筋が伸びる歌になりました。
大げさですがサンタクロースみたいな大人になれたら素敵だと願いを込めてつくりました。
真剣に世界平和を願える大人になれたらと、照れもなく真っ向勝負な歌詞です。
だからこそクワイヤーの皆さんの魂の歌声に助けて頂きました。

きっとそんな想いが今回のコンサートを聴いてくださった方へ届いたのではないだろうかと想うほど、
昨日の拍手はとってもとっても大きかった・・・。

沢ちひろさんへの感謝と哀悼を込めて、一緒につくった最後の作品「冬のほたる」への想いを話し、
この歌と「会いたい」を続けて聴いて頂きました。

歌セラピーコンサートのラストは「空を見上げてごらん」 と「ありがとう」

そして今回のコンサートを制作としてコーディネートしてくれたのは1990年トーラスレコードでデビューから「会いたい」までのディレクターだった岩永さん。今は子どもや社会福祉などに向けた音楽制作もされていますが、岩永さんがいなかったら「会いたい」という作品は誕生してませんでした。
生粋の音楽ディレクターでした。
今もその情熱は冷めることなくピュアに磨きがかかっていました。
「ここにも本物のサンタクロースがいた・・・」
そんな感じの人です。

最後は女優の音無美紀子さんとの「ありがとう」のご縁のお話もさせて頂いて、感無量な30周年記念「こころ唄コンサート」が終わりました。

そして本日もまたレコーディング頑張っております。

コメントの投稿

コメント投稿にはユーザー登録が必要です。
未登録の方はご登録後ログインの上、ご投稿ください。
タイトル
 

コメント

投稿者
スレッド
kamilfokamil

Re: あるてリッカしんゆり芸術祭2017

投稿日:2017-8-16
 
これは偉大な感動的な記事です。私はあなたの良い仕事にかなり満足しています。あなたは本当に役に立つ情報を載せています。http://downloadonlinegames.eklablog.com